ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法人課税における租税属性の研究

法人課税における租税属性の研究
酒井貴子 著
法人課税における租税属性の研究
発 行2011年3月30日
税込定価5,940円(本体5,500円)
判 型A5版上製
ページ数248頁
ISBN978-4-7923-0510-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はしがき
第1編 損失引継と損失引継控除制限に関する考察…………………………………………1
 第1章 損失引継と内国歳入法典382条……………………………………………………1
  はじめに………………………………………………………………………………………1
  第1節 損失引継とその制限の概要………………………………………………………3
   1 租税属性の引継………………………………………………………………………5
   2 租税回避目的の取得…………………………………………………………………7
   3 NOL引継制限………………………………………………………………………8
  第2節 NOL引継のアプローチ…………………………………………………………9
   1 主体の同一性アプローチ…………………………………………………………10
   2 合併アプローチ……………………………………………………………………12
   3 事業継続性アプローチ……………………………………………………………15
   4 所有変化アプローチ………………………………………………………………19
   5 1986年以前の制定法………………………………………………………………21
    (1)1954年法………………………………………………………………………21
    (2)1976年法………………………………………………………………………21
  第3節 NOL引継控除制限範囲の確定………………………………………………22
   1 引継制限の可否……………………………………………………………………22
    (1)全額引継………………………………………………………………………23
    (2)全額否認………………………………………………………………………26
   2 引継許容範囲の決定………………………………………………………………26
   3 ビルトイン損益(Built-ingainandloss)……………………………………29
   4 ビルトイン利得との相殺制限……………………………………………………30
  第4節 連結申告制度におけるNOL引継制限………………………………………31
   1 単一主体説と個別主体説…………………………………………………………31
   2 SRLYルールの概要………………………………………………………………32
   3 SRLYルールの変形………………………………………………………………33
   4 382条との関係………………………………………………………………………35
  小括…………………………………………………………………………………………36
  むすび………………………………………………………………………………………37
 
 第1章補論 わが国における繰越欠損金額等の取扱い…………………………………40
  はじめに……………………………………………………………………………………40
  第1節 企業組織再編成における欠損金額控除制限…………………………………41
   1 背景 〜2001年税制改正以前……………………………………………………41
   2 欠損金額の引継と制限……………………………………………………………42
   3 引継控除が制限される欠損金額…………………………………………………44
   4 資産含み損の取扱い………………………………………………………………45
   5 株式交換等に係る取扱い…………………………………………………………46
   6 連結グループ内組織再編における制限…………………………………………47
   7 包括的行為計算否認規定の導入…………………………………………………48
  第2節 特定支配に係る欠損金額控除制限……………………………………………49
   1 概要…………………………………………………………………………………49
   2 適用事由……………………………………………………………………………51
   3 含み損の取扱い……………………………………………………………………54
   4 特定支配に係る連結欠損金額繰越控除制限……………………………………54
  第3節 欠損金額引継と制限に係る制度の検討
      〜まとめとして…………………………………………………………………55
   1 引継制限と所有変化アプローチ…………………………………………………55
   2 事業継続性アプローチへの依拠…………………………………………………56
 
 第2章 取得後損失控除の否認に関する考察……………………………………………58
  はじめに……………………………………………………………………………………58
  第1節 損失引継と取得後損失…………………………………………………………59
   1 現行の損失引継制限………………………………………………………………59
    (1) 損失引継制限の基調………………………………………………………61
    (2) 連結における損失控除制限………………………………………………63
    (3) 269条の不確実性……………………………………………………………64
   2 269条の不確実性への歯止め………………………………………………………69
    (1) 収益法人取得………………………………………………………………69
    (2) 384条による損失控除制限…………………………………………………70
  小括…………………………………………………………………………………………73
  第2節 取得後損失の控除否認可能性…………………………………………………73
   1 連結申告と取得後損失……………………………………………………………73
    (1) 連結否認の法理……………………………………………………………74
    (2) 連結否認の法理と269条……………………………………………………76
    (3) 取得後連結の事例…………………………………………………………80
   2 法人結合と取得後損失……………………………………………………………86
    (1) 法人結合の事例……………………………………………………………87
    (2) 適用時期の決定……………………………………………………………89
  むすび………………………………………………………………………………………91
 
 第3章 連結納税制度における損失控除制限のあり方
      〜米国連結財務省規則におけるSRLYルールを
      巡る議論を参考に………………………………………………………………94
  はじめに……………………………………………………………………………………94
  第1節 SRLYルールの概要……………………………………………………………96
   1 SRLYルールの沿革からみるその趣旨…………………………………………96
   2 SRLYルールの適用………………………………………………………………99
  第2節 重複ルールの考え方とその適用………………………………………………103
   1 内国歳入法典382条と重複ルール………………………………………………103
   2 重複ルールの評価〜SRLYルールと内国歳入法典382条の比較から………106
   3 重複ルールの意義と問題点………………………………………………………110
  第3節 ビルトイン項目に係る控除制限と重複ルール………………………………111
   1 ビルトイン項目とSRLYルール………………………………………………111
   2 ビルトイン項目の取扱いと重複ルール…………………………………………113
  第4節 わが国の連結加入時における欠損金額の取扱い……………………………116
   1 連結加入時における制限 〜連結納税制度導入当初…………………………116
   2 連結加入時における制限 〜2010年税制改正…………………………………118
  むすび………………………………………………………………………………………119
 
 第4章 連結納税制度における税負担のグループ内部割振り…………………………122
  はじめに……………………………………………………………………………………122
  第1節 アメリカ法における税負担の内部割振り……………………………………123
   1 内部割振りの現行ルール…………………………………………………………123
   2 租税債務分担合意…………………………………………………………………125
  第2節 少数株主の範囲と紛争の原因…………………………………………………126
   1 少数株主の範囲……………………………………………………………………126
   2 紛争の原因と裁判所の対応………………………………………………………127
  第3節 日本法との比較…………………………………………………………………129
  むすび………………………………………………………………………………………130
 
 
 第2編 連結税制における投資調整と
      投資損失否認ルールの取扱い…………………………………………………133
 
 第1章 連結税制でのさらなる損失控除制限の必要性…………………………………133
  第1節 新しい損失控除制限〜第2編へのいざない…………………………………133
  第2節 問題の所在〜投資調整に関するルールを巡って……………………………137
 

 第2章 投資調整ルールの沿革とその現行制度…………………………………………141
  第1節 初期判例における投資調整……………………………………………………141
   1 取引の性質と投資損益……………………………………………………………141
   2 投資損益の算定における不一致…………………………………………………145
   3 歳入庁の対応………………………………………………………………………146
  第2節 投資調整ルールのあり方と現行制度…………………………………………148
   1 1929年財務省規則とIlfeld判決…………………………………………………148
    (1) 1929年財務省規則…………………………………………………………148
    (2) CharlesIlfeld事件判決…………………………………………………150
   2 1966年財務省規則.E&P型の採用……………………………………………152
   3 現行規則.E&P型から課税所得型へ…………………………………………155
    (1) 1994年規則改正……………………………………………………………155
    (2) 現行の投資調整ルール……………………………………………………157
  まとめ………………………………………………………………………………………161
 
 第3章 サン・オブ・ミラー・トランザクションとLDR………………………………164
  第1節 資産含み益に対する法人所得課税……………………………………………164
   1 資産値上がり益への課税の背景;GeneralUtilities原則……………………164
    (1) GeneralUtilities原則の概説…………………………………………164
    (2) GeneralUtilities原則廃止とその後の法人税制……………………168
   2 ミラー・トランザクション………………………………………………………171
   3 サン・オブ・ミラー・トランザクションとNotice87-14……………………174
  第2節LDRとトレーシングの執行…………………………………………………177
   1 LDRの採用とその問題点………………………………………………………177
   2 LDRの最終規則…………………………………………………………………179
    (1) 控除可能損失の設定………………………………………………………179
    (2) サン・オブ・ミラー・トランザクションの変種(variation)…………181
   3 新規則(Treas.Reg...1337(d)-2)に係る問題点……………………183
    (1) トレーシングの採用(.)と執行上の問題点…………………………………183
    (2) 代替的方法の提案…………………………………………………………184
  小括…………………………………………………………………………………………186
 
 第4章 損失二回計上とLDR………………………………………………………………187
  第1節 法人所得課税における資産含み損の取扱いとLDR…………………………187
   1 損失二回計上と損失選択可能性…………………………………………………187
   2 GeneralUtilities原則廃止と損失選択可能性………………………………188
   3 LDRの適用回避策………………………………………………………………190
  第2節 RiteAid事件判決と損失二回計上…………………………………………192
   1 事実の概要と判旨…………………………………………………………………192
   2 損失二回計上の分析.RiteAid判決を手がかりに…………………………195
    (1) LDRの必要性……………………………………………………………196
    (2) 382条とLDRの目的………………………………………………………198
    (3) 382条による損失二回計上への対処……………………………………199
   3 RiteAid判決の確定……………………………………………………………199
  第3節 損失二重計上と新規則(Treas.Reg....11502-35)………………………200
   1 損失二重計上………………………………………………………………………200
   2 新規則(Treas.Reg...1.1502-35)の適用……………………………………203
    (1) 基準価格再計算ルール……………………………………………………203
    (2) 損失停止ルール……………………………………………………………204
   3 新規則(Treas.Reg...1.1502-35)に係る問題点……………………………206
    (1) 新規則(Treas.Reg...1.1502-35)執行上の問題……………………206
    (2) 362条(e)(2)の立法による新たな問題……………………………206
    (3) 損失二回計上と損失二重計上……………………………………………208
  小括…………………………………………………………………………………………209
  むすび………………………………………………………………………………………210
 
 第4章補論 LDRに代わる統一的損失制限ルールの導入……………………………213
  はじめに……………………………………………………………………………………213
  第1節 統一的制限ルールへの道のり…………………………………………………214
   1 規則制定権限の強化………………………………………………………………214
   2 損失二回計上への新たな対処……………………………………………………215
   3 損失二回計上と損失二重計上についての整理…………………………………216
  第2節 統一的制限ルールの本質………………………………………………………218
   1 ULRの概要………………………………………………………………………218
    (1) ULR適用手順……………………………………………………………219
    (2) 基準価格再決定ルール……………………………………………………220
    (3) 基準価格減額ルール………………………………………………………220
    (4) 租税属性減額ルール………………………………………………………221
   2 LDRとの比較……………………………………………………………………224
   3 ULRの特徴 〜まとめとして…………………………………………………225
  おわりに 〜損失二回計上の問題について
  わが国法人税制への示唆をこめて………………………………………………………226
 
  事項索引……………………………………………………………………………………229





プライバシーポリシー | お問い合わせ