ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 詳解 スポーツ基本法

詳解 スポーツ基本法
日本スポーツ法学会 編
詳解 スポーツ基本法
発 行2011年12月20日
税込定価3,456円(本体3,200円)
判 型A5版並製
ページ数388頁
ISBN978-4-7923-8068-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
はしがき…i
略語表…xvii

序 歴史的経緯・基本理念…1

第1節 スポーツ権確立に向けて…1
第2節 スポーツ基本法制定に至る経過…3
1 スポーツ振興法改正のほう芽(4)
2 スポーツ議員連盟(超党派)などによる検討(4)
3 第171回国会への「スポーツ基本法案」の提出(5)
4 文部科学省「スポーツ立国戦略」の策定(6)
5 第174回国会への法案提出と民主党の検討(7)
6 第177回国会への超党派による国会提出と成立(8)
第3節「スポーツ権」確立に向けた日本スポーツ法学会の取組み…10
1 はじめに(10)
2 日本スポーツ法学会の活動経緯(10)
3  12.18シンポジウム開催(12)
第4節 スポーツ立国戦略とスポーツ基本計画…14
1「スポーツ立国戦略」策定の背景(14)
2「スポーツ立国戦略」の概要(16)
3「スポーツ基本計画」の策定に向けて(18)
第5節 スポーツに関する権利とスポーツ基本法の基本理念…19
1 スポーツ基本法におけるスポーツ権(19)
2 スポーツ基本法の基本理念(23)
コラム スポーツ基本法制定の意義(30)


第喫圈ー腓燭襯好檗璽栂琉茲抜靄榾

総 論…33
第1章 地域(生涯)スポーツ…34
第1節 本章の概要…34
第2節 地域(生涯)スポーツ…35
第3節 核となる地域スポーツの指導者…37
第4節 地域スポーツの活動の拠点としてのスポーツ施設(学校施設を含む)…38
第5節 地域における自主的スポーツクラブ・団体の「連携・協働」…43
第6節 その他野外活動、「職場スポーツ」活動の普及奨励…44
第7節 スポーツにおけるNPO組織と「非営利・協同」組織の可能性…45

第2章 学校スポーツ…47

第1節 子ども・青少年スポーツと学校…47
1 学校の範囲・種類(48)
2 学校の果たす役割(49)
第2節 学校体育の充実…51
第3節 学校部活動をめぐる諸問題…52
1 国籍による参加資格(1条校、留学生)(53)
2 特待生問題(56)
3 教養・教育の保障(57)
4 部員数減少(複数校合同チーム)(59)
第4節 大学運動部の支援…61
コラム スポーツ基本法と高校野球(63)

第3章 競技スポーツ…64
第1節 優秀なスポーツ選手の育成… 64
第2節 国体と基本法…67
1 国体の概要と現状(67)  
2 国体の簡素化、活性化へ(68)
3 国体の問題点と批判(69)
4 ガバナンスと第三者委員会の役割(70)
第3節 国際競技大会と基本法…71
1 基本法における位置づけ(71)
2 国際競技大会とは(72)
3 基本法の規定と運用(73)
4 2020年オリンピック招致と基本法(74)
第4節 プロスポーツと基本法…75
1 プロスポーツの取扱いにおける基本法と振興法の違い(75)
2 基本法のプロスポーツへの具体的適用(76)
第5節 国際交流…81

第4章 障害者スポーツ…86
第1節 スポーツ基本法成立に至るまでの障害者スポーツ…86
1 スポーツ振興法が成立するまでの障害者スポーツ(86)
2 スポーツ振興法の成立(86)
3 国際的な障害者スポーツの施策(88)
4 日本における障害者スポーツの施策(89)
5 日本における障害者スポーツ団体の歴史(90)
6 基本法制定の要請(90)
第2節 基本法により障害者スポーツはどのように変わるのか…91
1 基本法の規定(91)  
2 障害者スポーツの推進主体(92)
3 障害者がスポーツに参加するための基盤整備(94)
4 障害者競技団体のガバナンス整備(101)
5 全国障害者スポーツ大会(102)
6 国際大会(102)
7 まとめ(103)


第曲圈.好檗璽弔亡悗錣訌反イ抜靄榾

総 論…107
第1章 国及び地方公共団体…108

第1節 スポーツ基本計画、スポーツ推進会議 …108
1 基本計画の策定手続き(108)
2 スポーツ推進会議の役割(109)
3 これまでの基本計画策定の経緯(109)
4 国の責務と役割強化(110)
第2節 スポーツ施設の整備等…111
1 スポーツ施設整備計画の経緯と現状(111)
2 スポーツ施設運用の現状と問題点(112)
3 スポーツ施設の指導者配置や安全対策等(113)
第3節 学校施設の利用…114
1 学校開放の法令等及び審議会答申等(114)
2 学校体育施設開放の現状と課題(115)
3 今後の学校開放の方向性(116)
第4節 法制上の措置等、国の補助、審議会等への諮問等、
スポーツ庁の検討…117
1 法制上の措置等(117)
2 国の補助(119)
3 審議会等への諮問等(120)
4 スポーツ庁(120)
第5節 地方スポーツ推進計画、地方のスポーツ推進審議会等…121
1 地方スポーツ推進計画の策定(121)
2 地方スポーツ推進会議の設置(123)
第6節 指導者の養成等、スポーツ推進委員…124
1 指導者の拡充(124)
2 スポーツ推進委員の役割(125)
第7節 顕 彰…127
1 顕彰の対象者(127)
2 顕彰の事例(127)
第8節 スポーツ振興事業、体育の日…128
1 地域スポーツ団体とスポーツ行事への支援(128)
2 体育の日の行事と野外活動、スポーツ・レクリエーションの奨励(130)

第2章 企 業…132
第1節 企業スポーツの休廃部と基本法…132
1 2000(平12)年までの企業スポーツの状況(132)
2 スポーツ振興法時代の対応(133)
3 基本法の意義(135)
4 基本法のもとでの基本計画(136)
第2節 スポーツ産業と基本法…137
1 2000(平12)年までのスポーツ産業の状況(137)
2 振興法時代の対応(138)
3 基本法の意義(140)
4 基本法のもとでの基本計画(141)
第3章 スポーツ団体…143

第1節 はじめに本章の概要 …143
第2節 基本法の対象となるスポーツ団体とは…143
1 基本法2条2項(143)
2 プロスポーツ団体(145)
第3節 基本法が定めるスポーツ団体の努力とは…146
1 スポーツの推進(146)
2 事業の適正化、団体運営の透明性、遵守基準の作成
―スポーツ団体のガバナンス強化その1―(148)
3 スポーツ団体による迅速かつ適正な紛争解決  
―スポーツ団体のガバナンス強化その2―(156)
第4節 まとめ今後の展望 …161

第景團好檗璽弔亡悗錣訖佑抜靄榾

総 論…167

第1章 アスリートをめぐる課題…169

第1節 アスリートのスポーツ参加問題…169
1 参加資格の制限をめぐる事例(171)
2 選手選考をめぐる事例(173)
3 出場機会の剥奪をめぐる事例(175)
第2節 優秀なアスリートの育成および支援…176
1 アスリートの育成及び支援(177)  
2 アスリートの権利(179)
3 女性アスリートをめぐる課題(180)
第3節 権利保護…182
1 選手のプライバシー権(182)
2 選手の肖像権(パブリシティ権)(184)
3 選手の身分保障(雇用)(188)
4 事故補償(189)

第2章 指導者をめぐる課題…193

第1節 スポーツ指導者の地位…194
1 トップアスリートの育成・強化(195)
2 学校教育法での教師(195)
3 各種学校・専修学校での教師(指導者)(195)
4 学校でのコーチ(指導者)(196)
5 民間のスポーツジム・クラブ、NPO法人等でのインストラクターなど(196)
6 いわゆるボランティア(無償)としての指導者(196)
7 プロスポーツの指導者(196)
第2節 指導の実際…197
第3節 スポーツ指導者の陥りそうな罠…198
1 苦しませるだけの練習(198)
2 懲戒と体罰(199)
3 セクハラ問題(セクシュアル・ハラスメント)(200)
4 パワハラ問題(パワー・ハラスメント)(201)
5 オーバーユース(201)
第4節 指導者の国際化…202
第5節 最後に…202


第3章 観客・サポーター、支える人々と基本法…204

第1節 本章での検討対象について…204
第2節 スポーツ権はサポーターやスポーツを支える人も対象にしているのか…204
第3節 観客やサポーター、スポーツを支える人についての基本法の規定内容…206
1 国及び地方公共団体の責務について(206)
2 スポーツ基本計画について(207)
3 指導者等の養成等について(207)
4 スポーツ施設の整備等について(207)
5 スポーツ事故の防止等について(208)
6 スポーツに関する紛争の迅速かつ適正な解決について(208)
7 スポーツに関する科学的研究の推進等について(208)
8 スポーツ団体について(209)
第4節 観客・サポーター、支える人々から見た基本法…209
1 観客・サポーターの視点から(209)
2 スポンサー(212)
3 スポーツドクター、スポーツロイヤー、研究者等(212)
4 観客やサポーター、スポーツを支える人の義務等について(212)
第5節 司法的救済の余地…213

第己圈.好檗璽聴紂Σ奮悗醗汰

総 論…217
第1章 スポーツ医・科学研究の推進…218
第1節 スポーツ医・科学研究の現状…218
第2節 振興法におけるスポーツ医・科学の推進…219
第3節 基本法におけるスポーツ医・科学研究の推進……221

第2章 アンチ・ドーピング活動…223

第1節 アンチ・ドーピング活動の意義…223
第2節 アンチ・ドーピング活動の現状…223
1 国際オリンピック委員会主導時代(223)
2 世界アンチ・ドーピング機構設立(224)
3 日本アンチ・ドーピング機構設立(225)
4 世界アンチ・ドーピング規程の制定(225)
5 UNESCOスポーツにおけるドーピングの防止に関する国際規約(226)
6 日本ドーピング防止規程(226)
7 スポーツ基本法(227)
第3節 基本法 29条が定められた意義…227
1 振興法の下におけるアンチ・ドーピング活動(227)
2 基本法におけるアンチ・ドーピング活動の意義(229)
第4節 アンチ・ドーピング活動の今後の課題…231
1 国内における課題(231)
2 国際機関との連携(232)
第3章 スポーツ障害の予防…233
第1節 スポーツ基本法とスポーツ障害…233
1 基本理念(233)
2 スポーツ団体の努力(234)
3 スポーツ事故の防止等(234)
4 スポーツに関する科学的研究の推進等(235)
第2節 スポーツ障害の予防に向けた取組み…235
1 発生頻度や現況の把握(236)
2 スポーツ障害の発生機序の解明(236)
3 スポーツ障害の予防法の導入とその効果の検証(236)
第4章 スポーツ事故・安全対策…238

第1節 スポーツ基本法にみる事故・安全対策…238
1 スポーツ基本法の「安全」に関する規定の内容(238)
2「安全」に関する各規定の立法趣旨(239)
3 基本法制定前の「安全」に関する規定(242)
第2節 事故・安全対策の必要性スポーツ事故発生の現状 …244
1 事故の発生状況(244)
2 近時とくに安全対策が求められる事故(248)
第3節 過去の国、地方公共団体等の事故・安全対策…251
1 はじめに(251)
2 振興法下の事故・安全対策(251)
3 国による事故防止・安全対策(252)
4 地方公共団体による事故・安全対策(254)
5 スポーツ団体による事故・安全対策(255)
6 基本法制定が与える影響(255)
7 最後に(256)
第4節 スポーツ立国戦略が意図した事故・安全対策…257
1 はじめに(257)
2 振興法「事故防止規定」(257)
3 スポーツ振興基本計画が示す事故・安全対策(258)
4 スポーツ立国戦略が示す事故・安全対策(260)
5 立国戦略と基本法の事故防止規定(260)
6 おわりに(262)
第5節 事故の補填.…262
1 事故補償(263)
2 損害賠償制度(265)
第6節 今後の政策の展開…270
1 事故の実態の把握(271)
2 事故発生に関する科学的知見(273)
3 事故補償制度の充実と課題(275)
4 事故判例の研究と普及(275)
5 事故防止への関連諸団体の連携の重要性(276)
6 地方自治体政策の充実化(276)
第絞圈(響莢魴

第1章 スポーツ仲裁…281
第1節 はじめに…281
第2節 日本スポーツ仲裁機構…281
1 設立(281)
2 3つのタイプの仲裁規則(282)
第3節 5条3項のもとでのスポーツ団体の努力…283

第4節 15条のもとでの国の施策…284
1 15条の趣旨(284)
コラム 元Jリーガーの議員立法(287)

第2章 スポーツ調停…288

第1節 はじめに…288
第2節 JSAAのスポーツ調停…288
第3節 弁護士会ADR…289
第4節 紛争解決とスポーツ団体のガバナンス…290
1 はじめに(290)
2 内部手続の整備(290)
3 外部手続の利用(291)
4 ガバナンスに問題があるとき(291)

第妻圈‥貽本大震災とスポーツ基本法

第1節 東日本大震災とスポーツ…295
第2節 スポーツ基本法の成立とスポーツ権…296
第3節 安 全…297
第4節 スポーツ関係者による支援
−サポーター、地域型スポーツクラブの役割 …300
第5節 トップ・アスリートの派遣…302
第6節 国体、五輪・国際競技大会と復興…303

まとめに代えて −スポーツ法の過去未来− …307

第1節 スポーツ権前史
−草の根のスポーツ・勤労者スポーツのあけぼの −…308

第2節 スポーツ権を創造する弁護士および弁護士会の活動…309
1 法による支配は、市民社会のあらゆる場面に浸透する(309)
2 ガバナンスを確保する第三者委員会としての活動経緯(310)
3 弁護士会としてスポーツ権を求める市民活動(312)
4 公益財団法人日本体育協会とタイアップした「ジュニアスポーツ法律アドバイザー」制度の形成経緯(313)
5 日本弁護士連合会がスポーツ権確立のための意見書を公表してきた経緯(314)
6 日本スポーツ法学会のアジアにおける国際活動(315)
第3節 基本法の壮大な理念…317
1 連帯と協働(317)
2 理念の実現に向けて(318)
3 スポーツ団体の役割(319)
第4節 スポーツ基本法制定に寄せて…321
1 はじめに(321)
2 日本スポーツ 100年の概観(322)
3 スポーツ法の未来を見据えて(323)
4 まとめに代えて(325)

資料
スポーツ基本法(329)
スポーツ基本法施行政令(336)
スポーツ基本法の公布について(通知)(337)
スポーツ基本法等の施行について(通知)(338)
スポーツ振興法(343)
スポーツ立国戦略―スポーツコミュニティ・ニッポン―(347)
ヨーロッパ・みんなのためのスポーツ憲章(抄)(358)
体育およびスポーツに関する国際憲章(仮訳)(359)
スポーツ基本法要綱案(363)

あとがき…365
「スポーツ基本法」条文索引…366





プライバシーポリシー | お問い合わせ