ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 現代北欧の法理論

名城大学法学会選書9
現代北欧の法理論
出水忠勝 著
現代北欧の法理論
発 行2010年12月20日
税込定価4,320円(本体4,000円)
判 型A5版上製
ページ数224頁
ISBN978-4-7923-0501-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
 
 目  次
  はしがき
 関係論文等初出一覧
第一章 北欧における二つのリアリズム…1
 第一節 ウプサラ・リアリズム…1
1 創始者ヘーガーシュトレームの試み(2)
2 法理論としての特質(3)
 第二節 ノルディック・リアリズム…6
1 創始者エァステッドの試み(6)
2 法理論としての特質(8)
第二章 ウプサラ・リアリズムの展開…22
 第一節 法実証主義の循環的性質批判…22
1 ヘーガーシュトレーム(23)
(1) 国家意志説批判(23)  (2) 一般意志説批判(26)  (3) 個人的権威による意志説批判(31)
2 後継者たち(35)
(1) オリヴェクローナ(36)  (2) ルンドステッド(39)  (3) ロス(42)
3 なぜ循環に陥ったのか(44)
 第二節 権利とは何か…46
1 「権利」という言葉の性質(47)
2 権利に対応する事実はあるか(50)
3 権利は移転するか(57)
4 権利の特殊性に伴う弊害(62)
5 機能的側面から見た権利(67)
6 権利理解がもたらすもの(69)
 第三節 RealismかIdealismか…75
 第四節 法はどこに在るのか…85
第三章 ノルディック・リアリズムの展開…125
 第一節 自国の法現実の直視…126
 第二節 イルムとロス…128
1 イルムによるロス批判(129)
2 ロスによるイルム批判(139)
 第三節 イョルゲンセンの法多元論…141
 第四節 法多元論とリアリズム…145
第四章 現代北欧法学と二つのリアリズム…158
 第一節 二つのリアリズムそれぞれの位置…158
 第二節 社会的背景から見た二つのリアリズム…162
 第三節 現代北欧法学とウプサラ・リアリズム…164
1 ブーストレームのIdealism(166)
2 Viking Realismのインパクト(168)
3 権利論批判のディレンマ(171)
第五章 今一つのリアリスティックな動向…182
 第一節 動向の概要…183
 第二節 その評価…198
 むすび…204
 あとがき…207
 事項・人名索引…(1)




プライバシーポリシー | お問い合わせ