ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 環境法へのアプローチ 〔第2版〕

環境法へのアプローチ 〔第2版〕
黒川哲志/奥田進一 編
環境法へのアプローチ 〔第2版〕
発 行2012年2月20日
税込定価2,484円(本体2,300円)
判 型A5版並製
ページ数302頁
ISBN978-4-7923-3294-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次

はしがき
序章 基本原則および本書の構成1
第1章 環境法の歴史5
機〃秧咾併唆噺害から都市生活型公害へ5
供仝害規制法の歴史6
1.公害法前史(6)  2.公害法の時代(6)
3.環境基本法の制定(8)
掘ー然保護制度の歩み10
検,わりに11
第2章 環境法の国際的形成13
機々餾欖超法の課題13
1.伝統的な国家責任法理(13)
2.危険責任主義の導入:高度の危険性を内蔵する特定の活動
  (ultra hazardous activities)に起因する損害(14)
供仝什澆遼\度15
1.「持続可能な開発」概念の生成(15)
2.国際環境法の定立形式の特徴(17)
3.国際環境法の制度化(18)
掘,わりに22
第3章 地球温暖化23
機|狼絏甲伐渋从の課題23
供仝什澆遼\度24
1.気候変動枠組条約と京都議定書(24)  2.京都メカニズム(26)
3.日本の取り組み(27)  4.省エネルギーのための法制度(28)
5.新エネルギーへの転換(29)  6.環境税と排出量取引(30)
掘,わりに30
第4章 環境省と地方自治体33
機ヾ超省創設の経緯33
供仝醜埓度の課題34
1.環境行政の範囲と環境省の行政範囲(34)
2.地方公共団体と環境省の役割分担(38)
掘,わりに40
第5章 自然公園43
機ー然公園制度43
供ー然公園の保護と利用45
1.ゾーニング(45)
2.自然保護の仕組(45)
3.自然公園における環境保全の問題点(47)
掘,泙箸49
第6章 景観保護51
機〃粉冓欷遒硫歛51
供仝什澆遼\度52
1.都市景観(52)  2.歴史的景観(56)
掘〃粉兪幣58
1.行政訴訟(58)  2.民事訴訟(59)
検,わりに60
第7章 都市環境63
機‥垰坿超整備の課題63
1.都市環境問題における自然の回復の位置づけ(63)
2.街づくりと緑地確保(64)  3.景観は生物相を反映(65)
供仝什澆遼\度65
1.緑の基本計画(65)  2.都市公園など(65)
3.民有緑地の保全(67)  4.民有緑地の創出(69)
5.管理協定および市民緑地契約(70)  6.緑地管理の主体(71)
7.緑地保全規制と財産権保障(71)
掘,わりに72
第8章 里山保全75
機[せ格歔瓦硫歛75
供仝什澆遼\度78
掘,わりに83
第9章 動植物保護87
機〔鄒言己の保護に関する問題点87
供〔鄒呼或∧保護管理のための仕組み89
掘〔鄒呼或∧保護管理の今後の方向性92
第10章 環境アセスメント95
機ヾ超影響評価法制定までの流れ95
1.環境アセスメントとは(95)  2.閣議アセス(96)
供ヾ超影響評価法の概要97
1.環境影響評価法(97)  2.対象(環境アセスを実施しなければならない事業)(97)  3.配慮書、方法書、準備書、評価書(98)
4.許認可等への反映(100)  5.市民の意見提出(101)
掘〆8紊硫歛101
第11章 廃棄物・リサイクル105
機’儡物・リサイクルの課題105
1.廃棄物の定義(105)  2.不法投棄・不適正処理問題(106)
3.リサイクル問題(107)
供仝什澆遼\度108
1.廃掃法(108)  2.容器包装リサイクル法(109)
掘,泙箸110
第12章 大気汚染113
機‖腟け染の課題113
供仝什澆遼\度114
1.被害者の救済方法(114)
2.大気汚染防止法によるばい煙排出規制(116)
3.固定発生源対策から移動発生源対策へ(117)
掘,わりに119
第13章 健全な水循環121
機/紊鮗茲蟯く問題121
供仝什澆遼\度122
1.水質汚濁規制法(122)  2.治水・利水(124)
3.自然資源としての水(126)
掘,わりに126
第14章 土壌汚染129
機‥攵躅染事件の課題129
供仝什澆遼\度130
1.その歴史(130)  2.土壌汚染対策法(132)
3.費用の負担問題と土地問題(135)
掘,わりに135
第15章 化学物質139
機_蹴慂質管理の課題139
供仝什澆遼\度140
1.化学物質審査法(140)  2.PRTR法(143)
掘,泙箸145
第16章 悪臭147
機^臭防止の課題147
供仝什澆遼\度148
1.悪臭防止法(148)  2.地方公共団体の取り組み(152)
掘,わりに153
第17章 騒音・振動・地盤沈下155
機〜音・振動・地盤沈下の課題155
供仝什澆遼\度156
1.騒音(156)  2.振動(158)  3.地盤沈下(158)
掘,わりに160
第18章 規制的手法163
機ゝ制的手法の課題163
供仝什澆遼\度165
1.水質二法から水質汚濁防止法へ(165)
2.伝統的な手法としての直接規制(165)
3.規制的手法の政策形成段階(166)
4.規制的手法の実施段階(168)
掘,わりに ―規制的手法の実際と限界―169
第19章 経済的手法173
機ヾ超政策と経済的手法173
供〃从囘手法174
1.租税(環境税)・補助金制度(174)
2.排出量取引制度(174)
3.デポジット・リファンド・システム(175)
掘ヾ超法の経済学176
第20章 情報・自主的規制179
機ヾ超規制の課題179
供仝什澆遼\度180
1.政策上の位置づけ(180)  2.情報的手法(181)
3.自主的取組手法(184)
掘,わりに186
第21章 環境権189
機 峇超権」の課題189
供仝什澆遼\度について190
掘,泙箸198
第22章 損害賠償201
機ヾ超民事訴訟の課題201
供仝什澆遼\度202
1.故意・過失(202)  2.権利侵害(204)
3.因果関係(205)  4.共同不法行為(207)
掘,わりに208
第23章 差止請求211
機〆校濱禅瓩硫歛211
供仝什澆遼\度212
掘,泙箸216
第24章 ADR219
機)島産廃不法投棄事件219
供仝害紛争処理制度220
1.公害紛争処理機関(220)  2.対象事件(221)
3.解決手段(222)  4.利用実績(223)
5.事件処理の特色(223)
掘〆8紊硫歛225
第25章 原子力227
機仝胸厠牢愀庫,料按227
1.環境基本法(227)  2.環境影響評価法(228)
供仝胸厠牢愀庫,慮従229
1.原子力基本法(229)
2.核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律
  (原子炉等規制法)(230)
3.原子力損害の賠償に関する法律(原賠法)(231)
掘仝胸厠呂亡悗垢觜埓機関(規制機関)232
1.原子力安全・保安院(232)
2.原子力委員会、原子力安全委員会(233)
3.環境省(235)
第26章 CSR237
機CSRとは何か237
供々餾歇匆颪砲けるCSRの動向238
1.アメリカのCSR(238)  2.ヨーロッパのCSR(240)
3.日本のCSR(241)
掘CSRの推進242
第27章 アメリカの環境問題と法体系245
機ヾ超訴訟大国245
供ヾ超法の生成と展開247
1.環境の10年の幕開け(247)  2.主要な連邦環境法(248)
3.「使われる」環境法の仕組み(250)
掘,わりに251
第28章 EUの環境法政策255
機ヾ超保全に果たすEUの役割255
供EU環境法政策の概要256
1.EU環境法政策の発展経緯(256)
2.EU環境法政策の法的根拠(257)
3.環境行動計画(EAP)の概要(259)
4.EU環境法の体系(260)
掘,わりに266
第29章 中国の環境問題と法体系267
機|羚颪隆超法267
供仝什澆遼\度268
1.環境汚染防止関係法(268)  2.自然資源保護関係法(271)
3.被害者救済に関する法制度(278)
掘〆8紊硫歛280

索引283


コラム Т超庁の設置8
コラム◆道路整備はCO2を減らすか!?32
コラム:環境省の1年40
コラムぁЬ覯篠は最先端の環境都市!?61
コラムァД咼トープについて73
コラムΑА屮灰皀鵐困糧畄燹廚糧畄84
コラムА日本から流出している「外来生物」93
コラム─Ю己多様性基本法の成立94
コラム:戦略的環境アセスメントの導入について104
コラム:おから事件111
コラム:拡大生産者責任とは112
コラム:大気汚染の改善状況119
コラム:土壌汚染ビジネス136
コラム:かおり風景百選154
コラム:感覚環境161
コラム亜地盤沈下と地下水位低下161
コラム院У制的手法の種類170
コラム押EUにおける域内排出量取引制度について178
コラム魁Т超報告ガイドライン187
コラム粥Ч餡颪砲ける環境権をめぐる議論199
コラム〓:公害健康被害補償制度の仕組み209
コラム〓:公害防止計画制度216
コラム〓:ステークホルダーはどこにいる。244
#UD(種別1)#UI(先頭,文章内データ1)




プライバシーポリシー | お問い合わせ