ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 格差原理

新基礎法学叢書
格差原理
亀本 洋 著
格差原理
発 行2012年4月1日
税込定価4,104円(本体3,800円)
判 型A5版上製
ページ数236頁
ISBN978-4-7923-0527-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
 はしがき  i
 新基礎法学叢書刊行のことば  viii
 基礎法学叢書刊行のことば  ix
 元になった論文・著書  xvi
 省略表現等についての注記  xvii
 
第1章 『再説』の意義と位置…………………………………………………………………1
 第1節 『再説』という書物…………………………………………………………………1
  1.『再説』の修正点と『正義論』からの一貫性 1
  2.政治哲学の役割 4
  3.正義の二原理の概要 7
 第2節 政治的リベラリズム…………………………………………………………………8
  4.格差原理は「政治的リベラリズム」の影響をどう受けたか 8
  5.政治的リベラリズムの課題――正義原理の安定性問題 9
  6.公と私の区別 10
  7.政治的構想と包括的教説の区別 11
  8.穏当な多元性の事実、公共的理由、重なり合う合意 12
  9.新旧の安定性問題 14
  10.新旧の公私の区別の間の関係 16
  11.政治的リベラリズムと格差原理の内容の関係 17
  12.ミルのリベラリズムとロールズの政治的リベラリズム 17
  13.「政治的リベラリズム」と暫定協定説 21
  14.一神教と政治的リベラリズム 22
  15.万民の法 24
第2章 格差原理は格差縮小の要求を含むのか………………………………………………25
 第1節 格差原理の何が問題か………………………………………………………………25
  16.格差原理の萌芽 25
  17.正義の二原理 28
  18.社会の基本構造 29
  19.第一原理あるいは平等な自由原理 30
  20.原理間の優先関係 31
  21.格差原理への思い――偶然の影響の排除と平等 34
  22.格差原理の問題圏 34
 第2節 格差原理は何の分配を規制するのか………………………………………………36
  23.基本善 36
  24.各原理の管轄 37
  25.社会的経済的基本善――公正な機会均等原理と格差原理の関係 39
  26.基本善指数 40
  27.機会としての所得 41
  28. 社会階層間比較 43
 第3節 格差原理はどのように分配するのか………………………………………………44
  29.分配曲線OP  44
  30.分配曲線と職種賃金一覧表の対応 48
  31.最低所得最大点と等正義線 51
  32.複数の分配曲線 52
  33.格差原理の平等主義的要素とパレート効率との関係 54
  34.正義と不正義の領域区分 56
 第4節 格差原理と互恵性……………………………………………………………………58
  35.互恵性の条件 58
  36.弱い互恵性と強い互恵性 61
  37.OP 曲線による強い互恵性の解釈 64
  38.OP 曲線をどうやって描くのか 67
  39.互恵性の偏り 68
  40.最低所得最大化の要求、正義・不正義の領域区分、格差縮小要求の関係 72
  41.スキームの意味の変更 74
  42.OP 曲線の解釈の変更の理由――純粋な手続的正義と格差原理との関係 76
 第5節 格差原理と格差縮小の予定調和か…………………………………………………78
  43.最低所得最大点の特定の必要性とその困難さ 78
  44.OP 曲線を使った格差原理への異論とロールズの応答 79
  45.最低所得の最大が水平な直線をなす場合 83
  46.格差原理と格差縮小要求の関係 84
  47.格差原理の最低所得最大化の要求は選択の自由に劣後する 85
第3章 格差原理の正当化………………………………………………………………………87
 第1節 なぜ『再説』に注目するか…………………………………………………………87
  48.政治的リベラリズムと『再説』 87
  49.格差原理の正当化における『再説』の新しさ 89
 第2節 「公正としての正義」の基本的構成要素…………………………………………90
  50.人間観と社会観 90
  51.原初状態 92
  52.秩序だった社会 95
 第3節 正義原理の選択におけるマキシミン・ルールの役割……………………………96
  53.原初状態における正義原理の優劣比較 96
  54.マキシミン・ルール 98
 第4節 第二比較における格差原理の正当化……………………………………………104
  55.互恵性 104
  56.正義原理の安定性 107
  57.コミットメントの緊張 108
  58.格差原理を安定させる力 111
  59.制約付き効用原理の弱点 112
  60.財産私有型民主主義 対 福祉国家的資本主義 116
  61.互恵性の説明におけるジレンマ 118
第4章 格差原理は互恵性の観念を含むのか………………………………………………121
 第1節 分配基準としての格差原理の多義性……………………………………………123
  62.格差原理の両義性 123
  63.OP 曲線による格差原理気寮睫澄124
  64.OP 曲線による格差原理兇寮睫澄127
 第2節 格差原理の両義性への対応………………………………………………………130
  65.格差原理気鉢兇列鴦の放置 130
  66.格差原理気陵ダ茵131
  67.格差縮小要求としての格差原理掘132
  68.格差原理兇陵ダ茵133
  69.格差原理兇鰺ダ茲気擦疹豺腓量簑蠹澄134
 第3節 格差原理と互恵性 再論…………………………………………………………136
  70.互恵性と貢献 136
  71.貢献の方向と大変指数の関係 139
  72.ロールズによる「貢献」の扱い 142
  73.伝統的な「功績」概念との関係 144
 第4節 格差原理と互恵性の結びつけ方…………………………………………………145
  74.原点と比べた相互利益 145
  75.ロールズによる互恵性の説明の難点 147
  76.立場の互換性 149
  77.利他主義的互恵性 150
  78.OP 曲線の解釈の変更と最低労働技能者 151
  79.パレート効率概念からの悪影響 152
  80.立法指針としての格差原理の可能性 154
  81.需要のない仕事がしたい人はどうなるのか 155
第5章 立法指針としての格差原理…………………………………………………………157
 第1節 恵まれた人からの搾取……………………………………………………………158
  82.OP 曲線と格差原理 158
  83.生産曲線としてのOP 曲線 159
  84.総生産の増大がもっぱら恵まれた人の労働に起因するとした場合の
    OP 曲線の解釈 160
  85.恵まれた人からの搾取 162
  86.「功績」概念と格差原理、功利主義 164
 第2節 格差原理にかなったルールを作成するための情報……………………………165
  87.格差原理にかなったルールを作成するために必要な情報 165
  88.能力への課税 165
  89.格差原理にかなったルールを作成するために必要な二種類の情報 166
  90.格差原理は制度の原理ではない 167
  91.集団と貢献、互恵性 168
第6章 OP曲線の意味………………………………………………………………………171
 第1節 『再説』におけるOP曲線の意味………………………………………………172
  92.所得・仕事のペアとしてのOP 曲線上の点 172
  93.スキームとしてのOP 曲線上の点 173
 第2節 無差別曲線と社会的厚生関数……………………………………………………174
  94.無差別曲線 174
  95.社会的厚生関数を表す無差別曲線群 177
  96.格差原理を表す無差別曲線――等正義線 178
  97.『正義論』におけるOP 曲線と等正義線の関係 181
  98.等正義線以外の無差別曲線の例 182
 第3節 パレート効率と格差原理…………………………………………………………185
  99.「全員の利益になる」の効率性原理としての解釈 185
  100.「全員の利益になる」の格差原理としての解釈 188
 第4節  OP曲線はなぜ理解しにくいか…………………………………………………191
  101.OP 曲線の背後にある原因 191
  102.OP 曲線による互恵性の説明――『正義論』と『再説』の視点の違い 193
  103.視点の転換の帰結としてのOP 曲線上の点の意味の転換 195
  104.説得論としての正義の理論 196
  105.格差原理と平等 197
 
ロールズ正義論についての覚書………………………………………………………………199
 互恵性の種別…………………………………………………………………………………199
 ハイエクとロールズ…………………………………………………………………………200
  1.ハイエクによるロールズの評価 200
  2.善い社会についてのハイエクの見方 201
  3.chanceの概念 202
 ノージックとロールズ………………………………………………………………………205
  1.合理的選択理論に向けての正義論の彫琢 205
  2.現実の恵まれた人々に向けた説得 206
 
人名索引…………………………………………………………………………………………209
事項索引…………………………………………………………………………………………211__




プライバシーポリシー | お問い合わせ