ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ドイツ環境法

早稲田大学比較法研究所叢書 38
ドイツ環境法
ハンス=ヨアヒム・コッホ 編 岡田正則 監訳
ドイツ環境法
発 行2012年3月20日
税込定価4,525円(本体4,190円)
判 型A5版上製
ページ数448頁
ISBN978-4-7923-3293-8
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
目次
  
はしがき――日本語版・序文――
 
序文
 
第1章 国際環境法マ………………………… ティアス・ブック╱ローダ・フェアハイエン
 第1節 序………………………………………………………………………………………1
  機々餾殍,砲茲覺超保護――国際環境問題,問題の構造,規律上の課題…………2
  供々餾欖超法の発展過程…………………………………………………………………3
  掘_そK,よび国内法における国際法の効果…………………………………………7
 第2節 国際環境法における法源および法の定立…………………………………………11
  機‐鯡麕 帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖11
  供ヾ圭国際法………………………………………………………………………………13
  掘 團愁侫函Ε蹇次奸帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖15
 第3節 現行の国際環境法の基本構造………………………………………………………16
  機ヾ圭国際法の環境関連規範……………………………………………………………16
  供ヾ超保護にとって重要な慣習法の生成………………………………………………19
  掘ヾ超条約法における規律のアプローチ――主要な協定を例として………………20
 第4節 法の実施………………………………………………………………………………36
  機〕行支援…………………………………………………………………………………36
  供〕行の管理………………………………………………………………………………38
  掘―綣藜蠡魁帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖39
  検’綵責任法および国家責任……………………………………………………………40
  后(響莢魴茵宗醜餾欹枷輯紐躙◆帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖41
 第5節 発展の展望……………………………………………………………………………44
 
第2章 欧州および国内の環境憲法………………………………………ヨハネス・カスパー
 第1節 はじめに………………………………………………………………………………47
 第2節 欧州における環境問題………………………………………………………………48
 第3節 欧州の環境憲法………………………………………………………………………49
  機EUの目標規定としての環境保護…………………………………………………49
  供EC条約における環境概念について…………………………………………………53
  掘ゞζ餌里隆超政策の法的根拠とその区別……………………………………………55
  検ゞζ餌里砲ける環境政策の主要目標・主要原則の詳細……………………………59
  后々馥盍超法に対する準則としてのEC環境憲法……………………………………63
  此ゞζ餌隆超法の法源……………………………………………………………………63
  察ー由権と環境憲法との関係について…………………………………………………69
  次‥庫勝宗 EUの拡大と環境保護……………………………………………………71
 第4節 国内の環境憲法………………………………………………………………………72
  機,呂犬瓩法帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖72
  供ヾ靄榾20a条による国家目標としての環境保護……………………………………74
  掘ヾ超保護と基本権………………………………………………………………………81
 第5節 まとめ…………………………………………………………………………………87
 
第3章 環境行政法総論……………………………………………ウルリッヒ・ラムザウアー
 第1節 環境法の構成要素としての環境行政法総論………………………………………89
  機ヾ超法の環境概念………………………………………………………………………89
  供ヾ超行政法の課題と目標………………………………………………………………91
  掘ヾ超行政法の体系化……………………………………………………………………93
  検ヾ超法分野での立法……………………………………………………………………95
 第2節 環境行政法の基本原則………………………………………………………………97
  機ヾ超法における指導的原則の機能……………………………………………………98
  供(欷邯饗Г隼前配慮原則………………………………………………………………99
  掘―衢者原則,原因者負担原則,共同負担原則……………………………………102
  検ヾ篤沈嫻じ饗Г閥働原則……………………………………………………………105
  后〇続的発展原則………………………………………………………………………107
  此’淆諒霧鎚無制原則と統合原則……………………………………………………110
 第3節 環境行政法の手法…………………………………………………………………112
  機ヾ超行政法における実効的な制御…………………………………………………112
  供〃弉菲‥手法…………………………………………………………………………116
  掘ゝ制的手法……………………………………………………………………………124
  検ヾ崟榲制御手法………………………………………………………………………131
  后ゞ働的手法……………………………………………………………………………143
  此々埓私法的手法………………………………………………………………………148
 第4節 環境行政の組織……………………………………………………………………151
  機〃法上の根拠…………………………………………………………………………151
  供ヾ超行政の展開………………………………………………………………………154
  掘]∨レベルでの環境行政……………………………………………………………156
  検―レベルでの環境行政………………………………………………………………158
  后〇堋村レベルでの環境行政…………………………………………………………160
  此‖審層システムにおける環境行政…………………………………………………162
 第5節 環境行政法における権利保護……………………………………………………164
  機〜輜澄帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖164
  供〔尚舷佑砲茲訌幣戞帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖166
  掘〃弉莎範に対する権利保護…………………………………………………………168
  検[擔佑修梁召梁荵絢圓砲茲訌幣戞帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖171
  后’Ь擺超団体による訴訟……………………………………………………………177
 
第4章 イミシオン防止法…………………………………………ハンス=ヨアヒム・コッホ
 第1節 問題の現状…………………………………………………………………………183
  機,呂犬瓩法帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖183
  供‖腟け染………………………………………………………………………………184
  掘〜音……………………………………………………………………………………187
 第2節 国内のイミシオン防止に関する国際法および欧州法の準則…………………189
  機々餾殍,僚狢А帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖189
  供.茵璽蹈奪冕,僚狢А帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖192
 第3節 憲法的側面…………………………………………………………………………201
  機ヾ靄楔∧欷邉遡魁帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖201
  供々颪稜ぬ海箸靴討痢峇超保護」(基本法20a条) …………………………………202
  掘ヾ超保護のための立法権限…………………………………………………………203
 第4節 連邦イミシオン防止法の法的規制プログラム…………………………………203
  機ヽ鬼僉帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖203
  供]∨イミシオン防止法の個別規制領域……………………………………………207
 第5節 連邦イミシオン防止法に基づく工業施設の許認可と監督……………………213
  機ゝ認可を要する施設…………………………………………………………………213
  供]∨イミシオン防止法6条・5条・3条の定める許認可要件…………………215
  掘ヾ超影響評価を要する許認可手続…………………………………………………255
  検ゝ認可の形式と効果…………………………………………………………………262
  后ゝ認可を要する施設・設備に対する監督…………………………………………265
  此仝⇒保護………………………………………………………………………………270
 第6節 許認可を必要としない施設についての法制……………………………………274
  機]∨イミシオン防止法上の事業者の義務…………………………………………274
  供…媛壇な命令…………………………………………………………………………279
  掘仝⇒保護………………………………………………………………………………280
 
第5章 循環型経済・廃棄物法……………マルティン・ディークマン╱モリッツ・レーゼ
 第1節 汚染の状況,廃棄物による環境リスクおよび規制の必要性…………………283
  機ヾ超問題としての廃棄物……………………………………………………………283
  供_麋髻帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖284
  掘(質的再生……………………………………………………………………………285
  検.┘優襯ー的再生および処分のための焼却処理…………………………………285
  后)篶て…………………………………………………………………………………286
  此_麋髻ず得犬よび処分のエコロジーの観点からの順位づけ……………………287
  察ゝじ保全に対する廃棄物経済の寄与………………………………………………288
 第2節 国際法上およびEU法上の準則…………………………………………………288
 第3節 憲法上の側面………………………………………………………………………289
 第4節 廃棄物法の発展および現状の概説………………………………………………291
  機“展……………………………………………………………………………………291
  供仝醜塰,粒詰廖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖293
 第5節 循環型経済・廃棄物法の規律体系………………………………………………294
  機ヽ祇癲帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖294
  供―朶跳新从僉η儡物法の適用範囲と基礎概念……………………………………295
  掘―萢義務および処理市場秩序………………………………………………………309
  検’儡物処理施設への要求……………………………………………………………320
  后’儡物の流通規制……………………………………………………………………325
  此―萢企業の規制と自己監視…………………………………………………………328
  察’儡物回避・再生の促進……………………………………………………………331
 第6節 民法および刑法との関係…………………………………………………………338
 第7節 今後の発展と展望…………………………………………………………………339
 
第6章 環境保護の手段としてのエネルギー法規制
  ………………………………………ウルスラ・プラール╱ヴォルフガング・エーヴァー
 第1節 エネルギー生産,エネルギー消費および環境保護……………………………341
  機〔簑蠅慮従……………………………………………………………………………341
  供.┘優襯ー法の規制領域……………………………………………………………343
 第2節 国際法の準則………………………………………………………………………345
  機ゝじ変動枠組条約……………………………………………………………………345
  供ゝ都議定書……………………………………………………………………………346
  掘仝充造凌箘棔帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖347
 第3節 欧州共同体法………………………………………………………………………348
  機‖茖閏_そ6ζ餌遼 帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖348
  供‖茖下_そ6ζ餌遼 帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖348
 第4節 憲法的側面…………………………………………………………………………368
 第5節 国内的な規制プログラム…………………………………………………………370
  機ヽ鬼僉帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖帖370
  供‥杜鷲門………………………………………………………………………………371
  掘|繁蕊門………………………………………………………………………………385
  検’電併給(コ・ジェネレーション) ………………………………………………392
  V エネルギー経済法における環境保護………………………………………………396
 第6節 総括と展望…………………………………………………………………………397
 
訳者解説
索引
執筆者・翻訳者紹介
  
※翻訳について
 本文中の[ ]は訳者による挿入を示す。原著書の注は原則として省略し,判例表示等
の必要な場合に限り,割注または[ ]で挿入した。訳語については,章ごとまたは文
脈に応じて異なるものがあるので,索引を参照していただきたい。




プライバシーポリシー | お問い合わせ