ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > フランス刑法の現状と欧州刑法の展望

南山大学学術叢書
フランス刑法の現状と欧州刑法の展望
末道康之 著
フランス刑法の現状と欧州刑法の展望
発 行2012年2月3日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5版上製
ページ数412頁
ISBN978-4-7923-1928-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はしがき
第1部 フランス刑法をめぐる諸問題
第1章 比較刑法研究の意義……1
機,呂犬瓩法帖1
供“羈啖宰,量榲と機能……2
1 情報及び説明の段階  3
2 学説的・理論学的段階  4
3 刑事政策的または刑法改正を目的とする段階  5
4 解釈及び適用の段階  6
5 調和及び(または)統一の段階  7
6 刑事比較法  8
掘ー禊海旅融 帖9
検,わりに……11
第2章 犯罪論体系の特色……13
機,呂犬瓩法帖13
供.侫薀鵐紅蛤疣世瞭耽А帖14
掘“羈啖宰ヽ愿視点からの考察……24
検,わりに……26
第3章 刑法解釈をめぐるいくつかの問題
 ─HIV感染と胎児性致死傷をめぐる解釈論を中心に……27
機,呂犬瓩法帖27
供HIV感染をめぐる刑法解釈……30
掘‖杙性致死傷をめぐる刑法解釈……42
検,わりに……51
第4章 不作為犯をめぐる解釈論……54
機,呂犬瓩法帖54
供”垪邂挌箸粒鞠亜帖58
1 不救助罪及び犯罪不阻止罪  58
2 未成年者及び家族の遺棄・不保護罪  65
掘”埒神吃垪邂挌箸亡悗垢覯鮗疣澄帖69
1 詐欺罪に関する裁判例  69
2 不作為の幇助に関する裁判例  72
3 その他の犯罪類型に関する裁判例  75
検“羈嗚‥検討……76
后,わりに……84
第5章 終末期医療と刑法上の諸問題……86
機,呂犬瓩法帖86
供ヾ擬圓慮⇒と生の終末に関する2005年4月22日法の概要……93
1 患者の権利の強化  93
2 終末期にある患者に特別な権利を認めること  96
掘ヾ擬圓慮⇒と生の終末に関する2005年4月22日法の評価─刑事法の視点から……99
1 バダンテールの見解  99
2 プロテの見解  102
検^続攣燹β左兄爐犯鏗下圓瞭碓奸⊆殺関与罪に関する議論……107
1 自殺関与罪に関する議論  107
2 被害者の同意の位置づけと安楽死・尊厳死  111
后,わりに……115
第6章 共犯処罰の限界─教唆の未遂をめぐる解釈論……118
機,呂犬瓩法帖118
供.薀ール事件判決の概要と破毀院の解釈論……120
1 被告人の行為と謀殺未遂罪の成否  121
2 被告人の行為と謀殺未遂罪の共犯の成否  123
掘ゞ戯兇量た襪硫槌垣をめぐる理論状況……124
1 未遂犯規定の解釈による解決  124
2 共犯規定の解釈による解決  128
検ゞ戯兇量た觸菷海鬚瓩阿詢法論……141
1 改正刑法典と共犯規定  141
2 独立教唆罪をめぐる立法状況  146
3 若干の考察  149
后,わりに……151
第7章 再犯者処遇をめぐる諸問題……152
機,呂犬瓩法帖152
供〆独伴埆莇に関する一連の法改正……157
1 2005年12月12日法による累犯及び再犯の定義  157
2 社会内司法追跡に関する改正の概要  160
3 司法監視の概要  168
4 電子監視措置に関する改正の概要  170
5 性犯罪行為者に対する保安処分  179
6 成人及び未成年者の累犯者への対策を定めたKG  2007年8月10日法の概要  183
掘2008年2月25日法による性犯罪者等に関する保安留置・
  保安監視の導入……186
1 保安留置  189
2 保安監視  196
3 責任無能力者に対する保安処分  199
検,わりに……209
第2部 欧州刑法の生成とフランス刑法
第1章 欧州刑法のモデルとしてのコルプス・ユリスとKG    フランス刑法……211
機,呂犬瓩法帖211
供.灰襯廛后Ε罐螢抗涜У定……212
1 第1案の各則規定への評価  212
2 第2案の各則規定の概観  223
掘.灰襯廛后Ε罐螢港軋У定……226
1 第1案の総則規定への評価  226
2 第2案の総則規定の概観  238
検.灰襯廛后Ε罐螢梗蠡核ゝ定の特色……244
1 手続法規定の概観  244
2 手続法規定の評価  261
后_そ8〇ヾ荏論澆悗猟鶲討肇侫薀鵐垢梁弍……265
1 欧州検察官創設への提案  265
2 フランスの対応  280
此,わりに……287
第2章 欧州刑法の調和の動向……289
機,呂犬瓩法帖289
供“蛤瓩砲ける調和の動向……295
1 組織犯罪  296
2 テロ犯罪  298
3 薬物犯罪  307
4 不法入国・滞在の幇助  311
5 人身売買  316
6 児童の性的搾取・児童ポルノの罪  319
7 人種差別及び外国人排斥の罪  324
8 汚職の罪  325
9 欧州共同体の財政的利益を侵害する不正行為  328
10 通貨偽造の罪  329
11 現金以外の支払手段の偽造等の罪  330
12 資金洗浄の罪  331
13 環境犯罪  334
14 サイバー犯罪  336
15 刑法総論に関する一般規定  338
掘〃沙制裁における調和の動向……341
1 連合条約と刑事制裁における調和  343
2 刑事制裁の調和に関するこれまでの運用  346
3 2002年4月25日理事会決議  350
検〃沙実体法の調和に対する評価と欧州刑事法の展望……355
1 刑事実体法の調和に対する評価  355
2 相互承認の原則  360
3 欧州刑事法の展望  367
后,わりに……383




プライバシーポリシー | お問い合わせ