ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 国際関係論のニュー・フロンティア

政治経済叢書
国際関係論のニュー・フロンティア
山本武彦 編著
国際関係論のニュー・フロンティア
発 行2010年12月20日
税込定価3,240円(本体3,000円)
判 型A5版上製
ページ数404頁
ISBN978-4-7923-3276-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
序論 国際関係論のニュー・フロンティア
―“無極”化に向かうか(?)、21世紀の国際関係  山本武彦…1
第1部 歴史と理論
第1章 国際関係研究における歴史―その課題、および理論との対話―  田中孝彦…18
1 はじめに  18
1−1 笑えない話  18
1−2 理論と歴史―相互軽視の問題性  19
1−3 国際関係研究の重要課題―世界政治変動の解明と21世紀世界秩序の模索  20
2 国際関係の歴史研究―その類型と発展の軌跡  22
2−1 外交史と国際政治史  22
2−2 国際関係史(International History)―分析視野の拡大  24
2−3 冷戦の終焉と歴史研究の変容  26
2−4 グローバル・ヒストリーの登場―領域国家から脱国家的空間へ  27
3 国際関係の歴史研究における限界と課題  29
3−1 歴史研究の限界  29
3−2 歴史研究の課題と論点  32
4 理論と歴史の対話  35
4−1 理論と歴史の相違  35
4−2 相互軽視と相互排除の誤謬  36

4−3 理論と歴史の相互補完性  38
4−4 どう対話するか  39
5 結 論  45

第2章 平和学の最前線  多賀秀敏…52
1 はじめに  52
2 平和学の変遷  53
2−1 創設期  53
2−2 平和教育の拡大  56
2−3 80年代の平和学  58
3 冷戦の終焉と平和学  60
3−1 「新思考」と平和学  60
3−2 国連を中心とする動き  61
3−3 新たなテロの出現 9.11以降の平和学  64
4 おわりに  65

第3章 国際関係論はなぜ国家に沈黙するのか―主権国家システムの永続性をめぐって―  坪内 淳…82
1 国際関係論は現実を見ているか?  82
1−1 「問題はグローバル化ではないのだよ、愚か者」  82
1−2 国際関係論は国家をどのように論じるべきか―本稿の目的と射程  84
2 主権国家システムとしての世界―その圧倒性と原理的ねじれ  86
2−1 近代国家の誕生と特質―「主権国家・領域国家・国民国家」  86
2−2 主権国家体系の拡大と変質―現実世界との乖離  88
3 国際関係論と国家―国家中心性、そして国家への無関心  90
3−1 前提としての主権国家体系  90
3−2 国家中心前提の共有がもたらしたもの  92
4 主権国家体系へのアプローチの模索  93
4−1 国家をめぐる議論の分断と拡散―衰退、健在、変容?  93
4−2 国家システムの展望なき持続?―「国家の衰退」と「主権国家体系の健在」  96
5 むすび  98

第4章 国際関係論とグローバル・ガバナンス論  奥迫 元…112
1 はじめに――国際関係論の学際性とグローバル化  112
2 グローバル・ガバナンスの特徴と諸問題  113
2−1 グローバル・ガバナンスの概念枠組み  113
2−2 グローバル・ガバナンスとデモクラシー  116
2−3 グローバル・ガバナンスとパワー  118
3 グローバル化時代の政治の再生に向けて  127

第5章 地域機構と「戦争の不在」―E・ハースとJ・ナイの比較地域統合論―  中村英俊…134
1 はじめに  134
2 J・ナイの比較地域統合論  135
2−1 比較地域統合論の登場  135
2−2 J・ナイの地域統合研究  136
3 統合理論と地域紛争:1970年代の理論の衰退  139
3−1 1970年代以降の地域機構と紛争:東アフリカの事例  139
3−2 「戦争の不在」と「安全保障共同体」:異同性  141
3−3 統合理論の衰退とネオ・リベラル制度主義の台頭  143
4 新機能主義の再興:リベラリズムとコンストラクティヴィズムの間で?  145
4−1 E・ハースの新機能主義と1980年代以降の理論動向  145
4−2 地域機構と「戦争の不在」:理論的視座  149
5 おわりに:北東アジア地域研究へのインプリケーション  151

第6章 国際レジーム論の新地平  宮脇 昇…165
1 レジームの用語法  165
1−1 レジームの定義  165
1−2 レジーム概念と関連する概念  167
2 レジーム論の登場の背景、有用性、批判  168
2−1 背 景  168
2−2 有用性―自律変数としてのレジーム  169
2−3 批判と反論  170
3 レジーム論の展開  172
3−1 研究対象の拡大とガバナンス論  172
3−2 問題構造アプローチの登場  173
3−3 認知的アプローチ  174
4 レジームの履行状況への着目  178
5 非国家主体とレジーム  179
5−1 NGOと認識の共同体  179
5−2 二重のブーメラン効果  179
5−3 二重のブーメランの事例―CSCE  181
5−4 NGOの戦略の失敗の事例  182
6 国際レジームと破約的行動  182
6−1 破約的行動とレジーム論  182
6−2 〈as if game〉  184
6−3 おわりに  186
第 7 章 表象分析への誘い―文化的次元から見る国際関係―  野崎孝弘…193
1 表象教育  193
2 表象分析の視座  195
3 三つの留意点  200

第8章 地域研究と国際関係学のあいだ―中国研究の立場から―  毛里和子…218
1 はじめに  218
2 地域研究はディシプリンだろうか  219
3 地域研究と△△学――アジア研究の場合  221
4 アジアになぜ、「アジアの国際関係理論(IRT)」が生まれないのか?  225
5 中国における地域研究のスタート  227
6 中国の国際関係理論IRT――「中国学派」は生まれるか?  229
7 結びにかえて  233

第2部 国際関係の現実と展望
第9章 人の国際移動とトランスナショナルな空間の形成  都丸潤子…244
1 はじめに  244
2 なぜ、人の国際移動が重要か  244
2−1 グローバリゼーションの原因・結果として  244
2−2 トランスナショナル・アクターとして  245
2−3 より広く、深く、急速で交流的な文化への影響  248
2−4 グローバル・イシューとの重なり  250
2−5 国際関係分析の視座・道具として:人の顔の見える国際関係  251
3 国際移動者のトランスナショナリズムの限界  254
4 トランスナショナリズムの歴史的分析:インド系ディアスポラにみる3次元のトランスナショナリズム  257
4−1 インド系ディアスポラの契約労働移民廃止運動  258
4−2 3次元のトランスナショナリズム  260
4−3 現代のトランスナショナリズムとの継続性と断絶性  262
5 おわりに  265

第10章 急増するFTAとWTO  浦田秀次郎…274
1 はじめに  274
2 世界および東アジアにおける二国間主義および地域主義の台頭  276
2−1 世界におけるFTAの増加  276
2−2 東アジアにおける二国間・複数国間FTAの拡大  279
2−3 WTO体制下における国際貿易自由化とFTA  282
3 FTAの経済効果  283
3−1 FTAの経済効果  283
3−2 FTAの貿易と経済厚生への効果の実証分析  285
4 FTAの多角化  287
5 おわりに  289

第11章 食料安全保障と国際関係  小泉達治・堀口健治…293
1 はじめに―食料安全保障の概念―  293
2 世界食料需給の推移  294
3 世界食料需給逼迫の諸要因  300
3−1 国際食料需給逼迫の諸要因  300
3−2 世界の農産物需要に占めるバイオ燃料使用比率の推移  300
3−3 バイオ燃料が世界食料需給に与える影響についての国際的議論  302
3−4 バイオ燃料が世界食料需給に与える影響  303
4 世界食料需給の展望と国際的対応  303
4−1 各機関による世界食料需給予測  303
4−2 農林水産政策研究所による世界食料需給予測  306
4−3 世界食料需給予測における国際的対応と食料安全保障  307
5 国際貿易機構(WTO)下の国際対応と日本の貢献  309
5−1 国益重視に起因するエネルギーと食料の安全保障ジレンマ  309
5−2 グローバル経済の下でのエネルギーと食料のジレンマ  310
5−3 国際備蓄の仕組みと輸入国の自給力の引上げ  311

第12章 経済開発論と平和構築  大門 毅…316
はじめに  316
1 経済開発と平和構築  317
1−1 紛争データ  317
1−2 平和構築論の変遷  319
1−3 人間の安全保障論  320
1−4 紛争の要因分析  321
2 平和構築に対する開発援助機関の取り組み  322
2−1 二国間機関  322
2−2 国際機関  324
3 日本の平和構築支援  327
3−1 援助の歴史  327
3−2 ODA大綱  328
3−3 平和構築支援の現状と課題  330
結 論  333

第13章 記憶のポリティクスとナショナリズム  福岡和哉…336
1 記憶のポリティクスと国際関係論  336
1−1 はじめに:国際問題としての記憶のポリティクス  336
1−2 国際関係論における「ナショナルなもの」  339
2 集合的記憶とネイション  341
2−1 集合的記憶  341
2−2 記憶の共同体としてのネイション  345
3 記憶のポリティクスとナショナリズム  347
3−1 ポジティブ・ナショナリズムとネガティブ・ナショナリズム  347
3−2 国家謝罪と国民主体  351
4 結びに代えて:グローバル時代の記憶のポリティクス  355

第14章 安全保障論のニュー・フロンティア  山本武彦…366
1 安全保障空間の多層化と立体化  366
1−1 交錯する「旧い戦争」と「新しい戦争」―「磁場」変動の中の「戦場」と「現場」  366
1−2 「旧い磁場」から「新しい磁場」へ―進む国際秩序の変容と安全保障  368
1−3 一極的多極構造のなかの混沌  371
1−4 「人間の安全保障」と「個の安全保障」観のグローバル化  374
2 不抜の伝統的安全保障観 v.s. 安全保障共同体の創生  381
2−1 相互確証破壊(MAD)の「暗黙のレジーム」と「警報即発射(LOW)」態勢  381
2−2 不拡散戦略に潜む偽善と拡散の静かなる進行  384
2−3 「安全保障共同体」形成の現実と可能性  386

あとがき


コラム目次

コラム1 時間的にも空間的にも幅広い視野と関心をもとう  129
コラム2 守る気のない約束のコスト  187
コラム3 政治闘争と欠如  201
コラム4 バイオ燃料とは  302
コラム5 世論調査にみる歴史認識  357




プライバシーポリシー | お問い合わせ