ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 民法学の展開

民法研究 第二巻
民法学の展開
前田達明 著
民法学の展開
発 行2012年10月20日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5版上製
ページ数368頁
ISBN978-4-7923-2629-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
 はしがき──本書の構成──

第一部 方法篇……1
 第一章 法解釈への提言……3
  一 本稿の目的と構成  3
  二 法解釈の実質的側面  4
  三 法解釈の形式的側面  10
  四 民法第一条および同第二条の機能  15
  五 今後の課題  16
 第二章 法の解釈について……21
  一 法解釈の具体例と「法の空白」  21
  二 法文解釈の価値判断基準  23
  三 法解釈の技術的側面  31
 第三章 法解釈について……42
  一 本稿の目的=法解釈方法論の再構成  42
  二 議論の前提=法解釈の意義  43
  三 法解釈の実質的側面=価値判断  46
  四 法解釈の形式的側面=言語的表明方法  56
  五 結論=最終決定基準と要約  63
 第四章 主張責任と立証責任について……66
  一 本稿の成り立ちと目的  66
  二 議論の前提  67
  三 通説への疑問  76
  四 結  論  88

第二部 歴史篇……95
 第一章 「神学大全」と民法学……97
 第二章 パンデクテン体系における「家族法」について……108
  一 本稿の目的  108
  二 パンデクテン体系の生成  108
  三 ドイツ民法典における「親族法」と「相続法」  114
  四 結  び  119
 第三章 民法から観た英米法史管見……134
  一 本稿の目的  134
  二 イギリスにおいて  134
  三 アメリカにおいて  140
  四 結びに代えて  145

第三部 解釈篇……151
 第一章 医療契約について……153
  一 問題の提起  153
  二 医療契約の当事者  155
  三 医療契約の法的性質  161
  四 医師法第一九条第一項の意義  175
  五 今後の課題  184
 第二章 誤振込の法律関係……202
 第三章 医師の転送義務……228
 第四章 権利侵害と違法性……246
  一 史的変遷  246
  二 「権利侵害」要件  250
  三 「違法性」要件  253
  四 現代「違法性」理論論争  259
 第五章 違法一元論について……265
  一 本稿の目的  265
  二 違法一元論の確認  266
  三 違法一元論批判への解答と各説への批判  272
 第六章 詐害行為取消権について……311
  一 本稿の目的  311
  二 佐藤第三批判の内容  312
  三 佐藤第三批判への解答  314
  四 結  び  345




プライバシーポリシー | お問い合わせ