ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 憲法裁判の現場から考える

憲法裁判の現場から考える
奥平康弘/水島朝穂/朝日健二/新井章/喜田村洋一/金澤孝 著
憲法裁判の現場から考える
発 行2011年12月20日
税込定価2,160円(本体2,000円)
判 型A5版並製
ページ数168頁
ISBN978-4-7923-0523-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
 はしがき
第1章 憲法裁判の課題と可能性………奥平 康弘…1
はじめに………1
1 憲法81条の初発の状況………2
2 違憲審査制の二つの型………4
3 憲法裁判所待望論の登場………6
4 日本型違憲審査制における主観的なるものと
  客観的なるもののズレ−−自衛隊イラク派兵差止請求事件判決………8
5 憲法裁判所待望論への違和感………11
6 最高裁判所の公共の福祉論………13
7 変化の兆し………14
むすび−−憲法裁判の未来………23
第2章 長沼ナイキ基地訴訟………水島 朝穂…27
はじめに−−時代のなかの憲法裁判………27
1 長沼事件とは何か−−北海道の小さな町の大きな事件………29
2 長沼事件一審判決はどのようにして生まれたか………33
3 自衛隊の本格的な実態審理………39
4 長沼事件の判決………42
5 長沼事件一審判決のその後………44
6 福島重雄元裁判長との出会い………48
むすび−−たかが裁判所,されど裁判所………51
第3章 朝日訴訟から生存権裁判へ
−−養子になって裁判を承継した体験から−−…朝日 健二…55
はじめに−−歴史は繰り返す………55
1 朝日訴訟の時代背景………56
2 “人間裁判”朝日訴訟の提訴………59
3 朝日訴訟の承継運動………63
4 訴訟の争点と一審判決の影響………67
5 生活保護基準の実際………70
6 「朝日訴訟の時代」の再来………73
7 「第二の朝日訴訟」生存権裁判………76
8 憲法25条の生い立ちと展望………80
むすび−−権利はたたかう者の手にある………83
第4章 教科書検定違憲訴訟の32年…新井章…85
はじめに−−朝日訴訟と家永教授の教科書検定違憲訴訟のつながり………85
1 教科書検定違憲訴訟(家永訴訟)32年の経過………86
2 教科書検定違憲訴訟の32年をふり返る………98
第5章 在外邦人選挙権制限違憲訴訟…喜田村洋一…117
はじめに−−ロス日本語新聞の投書…117
1 なぜ海外に住んでいる人は投票できないのか…118
2 在外邦人の選挙権行使に向けて…121
3 在外邦人の権利回復のための裁判…125
4 最高裁判決に上告−−口頭弁論で何を主張したか…130
5 最高裁大法廷判決…133
むすび−−憲法12条を具体化する努力…136
第6章 憲法裁判について考えるために《解題》………金澤孝…139
1 司法権について…139
2 司法審査権/司法審査制…142
3 司法消極主義と司法積極主義…149
4 憲法裁判の現在…152
5 終わりに…159




プライバシーポリシー | お問い合わせ