ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 国際経済論 〔改訂増補版〕

国際経済論 〔改訂増補版〕
戸崎 徹/小倉 収 著
国際経済論 〔改訂増補版〕
発 行2011年3月20日
税込定価3,240円(本体3,000円)
判 型A5版上製
ページ数282頁
ISBN978-4-7923-4231-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次
は し が き
ま え が き
序 章 国 際 経 済………1
第1章 貿 易 理 論………9
  1 古典学派の貿易理論………9
   (1) アダム・スミスの貿易理論−−分業論を中心として−−………9
   (2) D. リカードの貿易理論−−比較生産比説を中心として−−………18
   (3) J・S・ミルの貿易理論−−相互需要均等の法則を中心として−−………23
  2 後期古典学派の貿易理論………28
   (1) F.R. Taussigの貿易理論………28
   (2) A. Marshallの貿易理論………34
  3 近代経済学派の貿易理論………40
   (1) Heckscher=Ohlinの定理………40
   (2) G.Harberlerの機会費用説………45
   (3) R.F.Harrodの貿易理論(外国貿易と国民所得)………50
第2章 貿 易 政 策………55
  1 自由貿易と保護貿易………55
  2 関   税………58
  3 関税と交易条件………63
  4 非関税障壁………67
第3章 生産要素の移動………73
  1 商品の移動と生産要素の移動………73
  2 労働の移動………76
  3 資本の移動とトランスファー理論………77
  4 資本移動の効果………82
  5 資本移動の類型………86
第4章 国 際 収 支………91
  1 国際収支の構成………91
  2 外国為替相場………95
  3 国際通貨制度と外国為替相場………101
  4 国際収支の均衡と調整………106
第5章 国際経済機構………113
  1 国際経済機関の構成………113
  2 IMF………117
   (1) 成 立 史………117
   (2) 出   資………119
   (3) 資金の利用………120
   (4) 平価の設定と変更………125
   (5) 為替制限の撤廃………128
  3 GATT………129
   (1) 成立の経緯………129
   (2) 最恵国待遇の原則と例外………132
   (3) 関税の引下げ………135
   (4) 輸入制限の廃止………139
   (5) 低開発国の貿易拡大………142
  4 IBRD(IDA, IFC)………144
  5 OECD………147
第6章 現代国際経済の諸問題………153
  1 国際通貨問題………153
   (1) ドル・ポジションの変遷………153
   (2) 国際通貨制度の改革………168
  2 経済統合問題………188
   (1) 経済統合の歴史的展開………188
   (2) 経済統合の効果と問題点………230
  3 南 北 問 題………235
   (1) 南北問題の推移………235
   (2) 対外援助の諸理論………260
   (3) 発展途上国開発理論と外国資本………264
   (4) 南々協力の必要性………267





プライバシーポリシー | お問い合わせ