ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 対話促進型調停論の試み

熊本大学法学会叢書 11
対話促進型調停論の試み
吉田 勇 著
対話促進型調停論の試み
発 行2011年3月20日
税込定価5,400円(本体5,000円)
判 型A5版上製
ページ数318頁
ISBN978-4-7923-8064-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
 目  次
はしがき
 第1章 日本社会における「法化」論の射程…1
 はじめに…1
 機‘本社会における三つの「法化」論…2
 1. 「法化」という用語と「法化」という現象…2
 2. 社会構造的「法化」論…5
 3. 司法戦略的「法化」論…7
 4. 生活世界的「法化」論…11
 供 嵋_宗從世慮什濺課題…16
 おわりに…22
 第2章 紛争解決システムの競合と連携
―紛争の「法的解決」と「非法的解決」―…25
 はじめに…25
 機 嵎響莢魴茵彝鞠阿寮い直しと再活用…26
 1. 社会的紛争の複合性と「法的紛争」の部分性…26
 2. 紛争解決―紛争当事者と第三者…27
 供(響茲痢嵋‥解決」と「非法的解決」の分化と統合…30
 1. 紛争の「法的解決」と「非法的解決」の意味…30
 2. 紛争の「統合的」解決の3段階モデル…31
 掘(響莢魴茱轡好謄爐療切な選択を求めて…34
 1. 紛争解決システムの選択を規定する要因…34
 2. 紛争解決手続の選択可能性…35
 3. 紛争解決方法の三つの選択肢…36
 おわりに…47
 第3章 「法化」以前の社会規範と紛争調整の仕組み…51
 はじめに…51
 機ー匆颪痢嵋_宗廚箸呂匹里茲Δ文従櫃…53
 1. 「法化」と「反法化」・「非法化」の複合的過程…54
 2. 外発的「法化」と内発的「法化」の歴史性…59
 3. 複合的「法化」過程に働く社会規範…60
 供 嵋_宗廾柄阿亮匆餤範…61
 1. 第一次的社会規範…61
 2. 第二次的社会規範(紛争解決規範)…81
 掘 嵋_宗廾柄阿諒響萃汗阿了伝箸漾92
 1. 共同体的紛争調整モデル…93
 2. 行政型の紛争調整モデル…96
 3. 司法型調停モデル…100
 おわりに…101
 第4章 司法制度改革とADRの可能性
―日常世界と法の世界の架橋を求めて―…105
 はじめに…105
 機〇碧\度改革と「法の支配」…107
 1. 「法の支配」の現代的再定義…107
 2. 「意見書」にみる「法の支配」と日常世界…114
 供ADRの制度理念…118
 1. 「意見書」におけるADR…118
 2. ADRの制度理念と公共型ADRの可能性…120
 おわりに…129
 第5章 日本社会におけるADRの可能性
―「納得のいく解決」を求めて―…131
 はじめに…131
 機 嵋_宗廚ADR…133
 1. 言葉と現象のずれ…133
 2. 現象としてのADRの概況―日米比較…135
 3. 裁判所における民事調停の歴史と理念…141
 4. 今般の司法制度改革とADR…147
 供‘本社会におけるADRの最近の動き…148
 1. ADR法の制定…148
 2. 仲裁法の制定…150
 3. 対話促進型ADRの理念の普及…152
 4. 「日本司法支援センター(法テラス)」という総合的相談窓口の設置…158
 掘,海譴らのADRの可能性…160
 1. 「納得のいく解決」とADR…160
 2. 対話促進型調停を合理的に選択しうる社会的条件…163
 おわりに…170
 第6章 調停モデルの変容
―仲裁型調停から対話促進型調停へ―…175
 はじめに…175
 機‥租的な仲裁型調停モデル…177
 1. 三人吉三物語と三方一両損物語…177
 2. 2つの物語から抽出される仲裁型調停モデル…181
 供‘本近代の調停モデル…183
 1. 説得型調停モデル…186
 2. 互譲斡旋型調停モデル…192
 掘‘本現代の調停モデル…197
 1. 評価型調停モデル…197
 2. 対話促進型調停モデル…200
 おわりに…208
 第7章 対話促進型調停の可能性と限界
―紛争当事者間の交渉力格差をめぐって―…211
 はじめに…211
 機‖佻誕タ雰芯環笋硫椎柔…213
 1. 日常世界と対話促進型調停の適合性…213
 2. 調停者の援助のもとでの対話の回復可能性…214
 供‖佻誕タ雰芯環笋慮続Α223
 1. 現実的限界と理念的限界…223
 2. 調停における当事者間の交渉力格差への対応…225
 3. 水俣病事件にみる相対交渉と調停…237
 おわりに…242
 第8章 対話促進型調停の制度化可能性…247
 はじめに…247
 機‖佻誕タ雰芯環笋領犒薪位置…248
 供_隼調停における対話促進型調停の試み…251
 1. 家事調停における当事者主体型調停論…252
 2. 同席方式による調停への変換可能性…260
 掘‖佻誕タ雰芯環笋寮度化…263
 1. 対話促進型調停を定着させる二つの試み…263
 2. 対話促進型調停における法的情報ニーズへの応答可能性…268
 3. 裁判所における調停の制度的再編成の可能性…271
 おわりに…276
あとがき




プライバシーポリシー | お問い合わせ