ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 中止犯の理論的構造

中止犯の理論的構造
野澤 充 著
中止犯の理論的構造
発 行2012年2月20日
税込定価9,900円(本体9,000円)
判 型A5版上製
ページ数558頁
ISBN978-4-7923-1933-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次

 はしがき
 初出一覧

序論
第1章 中止犯の歴史研究の意義その1――制度の存在由来―― …………………………3
第2章 中止犯の歴史研究の意義その2――日本における議論の混乱の整理―― ………8

第1部 日本における中止犯論の歴史的展開
第1章 明治13年刑法典と明治40年刑法典の中止規定……………………………………21
第2章 明治13年刑法典の中止規定…………………………………………………………24
 第1節 明治13年刑法典制定までの経緯…………………………………………………24
 第2節 明治13年刑法典の規定に関する学説と判例……………………………………33
第3章 明治40年刑法典の中止規定…………………………………………………………58
 第1節 明治40年刑法典制定までの経緯…………………………………………………58
 第2節 明治40年刑法典制定以後の状況…………………………………………………68
第4章 日本における中止犯論のまとめ……………………………………………………174
 第1節 日本における中止犯論の歴史的特徴……………………………………………174
 第2節 日本における中止犯論の展望…………………………………………………… 178

第2部 ドイツにおける中止犯論の歴史的展開
第1章 ローマ古代法時代から中世期に至るまで…………………………………………187
 第1節 ローマ刑法およびゲルマン刑法…………………………………………………187
 第2節 フランク時代以降…………………………………………………………………192
 第3節 中世中期以降………………………………………………………………………194
 第4節 まとめ………………………………………………………………………………199
第2章 継受法時代以降、16世紀から18世紀まで…………………………………………201
第3章 19世紀、ライヒ刑法典制定まで(領邦国家法時代) ……………………………210
 第1節 バイエルンとヴュルテンベルク――南ドイツの変転―― ……………………210
 第2節 ヘッセン――限定主観説の固持―― ……………………………………………237
 第3節 ザクセン、ハノーファー、バーデン――未終了未遂への限定―― ……………248
 第4節 ドイツ領邦国家における一般的な傾向…………………………………………263
 第5節 プロイセン――フランス型の未遂犯形式の採用―― …………………………267
 第6節 ライヒ刑法典制定まで……………………………………………………………293
第4章 ライヒ刑法典制定以後………………………………………………………………308
 第1節 第2次世界大戦までの議論動向…………………………………………………308
 第2節 刑法改正草案の変遷………………………………………………………………320
 第3節 第2次世界大戦後の判例の動向…………………………………………………342

結論
第1章 ドイツにおける中止犯論の展開のまとめ…………………………………………353
第2章 日本における中止犯論の展開のまとめ……………………………………………367
第3章 今後の日本の中止犯論のあるべき方向……………………………………………373
 第1節 「中止犯の根拠論」の意義………………………………………………………373
 第2節 「法律説」の法的効果の正確な理解……………………………………………375
 第3節 「刑事政策説」の定義内容の正確な理解………………………………………390
 第4節 「中止犯の根拠論」と「中止犯の法的性格論(体系的位置づけ論)」の
  分離…………………………………………………………………………………………397
 第5節 あるべき中止犯論の議論形式……………………………………………………402

補論 予備罪の中止について予備罪に対する中止犯規定の類推適用の可否
第1章 はじめに………………………………………………………………………………409
第2章 日本における学説および判例の概観………………………………………………410
 第1節 学説および判例……………………………………………………………………410
 第2節 学説の問題点………………………………………………………………………413
第3章 ドイツにおける考え方………………………………………………………………433
 第1節 ドイツにおける学説………………………………………………………………433
 第2節 ドイツにおける判例………………………………………………………………440
第4章 結論……………………………………………………………………………………450
 
おわりに――立法論のための指針―― ………………………………………………………454
 
参考資料1 日本の刑法典・刑法草案における中止犯規定の変遷……………………459
 参考資料2 ドイツ・フランスの刑法典・刑法草案における未遂犯・中止犯規定の
  参考条文対訳集……………………………………………………………………………466
 参考資料3 中止犯関連日本語文献一覧…………………………………………………510
 参考資料4 中止犯関連ドイツ語文献一覧………………………………………………524
 参考資料5 中止犯関連日本判例一覧……………………………………………………538




プライバシーポリシー | お問い合わせ