ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ヨーロッパ・「共生」の政治文化史

ヨーロッパ・「共生」の政治文化史
森原 隆 編
ヨーロッパ・「共生」の政治文化史
発 行2013年3月31日
税込定価6,480円(本体6,000円)
判 型A5版上製
ページ数424頁
ISBN978-4-7923-7096-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
第I部政治的「共生」の文化史
第1章クラウディウスによる「共生」の模索とカリグラの記憶………………福山佑子…3
はじめに……………………………………………………………………………………………3
第一節クラウディウス即位をめぐる政治動向………………………………………………5
第二節カリグラの断罪と「共生」の模索……………………………………………………7
第三節クラウディウスの政権確立とカリグラのメモリア…………………………………11
おわりに……………………………………………………………………………………………14
第2章ボスニア王冠とコナーヴリ戦争−−一五世紀のバルカン西部における地域統合と
共生−−………………………………………………………………………………唐澤晃一…21
第一節はじめに…………………………………………………………………………………21
第二節ボスニアと三つの宗派…………………………………………………………………23
第三節ボスニア王冠とコナーヴリ戦争(一四三〇〜一四三二年)………………………29
第四節むすびにかえて…………………………………………………………………………39
第3章専制と収奪の中の共生−−三十年戦争期スウェーデン占領下のドイツ領邦
…………………………………………………………………………………………皆川卓…45
はじめに……………………………………………………………………………………………45
第一節スウェーデン軍の両司教領占領と占領地統治体制…………………………………48
第二節占領下で「共生」を図る統治府………………………………………………………52
おわりに……………………………………………………………………………………………60
第4章商業革命とピューリタン革命……………………………………………千脇修…66
第一節イギリス商業革命………………………………………………………………………66
第二節ピューリタン革命………………………………………………………………………69
第三節生きた担保から死んだ担保へ…………………………………………………………73
第四節大西洋三角貿易…………………………………………………………………………75
第五節土地の「資本化」と資本主義の発生…………………………………………………78
第六節資本主義から帝国主義へ………………………………………………………………79
第5章ハンガリー初期ジャコバン主義の「王のいる共和政」理論−−近代ヨーロッパ共和
主義の多様性と共生の諸形態−−…………………………………………………中澤達哉…84
第一節ジャコバン主義研究の基本的前提……………………………………………………84
第二節後期ジャコバン主義の「王のいない共和政」理論…………………………………86
第三節初期ジャコバン主義の「王のいる共和政」理論……………………………………91
第四節「王のいる共和政」理論の成立の歴史的文脈………………………………………96
第五節結論…………………………………………………………………………………100
第6章ランケとファルンハーゲン夫妻−−ベルリンのサロンでの交流−−佐藤真一…106
はじめに…………………………………………………………………………………………106
第一節ファルンハーゲンの書評……………………………………………………………107
第二節ラーエルの「サロン」とランケ……………………………………………………108
第三節ランケの南方研究旅行と政治的保守化……………………………………………114
第四節ベルリン帰還とファルンハーゲンとの対立………………………………………118
おわりに−−サロンにおける「共生」とランケ……………………………………………121
第7章「共生」の場としてのパリ・ジャーナリズム−−対独協力プレスと占領当局−−
………………………………………………………………………………………南祐三…126
はじめに…………………………………………………………………………………………126
第一節パリ・ジャーナリズムの重要性……………………………………………………127
第二節二つのドイツ当局……………………………………………………………………130
第三節対独協力ジャーナリズムの形成……………………………………………………133
おわりに−−もう一つの「共生」関係−− …………………………………………………148
第II部社会的「共生」の政治文化
第8章墓掘り労働者共同体にみられる「外国人」……………………………秋山慎一…155
はじめに…………………………………………………………………………………………155
第一節ディール・アル=マディーナという村落…………………………………………156
第二節墓掘り人夫たち………………………………………………………………………157
第三節「外国人」とは………………………………………………………………………159
第四節第十八王朝期の「外国人」…………………………………………………………161
第五節第十九王朝期の「外国人」…………………………………………………………162
第六節ラメセス朝期の「外国人」…………………………………………………………167
第五節ディール・アル=マディーナの「外国人」にみる「共生」の社会的環境
−−結びに代えて−− …………………………………………………………………………170
第9章「共生」空間としての修道院九世紀コルビー修道院の場合………丹下栄…177
第一節問題の所在……………………………………………………………………………177
第二節修道院内部における定員管理………………………………………………………179
第三節「異分子」との関係…………………………………………………………………181
第四節収入の確保……………………………………………………………………………185
第五節暫定的結論……………………………………………………………………………187
第10章西欧十一・十二世紀の「都市賛美」(laudatio urbis) ……………田中史高…193
はじめに…………………………………………………………………………………………193
第一節都市賛美の伝統的記述技法…………………………………………………………193
第二節旧套中心の都市賛美…………………………………………………………………196
第三節新傾向の都市賛美……………………………………………………………………198
おわりに…………………………………………………………………………………………204
第11章シュライン文書に見える「共生」−−中世ラインラント地方の都市とユダヤ人
………………………………………………………………………………………古川誠之…211
第一節中世都市空間におけるセグリゲーション…………………………………………211
第二節ケルンの地域共同体ザンクト・ラウレンツとユダヤ人街………………………214
第三節シュライン文書という表象が構築する「共生」のかたち………………………220
第12章革命体験と市民社会−−初期『ガルテンラウベ』とE・カイルを中心に
………………………………………………………………………………………小原淳…228
第一節はじめに………………………………………………………………………………228
第二節一八五〇年代の反動政策……………………………………………………………230
第三節一八五〇年代の言論空間の実態……………………………………………………232
第四節初期『ガルテンラウベ』と革命の遺産……………………………………………235
第五節さいごに………………………………………………………………………………245
第13章ナチス・ドイツにおける共生と排除…………………………………加藤義明…251
第一節はじめに………………………………………………………………………………251
第二節混乱と対立のヴァイマル共和国……………………………………………………252
第三節民族共同体の形成−−共生社会へ…………………………………………………255
第四節共同体の異分子の選別と排除………………………………………………………261
第五節おわりに………………………………………………………………………………265
第III部宗教的「共生」の政治文化
第14章初期オスマン社会に生きるギリシャ人−−グリゴリオス・パラマスの囚われの旅
と証言………………………………………………………………………………橋川裕之…273
はじめに…………………………………………………………………………………………273
第一節パラマスと帝国の状況………………………………………………………………276
第二節パラマスの体験と記述………………………………………………………………279
第三節「ローマ人」の未来…………………………………………………………………288
第15章文明間の「境域」における共生−−中世後期スペインにおけるキリスト教徒とム
スリム………………………………………………………………………………黒田祐我…298
第一節問題の所在−−共生としての中世スペインの歴史………………………………298
第二節中世後期カスティーリャ「境域」の特質と共生への視座………………………300
第三節「境域」における共生事例−−祝祭にみる都市空間内の共生…………………304
第四節むすびにかえて………………………………………………………………………308
第16章フス派の改革運動における共生の理念………………………………浅野啓子…315
はじめに…………………………………………………………………………………………315
第一節改革運動における女性………………………………………………………………317
第二節フスの『娘−救いへの真の道を知ることについて』……………………………321
第三節ヤコウベクの改革理念………………………………………………………………329
おわりに…………………………………………………………………………………………334
第17章近世スイスのカトリックとプロテスタント−−共生のイコノロジー
………………………………………………………………………………………踊共二…339
はじめに…………………………………………………………………………………………339
第一節中世のスイスと宗教改革の波紋……………………………………………………340
第二節継兄弟…………………………………………………………………………………341
第三節カッペルのミルヒズッペ−−共生のイコノロジー………………………………344
おわりに…………………………………………………………………………………………352
第18章一六世紀ルッカにおけるアオニオ・パレアリオの教育活動−−近世イタリアの宗
教的「共生」をめぐる一考察……………………………………………………高津美和…356
はじめに…………………………………………………………………………………………356
第一節アオニオ・パレアリオの生涯と思想………………………………………………359
第二節アオニオ・パレアリオの教育活動…………………………………………………361
第三節アオニオ・パレアリオとルッカの政治エリート…………………………………366
おわりに…………………………………………………………………………………………369
第19章《隠れカルヴァン主義》紛争と反カルヴァン主義パンフレット−−一六世紀後半
のドイツにおける宗派的共生、対立、大衆的情報伝達………………………蝶野立彦…374
第一節《宗教改革の勃発(一五一七年)》から《三十年戦争の終結(一六四八年)》
までのドイツ(神聖ローマ帝国)における「宗教対立╱共生」の諸形態………………374
第二節一五六〇年代前半における「反カルヴァン主義パンフレット」の出現
−−プファルツ選帝侯領のカルヴァン主義化政策と『ハイデルベルク教理問答』が惹起し
た言論状況………………………………………………………………………………………381
第三節一五七〇年代半ば以降の反カルヴァン主義パンフレットの性格の変化
−−《平民層による受容を意識した大衆的情報媒体》としての反カルヴァン主義パンフレッ
ト…………………………………………………………………………………………………386
第四節一五八〇年代後半〜一五九〇年代初頭のザクセン選帝侯領の
カルヴァン主義化政策と反カルヴァン主義パンフレットの流通及び規制………………388
編者・執筆者紹介……………………………………………………………………………(1)__




プライバシーポリシー | お問い合わせ