ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 知的財産権侵害と損害賠償

知的財産権侵害と損害賠償
高林 龍 編
知的財産権侵害と損害賠償
発 行2011年3月1日
税込定価6,050円(本体5,500円)
判 型A5版並製
ページ数294頁
ISBN978-4-7923-3281-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 発刊にあたって………………………………………………………………高林 龍 (顱
 
民法における損害論の現状と特許法102条1項・商標法38条1項…………前田陽一 (1)
特許法102条1項の諸論点……………………………………………………尾崎英男 (17)
特許法102条2項「被告の得た利益の額」及び
 1項と3項の関係について…………………………………………………美勢克彦 (31)
特許法102条2項と原因の競合
 ―特に複数の発明の実施にかかわる場合―………………………………田中成志 (53)
特許法102条3項の法的意味…………………………………………………杉本進介 (73)
特許法102条3項及び商標法38条3項に関する
 損害不発生の抗弁についての一考察………………………………………南条雅裕 (85)
特許法102条4項の解釈と適用のあり方……………………………………小池 豊 (115)
特許法102条4項の適用の意義………………………………………………上野英夫 (129)
逸失利益賠償請求における特許発明の自己実施の必要性について
 ―特許権と他の権利との比較― …………………………………………宮垣 聡 (139)
特許請求の範囲の記載対象の大小と損害額との関係
 ―クレーム対象を大きくすれば算定損害額も大きくなるのか― ……江藤聡明 (151)
アメリカ法における知的財産権侵害に対する損害賠償…………………竹中俊子 (179)
特許権侵害を理由とするドイツにおける損害賠償請求制度……………飯塚卓也 (215)
ドイツにおける損害賠償―特許侵害を中心に― …………………………加藤朝道 (249)
知的財産権侵害訴訟における損害額の算定について
 ―特許法102条1項の解釈を中心に―……………………………………三村量一 (265)




プライバシーポリシー | お問い合わせ