ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 1つの事件 2つの制度

1つの事件 2つの制度
アメリカとドイツの刑事手続
田口守一 監訳 フロイド・フィーニー/ヨアヒム・ヘルマン 著
1つの事件 2つの制度
発 行2010年11月20日
税込定価4,950円(本体4,500円)
判 型B5版並製
ページ数310頁
ISBN978-4-7923-1888-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次
 日本語版への序文 
 著者紹介 
 
第1章 イントロダクション 1
 
第2章 アメリカ合衆国:カリフォルニア州 5

機ヅ儀薪なアメリカの事件 5
  1.警察による捜査(5)
  2.訴追の決定(21)
  3.裁判所への最初の出頭(25)
  4.有罪答弁の決断―アレクサンドラ・ユング(29)
  5.公判前手続―マイケル・ブラウン(34)
  6.量刑―アレクサンドラ・ユング(38)
  7.予備審問―マイケル・ブラウン(38)
  8.予備審問後の手続―マイケル・ブラウン(42)
  9.答弁取引―マイケル・ブラウン(51)
  10.量刑―マイケル・ブラウン(57)

供ヅ儀薪なアメリカの公判 65
  1.公判―マイケル・ブラウン(67)
  2.陪審の判断―マイケル・ブラウン(103)
  3.量刑―マイケル・ブラウン(111)

掘ト鹽儀薪なアメリカの公判 115
  1.公判―マイケル・ブラウン(115)
  2.陪審の判断―マイケル・ブラウン(123)
  3.量刑―マイケル・ブラウン(124)
 
第3章 ドイツ 127

機シ抻|奮における手続 127
  1.捜索・押収と取調べ(127)
  2.身柄拘束決定―ミヒャエル・ブラウンおよびアレクサンドラ・ユング(145)
  3.さらなる捜査(151)

供ナ杆鄂佑粒萋亜愁▲譽サンドラ・ユング 158

掘ジ〇ヾ韻粒萋亜167

検ズ枷十蠅砲ける手続 183
  1.略式命令―アレクサンドラ・ユング(183)
  2.公判の準備―ミヒャエル・ブラウン(183)
后ジ判―ミヒャエル・ブラウン 188
  1.イントロダクション(188)
  2.証拠調べ(190)
  3.検察官と弁護人の最終弁論(208)
  4.判 決(212)
 
第4章 ドイツ法からみた比較法的考察 223

機ゥぅ鵐肇蹈瀬ション 223

供シ抻,砲茲訌楮此225
  1.一般的考察(225)
  2.逮捕および公判前身柄拘束(226)
  3.捜索・押収(228)
  4.警察による容疑者の取調べ(230)

掘ジ〇ヾ院233
  1.検察官の地位(233)
  2.訴追のための文書(234)

検ナ杆鄂諭235
  1.国選弁護、必要的弁護および自己弁護(235)
  2.弁護人の権利・義務(236)
  3.証拠開示(237)

后ネ罪答弁と略式命令 238

此ジ鮠帖集〇ヾ院∧杆鄂佑よび裁判官 239

察ズ枷輯韻砲茲訌閉匹凌該此240

次ジ 判 241
  1.法廷の構造(241)
  2.素人裁判官(241)
  3.当事者主義的真実発見手続と職権主義的真実発見手続(242)
  4.一件記録と警察書類(245)
  5.被告人の尋問(246)
  6.継続審理と五月雨方式の審理(247)

宗ゾ據ゝ髻248
  1.証人尋問(248)
  2.証人の宣誓(249)
  3.証拠の許容と排除―伝聞その他の問題(249)
  4.証言拒否権(251)

勝ズ畧嫻定および量刑 252
  1.被告人の罪責の認定(252)
  2.証明基準(252)
  3.全員一致と多数決(253)
  4.量 刑(253)
  5.異なる重さの刑(254)

XI.上訴その他の救済手続 255
 
第5章 アメリカ法からみた比較法的考察 261

機シ抻,砲茲訌楮此261
  1.逮 捕(261)
  2.公判前身柄拘束(265)
  3.捜索・押収(266)
  4.警察による取調べ(267)

供ジ判前手続 268
  1.証拠開示(268)
  2.「流れ作業型司法」対「個別取扱型司法」(269)

掘ジ判 270
  1.事実認定(270)
  2.真実の発見(271)
  3.有罪判決のために必要とされる証明の程度(273)
  4.「口頭審理」対「書面審理」(274)
  5.好戦性―美徳か悪徳か(275)

検ノ漫〃此279
  1.量刑手続(279)
  2.判決前報告書(280)
  3.刑の重さ(280)

后ッ畚維持と公正さとのバランス 281

此ゾ總覆修梁召竜澪兌蠡魁283
 
 訳者あとがき 287
 参考文献 289
 索引 293




プライバシーポリシー | お問い合わせ