ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法の理論 31

法の理論 31
特集 《公共性と法》
竹下 賢/長谷川晃/酒匂一郎/河見 誠 編
法の理論 31
発 行2012年11月1日
税込定価4,104円(本体3,800円)
判 型A5版並製
ページ数270頁
ISBN978-4-7923-0538-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
「法の理論31」発行にあたって

特集《公共性と法》
機ー膰△販琉莠膰◆聴雎正從臓帖3
供) 公共性、社会的同質性…大野達司……33
掘),噺共性
立法過程における四段階の公共空間…橋本努……57
論 文
一 ヘーゲル承認論とルソー…神原和宏……81
二 倫理的規範の絶対性について
トマス、スコトゥス、ビトリア…山本芳久……107
三 国際法の正統性に関する予備的考察…郭舜……149
四 アレントの「政治理論」における脱「哲学」的志向と
「政治哲学」的性格…菅原寧格……177
五 ロリマーの自然法論の一断片
予備的考察…石司真由美……209
反論と意見
1 『新自然法論の必要性と可能性』への書評に応えて…河見誠……229
特別寄稿《ホセ・ヨンパルト先生を偲んで》
 ヨンパルトさん追悼…三島淑臣……243
 ヨンパルトさん、もう一度お目にかかりたかったですね…佐藤節子……245
 「我が国」のヨンパルト先生…松岡誠……249
 ホセ・ヨンパルト先生を偲んで
門下生より追悼のことば…葛生栄二郎 河見 誠……253
執筆者および編集者一覧




プライバシーポリシー | お問い合わせ