ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ニューレクチャー労働法

ニューレクチャー労働法
有田謙司/石橋 洋/唐津 博/古川陽二 編著
ニューレクチャー労働法
発 行2012年7月1日
税込定価3,024円(本体2,800円)
判 型A5版並製
ページ数384頁
ISBN978-4-7923-3301-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
 はしがき
 略語表
 第1編 総説
 
第1章 労働法の歩み……………………………………………………………………………3
 □1 労働法の歴史……………………………………………………………………………3
 □2 近年の動き―規制緩和政策の推進と見直しへ― ……………………………………5
第2章 労働法の理念・規制対象(法分野)と憲法…………………………………………6
 □1 労働法の理念……………………………………………………………………………6
 □2 労働法の規制対象(法分野)―労働法の体系― ……………………………………7
 □3 労働法と憲法規範………………………………………………………………………8
第3章 労働法の規制内容………………………………………………………………………11
 □1 規制の主体………………………………………………………………………………11
 □2 規制の手段・手法(規制的措置)……………………………………………………12
第4章 労働法の規制装置労働条件形成(決定・変更)の法システム………………16
 □1 労働条件形成(決定・変更)の法システムのアウトライン………………………16
 □2 労働条件形成のツール…………………………………………………………………18
第5章 労働法規制の実効性労働紛争解決の法システム……………………………21
 
 第2編 雇用関係法
 
第1章 労働契約の法理…………………………………………………………………………25
第1節 労働契約と就業規則……………………………………………………………………25
 □1 労働契約の意義と特徴…………………………………………………………………26
  1 雇用契約と労働契約(26)  2 労働契約の特質(28)
 □2 労働契約の当事者………………………………………………………………………30
  1 労働者(30)  2 使用者(31)
 □3 労働契約内容の設定と個別的合意・就業規則………………………………………31
  1 個別的合意による決定(32)  2 就業規則による決定(33)
  3 就業規則と労働契約との関係(35)
 □4 労働契約上の権利義務…………………………………………………………………39
  1 労働者と使用者の基本的権利義務関係(39)  2 付随義務(42)
第2節 労働契約の成立と展開…………………………………………………………………46
 □1 労働契約の成立…………………………………………………………………………46
  1 採用の自由とその制限(47)  2 採用内定(49)  3 試用(53)
  4 労働条件の明示(56)  5 労働契約の期間(57)
 □2 労働契約の展開―人事上の諸問題―…………………………………………………58
  1 昇進・昇格、降格(58)  2 配転・出向・転籍(61)  3 休職(68)
第3節 労働条件の変更…………………………………………………………………………70
 □1 労働条件の変更問題……………………………………………………………………71
 □2 労働契約による労働条件の変更………………………………………………………72
  1 合意による変更(72)  2 労働条件の変更と雇用関係の継続(72)
 □3 就業規則による労働条件の変更………………………………………………………73
  1 就業規則の法的効力と就業規則の変更(73)
  2 就業規則の不利益変更についての合意(74)
第4節 労働契約の終了…………………………………………………………………………76
 □1 労働契約の終了規制の意義……………………………………………………………76
 □2 解雇の規制………………………………………………………………………………77
  1 解雇の定義とその種類(77)  2 解雇権濫用法理(77)
  3 法令による規制(78)  4 労働協約及び就業規則による規制(81)
  5 解雇権濫用法理による規制(82)  6 解雇の救済(84)
 □3 合意された事由に基づく雇用終了……………………………………………………85
  1 定年年齢到達(86)  2 休職期間満了(87)
 □4 有期労働契約の期間満了………………………………………………………………88
  1 雇用保障・人身拘束的機能(88)  2 自動終了機能(88)
 □5 辞職と合意解約…………………………………………………………………………89
  1 辞職と合意解約の違い(89)  2 意思表示の瑕疵(90)
  3 退職強要(90)
 □6 雇用終了後の法律関係…………………………………………………………………91
  1 再就職活動のための証明書(91)  2 退職事由の証明(92)
  3 ブラックリストなど(92)  4 金品返還等(92)
  5 社宅の使用関係(93)
第5節 懲 戒……………………………………………………………………………………93
 □1 懲戒権の法的根拠と限界………………………………………………………………94
  1 懲戒権の法的根拠(94)  2 判例の企業秩序論と懲戒(95)
  3 懲戒権の限界(96)
 □2 懲戒の種類………………………………………………………………………………97
  1 戒告、譴責(97)  2 減給(98)  3 出勤停止(98)
  4 諭旨解雇(99)  5 懲戒解雇(99)
 □3 懲戒の事由……………………………………………………………………………100
  1 業務命令違反(100)  2 職務怠慢(100)
  3 職場規律と政治活動(101)  4 経歴詐称(102)
  5 兼業(二重就職)(102)  6 企業の社会的信用・名誉の毀損(102)
第6節 労働契約と企業組織の変動…………………………………………………………104
 □1 合併……………………………………………………………………………………105
 □2 会社分割………………………………………………………………………………105
 □3 事業譲渡………………………………………………………………………………108
第2章 労働条件の最低基準保障……………………………………………………………110
第1節 賃金……………………………………………………………………………………110
 □1 賃金の意義……………………………………………………………………………110
  1 賃金と法規制(110)  2 賃金体系(110)  3 賃金の定義(111)
 □2 労働契約と賃金………………………………………………………………………112
  1 賃金請求権(112)  2 履行不能と賃金請求権(115)  3 賞与(117)
  4 退職金(118)  5 企業年金(119)
 □3 法律による賃金規制…………………………………………………………………120
  1 最低賃金制度(120)  2 賃金支払いの4原則(121)
  3 非常時払い(123)  4 出来高払制の保障(124)
  5 平均賃金(124)  6 賃金債権の保護(124)
 □4 賃金制度をめぐる新たな動向………………………………………………………126
  1 成果主義(126)  2 年俸制(127)
第2節 労働時間………………………………………………………………………………128
 □1 労働時間規制の原則と趣旨…………………………………………………………128
 □2 労働時間の概念………………………………………………………………………129
  1 労働時間概念の整理(129)
  2 労基法上の労働時間の概念とその範囲(130)
 □3 休憩時間と休日………………………………………………………………………132
  1 休憩時間(132)  2 休日(133)
 □4 時間外・休日労働……………………………………………………………………134
  1 非常事由または公務のための臨時の必要性による時間外・休日労働(134)
  2 労基法36条の協定による時間外・休日労働(135)  3 割増賃金(137)
 □5 労働時間規制の柔軟化………………………………………………………………139
  1 変形労働時間制(139)  2 フレックスタイム制(142)
  3 事業場外労働のみなし制(143)  4 裁量労働制(144)
 □6 労働時間・休憩・休日原則の適用除外……………………………………………146
  1 管理・監督の地位にある者または機密の事務を取り扱う者(146)
  2 監視・断続的労働に従事する者(147)
 □7 労働時間規制の実効性確保…………………………………………………………148
 □8 労働時間規制の課題…………………………………………………………………149
第3節 休暇・休業……………………………………………………………………………150
 □1 休暇・休業の意義……………………………………………………………………150
  1 休暇・休業(150)  2  休暇の類型(151)  3 政策的課題(152)
 □2 年次有給休暇…………………………………………………………………………152
  1 年休制度の意義(152)  2 年休権の成立と法的効果(153)
  3 時季変更権(156)  4 計画年休(158)  5 年休の利用目的(158)
  6 年休の繰り越し・買い上げ(159)
  7 年休取得を理由とする不利益取扱い(160)
 □3 育児介護休業…………………………………………………………………………160
  1 制度の背景(160)  2 休業・休暇に関する措置(161)
  3 勤務時間の短縮等の措置(163)
  4 所定外労働・時間外労働・深夜業の制限(164)
  5 労働者の配置に関する配慮(164)  6 実効性を確保する措置(165)
第4節 妊産婦等・年少者の保護……………………………………………………………165
 □1 母性・女性保護制度…………………………………………………………………165
  1 母性保護と女性保護(165)  2 母性保護制度(166)
  3 女性保護制度(167)
 □2 年少者保護制度………………………………………………………………………168
  1 労働の最低年齢(168)  2 未成年者の保護(168)
  3 年少者の保護(169)
第3章 安全・健康の確保等と労災補償……………………………………………………171
第1節 労働災害と職場の安全衛生…………………………………………………………171
 □1 労働者の安全衛生に関する規制……………………………………………………171
 □2 労働安全衛生法の概要………………………………………………………………172
  1 安全衛生管理体制の整備(172)
  2 健康障害の防止・健康保持等のための措置(173)
第2節 労働災害の補償………………………………………………………………………175
 □1 労働災害と労災保険制度……………………………………………………………175
 □2 業務上の負傷・死亡…………………………………………………………………176
 □3 業務上の疾病…………………………………………………………………………177
 □4 過労死・過労自殺と労災認定………………………………………………………178
  1 過労死(178)  2 過労自殺(179)
 □5 通勤災害保護制度……………………………………………………………………180
 □6 労災給付の内容………………………………………………………………………182
第3節 労働災害と安全配慮義務……………………………………………………………184
第4章 労働者の人権保障と雇用差別の禁止………………………………………………187
第1節 労働者の自由と人格の保障…………………………………………………………187
 □1 強制労働の禁止………………………………………………………………………187
 □2 賠償予定の禁止………………………………………………………………………187
 □3 前借金相殺の禁止……………………………………………………………………187
 □4 強制貯金の禁止………………………………………………………………………188
 □5 中間搾取の排除………………………………………………………………………189
 □6 公民権行使の保障……………………………………………………………………189
第2節 労基法上の差別禁止…………………………………………………………………190
 □1 均等待遇の原則………………………………………………………………………190
 □2 男女同一賃金の原則…………………………………………………………………192
第3節 男女雇用機会均等法と性差別の禁止………………………………………………196
 □1 男女雇用機会均等法の制定と改正…………………………………………………196
 □2 男女雇用機会均等法の規制対象……………………………………………………197
  1 募集・採用(197)  2 労働契約の展開(198)
  3 労働契約の終了(199)
 □3 コース別雇用管理制…………………………………………………………………200
 □4 ポジティブ・アクション……………………………………………………………201
 □5 セクシュアル・ハラスメント………………………………………………………201
 □6 間接差別………………………………………………………………………………203
第4節 パート労働者の差別禁止……………………………………………………………204
 □1 パート労働法の制定と改正…………………………………………………………204
 □2 パート労働法の規制対象……………………………………………………………205
  1 パートタイム労働者の定義(205)
  2 パートタイム労働者の労働条件規制(206)
  3 通常労働者への転換(207)
 □3 パート労働者の差別的取扱い禁止と均衡考慮……………………………………207
  1 差別的取扱い禁止―通常の労働者と同視すべきパート労働者(207)
  2 パート労働者の均衡処遇(208)
 
 第3編 労使関係法
 
第1章 労働組合と労働条件形成の法理……………………………………………………211
第1節 労働組合………………………………………………………………………………211
 □1 労働組合の機能と法的意義…………………………………………………………211
  1 労働組合の法的基盤と機能(211)  2 「労働組合」の定義(212)
  3 労働組合の労組法適合性(資格審査)(213)
 □2 労働組合の運営………………………………………………………………………214
  1 加入・脱退(214)  2 組合員の権利と義務(214)
 □3 労働組合の内部統制…………………………………………………………………216
  1 組合自治と内部統制・統制権(216)
  2 統制処分の内容と統制権の限界(217)
 □4 労働組合の組織強制(ショップ制) ………………………………………………218
  1 組織強制の意義と種類(218)  2 ユ・シ協定の法的効力(219)
第2節 団体交渉と労働協約…………………………………………………………………220
 □1 団体交渉の権利と団体交渉…………………………………………………………220
  1 労働基本権と団体交渉権の意義・性質(220)
  2 団体交渉の当事者・担当者(221)  3 団体交渉事項(222)
  4 団体交渉と誠実交渉義務(223)
 □2 団体交渉の拒否に対する法的救済…………………………………………………224
  1 労働委員会による行政救済(行政委員会による救済)(224)
  2 裁判所による司法救済(裁判所による救済)(224)
 □3 団体交渉と労使協議…………………………………………………………………225
 □4 労働協約の意義と制度………………………………………………………………226
  1 労働協約の意義と法的性質(226)  2 労組法上の労働協約(226)
 □5 労働協約の規範的効力………………………………………………………………227
  1 労働協約の規範的部分と債務的部分(227)  2 労働協約と労働契約(228)
 □6 労働協約の一般的拘束力(拡張適用) ……………………………………………230
 □7 労働協約による労働条件の不利益変更……………………………………………231
  1 労働協約による労働条件不利益変更の法的効力論の意義(231)
  2 組合員の労働条件の変更(232)  3 非組合員の労働条件の変更(232)
第3節 組合活動と争議行為…………………………………………………………………234
 □1 団体行動としての組合活動と争議行為……………………………………………234
  1 組合活動と争議行為の意義(234)
  2 団体行動(組合活動と争議行為)の法的保護(234)
  3 組合活動と争議行為の区別(236)
 □2 組合活動の正当性……………………………………………………………………236
  1 主体および目的からみた正当性(236)  2 態様からみた正当性(237)
 □3 争議行為………………………………………………………………………………240
  1 争議行為の正当性(240)  2 正当性を欠く争議行為の責任(246)
  3 争議行為と賃金(248)  4 使用者の争議行為(250)
第4節 労使自治と従業員代表制……………………………………………………………252
 □1 総説……………………………………………………………………………………252
 □2 現行の過半数代表制・労使委員会…………………………………………………254
  1 過半数代表制(254)  2 労使委員会(255)
 □3 従業員代表の制度化をめぐる議論と課題…………………………………………256
  1 従業員代表の制度化をめぐる賛成論と反対論(256)  2 課題(256)
第2章 不当労働行為…………………………………………………………………………258
第1節 団結権保障と不当労働行為…………………………………………………………258
 □1 使用者の団結侵害行為に対する法規制のあり方…………………………………258
 □2 不当労働行為制度の位置づけ………………………………………………………259
第2節 不当労働行為の主体…………………………………………………………………260
 □1 「使用者」の意義……………………………………………………………………260
 □2 管理職等の行為と使用者責任………………………………………………………261
 □3 「使用者」の外延……………………………………………………………………261
  1 外部労働者の利用と使用者(261)  2 支配会社と使用者(262)
  3 過去または将来の使用者(262)
第3節 不当労働行為意思……………………………………………………………………263
 □1 不利益取扱いと不当労働行為意思…………………………………………………263
 □2 動機(原因)の競合…………………………………………………………………263
 □3 支配介入と不当労働行為意思………………………………………………………264
第4節 不当労働行為の諸類型………………………………………………………………265
 □1 不利益取扱い…………………………………………………………………………265
  1 不利益取扱いの要件(265)  2 差別理由(265)
  3 不当労働行為意思(266)  4 不利益性(266)
  5 黄犬契約の禁止(267)
 □2 団体交渉拒否…………………………………………………………………………268
 □3 支配介入………………………………………………………………………………268
  1 不当労働行為意思(269)  2 支配介入の態様と特徴(269)
  3 経費援助(270)
 □4 不当労働行為の救済―司法救済と行政救済の相違― ……………………………271
 
 第4編 雇用保障法
 
第1章 雇用保障法の意義……………………………………………………………………275
第1節 労働権と雇用保障法…………………………………………………………………275
第2節 労働市場と雇用保障法………………………………………………………………276
第2章 一般雇用保障法………………………………………………………………………278
第1節 雇用政策の基本法……………………………………………………………………278
 □1 雇用政策の基本法としての雇用対策法……………………………………………278
 □2 国の総合的施策………………………………………………………………………279
 □3 事業主の責務…………………………………………………………………………279
第2節 職業紹介等のマッチングの法………………………………………………………280
 □1 職業安定法と職業紹介等のマッチングの意義……………………………………280
 □2 一般原則………………………………………………………………………………281
 □3 労働者の募集…………………………………………………………………………282
  1 文書募集・直接募集(282)  2 委託募集(283)
 □4 職業紹介………………………………………………………………………………283
  1 公共職業安定所と職業紹介事業者(283)  2 職業紹介の一般原則(284)
  3 公共職業安定所が行う職業紹介(284)  4 有料職業紹介(285)
  5 無料職業紹介(286)
 □5 労働者供給……………………………………………………………………………286
第3節 就職促進の法…………………………………………………………………………287
 □1 意義……………………………………………………………………………………287
 □2 職業指導………………………………………………………………………………287
 □3 職業訓練・職業能力開発……………………………………………………………288
  1 意義(288)  2 事業主等が行う職業能力開発促進の措置(288)
  3 国・都道府県による職業能力開発促進の措置(289)
  4 国・都道府県等による職業訓練の実施(289)  5 認定職業訓練(290)
  6 技能検定(290)
 □4 職業転換給付金………………………………………………………………………290
 □5 事業主による再就職援助措置………………………………………………………290
 □6 教育訓練給付…………………………………………………………………………291
 □7 求職者支援制度………………………………………………………………………292
 □8 就職促進給付…………………………………………………………………………293
第4節 失業防止の法…………………………………………………………………………293
 □1 解雇の法規制…………………………………………………………………………293
 □2 職業能力開発と失業の防止…………………………………………………………294
 □3 雇用保険法と失業の防止……………………………………………………………294
  1 雇用継続給付(294)  2 雇用安定事業・能力開発事業(二事業)(295)
第5節 失業中の生活保障の法………………………………………………………………296
 □1 雇用保険法と失業中の生活保障……………………………………………………296
  1 雇用保険の意義(296)  2 求職者給付(298)
 □2 求職者支援法と失業中の生活保障…………………………………………………300
第6節 雇用創出の法…………………………………………………………………………300
 □1 地域雇用開発促進法と雇用創出の意義……………………………………………300
 □2 雇用創出の法的措置…………………………………………………………………301
第3章 特別雇用保障法………………………………………………………………………302
第1節 若年者の雇用保障法…………………………………………………………………302
 □1 若年者と雇用保障……………………………………………………………………302
 □2 雇用対策法による若年者の雇用保障………………………………………………302
 □3 職業能力開発と若年者の雇用保障…………………………………………………303
第2節 高年齢者の雇用保障法………………………………………………………………304
 □1 高年齢者の募集・採用と年齢制限の禁止…………………………………………304
 □2 高年齢者雇用安定法と高年齢者の雇用保障………………………………………305
  1 意義(305)  2 60歳定年の義務化と高年齢者雇用確保措置(306)
  3 高年齢者等の再就職の促進・援助(308)
  4 中高年齢失業者等に対する特別措置(310)
  5 定年退職者等に対する就業の機会の確保(310)
 □4 雇用保険法と高年齢者の雇用保障…………………………………………………311
  1 高年齢雇用継続給付・高年齢継続被保険者の求職者給付(311)
  2 二事業による助成金(312)
第3節 障害者の雇用保障法…………………………………………………………………312
 □1 障害者雇用促進法と障害者の雇用保障……………………………………………312
  1 意義(312)  2 職業リハビリテーション(313)
  3 身体障害者・知的障害者の雇用義務(314)  4 解雇の届出(316)
  5 障害者の雇用保障法の今後の方向と課題(316)
 □2 職業安定法・職業能力開発促進法と障害者の雇用保障…………………………317
第4節 派遣労働者の雇用保障法……………………………………………………………317
 □1 労働者派遣の意義……………………………………………………………………317
  1 労働者派遣と法規制の目的(317)  2 労働者派遣の意義(318)
 □2 労働者派遣事業に対する法規制と派遣労働者の雇用保障………………………319
  1 適用対象業務と派遣期間(319)
  2 事業の許可・届出その他の法規制(320)  3 紹介予定派遣(320)
 □3 派遣労働者の保護と雇用保障………………………………………………………321
  1 労働者派遣契約(321)  2 派遣元・派遣先の義務と使用者責任(322)
  3 派遣期間の制限と労働契約申込み義務(323)  4 派遣労働契約関係(324)
 □4 労働者派遣法の改正…………………………………………………………………325
 
 第5編 労働紛争解決のシステム
 
第1章 集団的労働紛争の解決システム……………………………………………………331
第1節 労働委員会の構成……………………………………………………………………332
第2節 不当労働行為の救済手続……………………………………………………………332
 □1 管轄……………………………………………………………………………………332
 □2 不当労働行為の申立て………………………………………………………………333
 □3 審査……………………………………………………………………………………333
  1 調査(333)  2 審問(334)
 □4 合議・命令……………………………………………………………………………334
 □5 再審査…………………………………………………………………………………335
 □6 和解……………………………………………………………………………………336
 □7 命令の効力……………………………………………………………………………336
第2章 争議調整制度…………………………………………………………………………337
第1節 争議調整制度の意義…………………………………………………………………337
第2節 争議調整の原則―自主的調整の原則― ……………………………………………338
第3節 労働争議の概念………………………………………………………………………338
 □1 調整対象となる労働争議……………………………………………………………338
 □2 調整対象外とされる労働争議………………………………………………………339
 □3 争議調整と労働組合の資格審査……………………………………………………339
 □4 調整事件の管轄………………………………………………………………………340
第4節 争議調整方法…………………………………………………………………………340
 □1 斡旋……………………………………………………………………………………340
 □2 調停……………………………………………………………………………………341
 □3 仲裁……………………………………………………………………………………341
第3章 個別労働関係紛争の解決システム…………………………………………………342
第1節 個別労働関係紛争解決促進法………………………………………………………342
 □1 都道府県労働局による個別労働紛争解決制度……………………………………344
  1 総合労働相談(344)  2 労働局長による助言・指導(345)
  3 紛争調整委員会によるあっせん(346)
 □2 地方公共団体等による個別労働紛争解決システム………………………………346
第2節 労働審判手続…………………………………………………………………………346
 
 参考文献………………………………………………………………………………………351
 事項索引………………………………………………………………………………………355
 判例索引………………………………………………………………………………………362__




プライバシーポリシー | お問い合わせ