ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 理論刑法学の探究

理論刑法学の探究
編集委員 川端 博/浅田和茂/山口 厚/井田 良 
理論刑法学の探究
発 行2012年5月20日
税込定価3,850円(本体3,500円)
判 型A5版上製
ページ数274頁
ISBN978-4-7923-1941-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
はしがき
 
[論文] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
いわゆる過失競合事案における過失認定の在り方について…………………古川伸彦(1)
 機,呂犬瓩法1
 供…称鷏燭硫畆唆ス隋4
 掘(体鷏燭硫畆唆ス隋12
 検|羇崚小括 23
 后_畆叉∪佞鮓続Δ鼎韻訖兄覲僉24
 此〃襪咾紡紊┐董31
 
過失犯論における実行行為性・予見可能性の問題
――日航機ニアミス事件を素材にして――……………………………………曲田 統(33)
 機,呂犬瓩法33
 供_畆哉範世陵輿蝓34
 掘/群畆栽世虜読床繊38
 検_畆困亮孫垤坩拈・予見可能性・因果関係 43
 后,わりに 65
 
大規模医療事故と過失犯論………………………………………………………甲斐克則(67)
 機― 67
 供〔害と過失犯論 68
 掘^緡纏故における「過失の競合」と「管理・監督過失」 92
 検〃觚譟107
 
親族間における保障人的義務の現代的意義…………………………………岩間康夫(109)
 機,呂犬瓩法109
 供/凸度の比較的低い親族間の保障人的義務に関するドイツ判例 112
 掘〃残鏨屬諒歉秧妖義務をめぐるドイツの議論状況 118
 検.ール・ラント裁判所2003年6月2日判決 138
 后仝‘ぁ144
 
保障人的地位について………………………………………………………平山幹子(153)
 機〔簑蠅僚蟶漾153
 供(歉秧妖地位の発生根拠をめぐる議論 158
 掘‖梢佑糧蛤瓩良堊忙澆班垪邂戮砲茲覿θ函171
 検(歉秧妖地位の根拠――排他的支配概念の再構成―― 188
  
不真正不作為犯の制約根拠としての真正不作為犯……………………小名木明宏(203)
 機,呂犬瓩法203
 供”垉濬罪の構成要件 212
 掘/神吃垪邂挌箸班埒神吃垪邂挌箸隆愀検216
 検,わりに 218
 
[書評] ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
承諾論における各論と総論の対話
――佐藤陽子著『被害者の承諾―各論的考察による再構成―』
(成文堂、2011年)を読んで――……………………………………………須之内克彦(219)
 
[外国論文紹介] ――――――――――――――――――――――――――――――――
Michel DANTI-JUAN教授の「緊急避難(Etat de necessite)」……井上宜裕(245)
 
[創刊の辞]
[既刊案内]




プライバシーポリシー | お問い合わせ