ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 民法学における古典と革新

民法学における古典と革新
藤岡康宏先生古稀記念論文集
編集委員  松久三四彦/藤原正則/須加憲子/池田清治
民法学における古典と革新
発 行2011年12月20日
税込定価13,200円(本体12,000円)
判 型A5版上製
ページ数602頁
ISBN978-4-7923-2613-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次

はしがき
不招請勧誘と消費者の保護…後藤巻則……1
白紙委任状の濫用と一〇九条責任
−判例理論の再検討−…池田清治……31
時効の援用と信義則ないし権利濫用
−時効完成前の事情による場合−…松久三四彦……69
差止請求権制度の機能・体系的位置について
−近時の民法改正提案を契機とする若干の考察−・…根本尚徳……101
区分所有法旧六条の形成過程
−区分所有法七条の先取特権のあり方を見直すための準備の一環として−…大山和寿…143
損害賠償、解除、そして帰責事由・…遠山純弘 ……167
民法四一五条に取り込まれた履行拒絶
−明治民法典先史における履行拒絶規定の生成と解消−谷本陽一 ……187
民法四三八条再考 …福田誠治 ……227
Favorcontractusのヴァリエーション
−CISGと債権法改正論議の比較を通じて−曽野裕夫 ……255
複合契約中の契約の消滅の判断枠組に関する序論的考察
−フランスにおけるコーズの主観化に関する判例の分析を中心に複合契約論考・その一 …都筑満雄 ……293
不当利得における価値賠償の算定基準時 …藤原正則 ……321
獣医師の医療過誤と法
−ドイツの事例−…浦川道太郎 ……349
不法行為法における「傷つきやすい被害者」
−被害者の脆弱性の心因的素因としての斟酌について−
…城内明 ……373
意思形成過程における不法行為法上の行為義務についての序論的考察
−損害賠償法と法律行為法・その2−…内山敏和 ……399
プライバシー権の保護法理の統一について
−カロリーヌ判決を契機として−…須加憲子 ……431
フランス民事責任法における「純粋環境損害(prejudiceecologiquepur)」の概念について …小野寺倫子 ……461
「相当程度の可能性」論に関する一考察
−ドイツの学説を中心として−…林誠司 ……485
法人の不法行為責任に関する序章的考察
−法人の義務主体性の正当化の検討を中心に−…前田太朗……511
「事業執行性」の展開と使用者責任の多元性…瀬川信久……533
藤岡康宏先生略歴・主要業績目録 …583







プライバシーポリシー | お問い合わせ