ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 21世紀刑法学への挑戦

早稲田大学比較法研究所叢書 39
21世紀刑法学への挑戦
グローバル化情報社会とリスク社会の中で
ウルリッヒ・ズィーバー  甲斐克則/田口守一 著
21世紀刑法学への挑戦
発 行2012年3月10日
税込定価4,714円(本体4,286円)
判 型A5版上製
ページ数570頁
ISBN978-4-7923-3290-7
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
目次
 
 日本語版へのはしがき…………………………………………………………………………i
 
第吃堯|羶甘な研究の問題への導入:フライブルクのマックス・
  プランク外国・国際刑法研究所における新たな研究プログラム
 
1 刑法の限界――マックス・プランク外国・国際刑法研究所における
  新たな刑法研究プログラムの基盤とその取組み―― ………………………………… 3
 機―………………………………………………………………………………………… 3
 供ー匆顱と蛤瓠し宰,よび刑事政策の現在の変化:
   世界的なリスク社会における刑法のカテゴリー的取組みについて……………… 5
  A グローバル化,国境を越える犯罪,および刑法の適用領域の限界…………… 6
  B 新たなリスク,複雑な犯罪,そして刑法の機能的限界………………………… 20
  C 結論と研究の重点課題……………………………………………………………… 58
 掘仝Φ翳法および研究コーディネーション…………………………………………… 59
  A 一般的研究方法……………………………………………………………………… 60
  B 研究プロジェクトの構想およびコーディネイティング………………………… 65
  C マックス・プランク比較刑法国際リサーチスクール…………………………… 77
 検〃觚譟帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 78
 
第局堯.哀蹇璽丱覯修猟戦
 
2 ヨーロッパ刑法の将来
  ――ヨーロッパ刑法体系の目標とそのモデルに関する新たなアプローチ―― …… 85
 機.茵璽蹈奪儼宰,量槁検帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 87
  A 安全の保障に関する特別な目標設定……………………………………………… 87
  B 自由の保障における特別な目標設定……………………………………………… 93
  C 小括…………………………………………………………………………………… 101
 供.茵璽蹈奪儼宰,離皀妊襪搬侶蓮帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 102
  A モデル構築と体系構築……………………………………………………………… 102
  B 協同モデルの評価とその最適化…………………………………………………… 115
  C 超国家的解決モデルの評価とその最適化………………………………………… 132
 掘〃誅世氾庫勝帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 154
  A システム・アプローチの可能性…………………………………………………… 154
  B 解決モデルの評価…………………………………………………………………… 155
  C 混合モデルの潜在的可能性とヨーロッパ刑法の将来…………………………… 156
 
3 刑法の調和化の背後にある力………………………………………………………… 159
 機―………………………………………………………………………………………… 159
  A 調和化の様々な程度………………………………………………………………… 159
  B 領域主権の基本的な影響…………………………………………………………… 160
  C グローバル化の影響………………………………………………………………… 162
 供…艦族修鯊タ覆垢詢蓮帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 163
  A 共通の法的立場……………………………………………………………………… 163
  B 国境を越える犯罪を訴追することに対する国際的な安全性の利益…………… 169
  C 国際的な法政策の発展における新旧両アクターの影響と利益………………… 172
  D 刑法の接近に関する新たな法的文書……………………………………………… 187
 掘〃觚譟帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 194
  A 調和化への一般的な傾向…………………………………………………………… 194
  B 様々な犯罪領域における相違……………………………………………………… 194
  C 相違の理由…………………………………………………………………………… 195
  D 帰結:グローバル社会における刑法の断片性,複雑性,および衝突………… 197
 
4 変わりゆく比較刑法
  ――比較刑法学の任務,方法および理論的アプローチ――………………………… 201
 機―………………………………………………………………………………………… 201
 供“羈啖宰,琉貳姪意義の増大………………………………………………………… 204
  A 諸外国の刑法秩序との接点………………………………………………………… 205
  B 普遍的な人権および価値の保護…………………………………………………… 206
  C 国境を越える刑事訴追と刑法の調和化…………………………………………… 211
  D 刑法統一の新たな手段……………………………………………………………… 212
  E 全体的発展と帰結…………………………………………………………………… 217
 掘“羈啖宰,稜ぬ魁帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 222
  A 基盤研究……………………………………………………………………………… 222
  B 法政策………………………………………………………………………………… 223
  C 法の適用……………………………………………………………………………… 229
  D 小括および帰結……………………………………………………………………… 241
 検“羈啖宰,諒法………………………………………………………………………… 243
  A 普遍的な比較刑法…………………………………………………………………… 244
  B 機能的比較刑法……………………………………………………………………… 245
  C 体系的比較刑法……………………………………………………………………… 247
  D 構造比較……………………………………………………………………………… 250
  E 事例に基づいた比較刑法…………………………………………………………… 252
  F 価値比較的および評価的比較刑法………………………………………………… 253
  G コンピュータを用いた比較刑法…………………………………………………… 259
 后ゝ結,将来的展望および理論的アプローチ………………………………………… 261
  A 中心的研究対象としての比較刑法………………………………………………… 261
  B 比較刑法という理論への途………………………………………………………… 263
  C 普遍的刑法学への途………………………………………………………………… 266
 
第敬堯.螢好社会の挑戦
 
5 テロによる暴力の前段階における危殆化犯の正統性と限界
  ――「国家を危うくする重大な暴力行為の準備を訴追するための法律草案」
  における前置構成要件の分析―― ………………………………………………………271
 機―………………………………………………………………………………………… 271
 供〆拠と帰結……………………………………………………………………………… 278
 掘〜隶堂正の必要性……………………………………………………………………… 299
 検〃觚譟帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 306
 
6 企業刑法におけるコンプライアンス・プログラム
  ――経済犯の統制のための新構想――………………………………………………… 309
 機―………………………………………………………………………………………… 309
 供)‥現実におけるコンプライアンス・プログラム………………………………… 312
 掘仝醜坿覿鳩宰,砲けるコンプライアンス・プログラム…………………………… 329
 検.灰鵐廛薀ぅ▲鵐后Ε廛蹈哀薀爐犯蛤疝祝鼻帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 342
 后〃觚譟帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 355
 
7 リヒテンシュタイン事件における捜査――問題点と一次的回答――……………… 359
 機―………………………………………………………………………………………… 359
 供]∨情報局による一次的情報とデータの見本の取得……………………………… 360
 掘]∨情報局から収税官署への一次的情報の転送…………………………………… 363
 検ー税官署によるDVDの購入………………………………………………………… 367
 后 DVD取得の際の連邦情報局による官署の援助…………………………………… 374
 此〜躋腓よび証拠利用に対する帰結…………………………………………………… 375
 
第孤堯‐霾鷦匆颪猟戦
8 グローバルなサイバースペースにおける複雑性の統御:
  コンピュータ関連刑法の調和化………………………………………………………… 381
 序……………………………………………………………………………………………… 381
 機/靴燭紛式劼諒雑性…………………………………………………………………… 383
  A 歴史的発展…………………………………………………………………………… 383
  B 定義…………………………………………………………………………………… 385
  C サイバー犯罪の特徴………………………………………………………………… 387
  D サイバー犯罪と伝統的な刑法システムとの間の緊張…………………………… 390
  E 結語:刑法システムに対する複雑かつグローバルな改正の課題……………… 392
 供)‥調和化のプロセス………………………………………………………………… 394
  A 刑事実体法…………………………………………………………………………… 394
  B 刑事手続……………………………………………………………………………… 419
  C 国際協同に関する法………………………………………………………………… 427
  D 裁判管轄権に関する問題…………………………………………………………… 432
  E 自主規制と共同規制………………………………………………………………… 435
  F 中間所見……………………………………………………………………………… 437
 掘〃宰,旅餾歸な調和化に関する理論への帰結……………………………………… 438
  A 変革の主体…………………………………………………………………………… 439
  B 変化を推進する力…………………………………………………………………… 443
  C 調和化のプロセス…………………………………………………………………… 452
  D 様々な規定の間で起こりうる規範的衝突………………………………………… 459
  E 国境を越える協同および調和化の適用モデル…………………………………… 465
 検‐来の評価およびパースペクティブ………………………………………………… 469
 
9 インターネットにおける児童ポルノ遮断義務
  ――2009年5月5日の法案(BT-Drucks.16╱2850)の評価と展開―― ……… 473
 機,呂犬瓩法帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 473
 供)^討膨莠┐気譴寝魴茱▲廛蹇璽舛諒析…………………………………………… 478
 掘〜躋臈評価および結論………………………………………………………………… 495
 
10 現代情報技術の条件下における医師・患者間の秘密の刑法上の保護……………… 503
 機―:医事法と情報法の交錯点………………………………………………………… 503
 供〃宰203条の領域におけるデータ転送の可能性…………………………………… 508
 掘〃觚譟帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖 541
 
監訳者あとがき………………………………………………………………………………… 547__




プライバシーポリシー | お問い合わせ