ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 不法行為責任概念の形成

愛媛大学法学会叢書 16巻
不法行為責任概念の形成
法人文主義と法学の近代
西村隆誉志 著
不法行為責任概念の形成
発 行2013年3月20日
税込定価5,940円(本体5,400円)
判 型A5版上製
ページ数344頁
ISBN978-4-7923-0546-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

はしがき
序章 不法行為責任―問題の所在と主題の要約― 1
機,呂犬瓩法宿塰々坩拈嫻い猟蠎芦修肇蹇璽淤仝察宗1
供仝電汽蹇璽淤仝擦砲ける概念把握 1
掘16世紀法文資料集の編序のなかで 3
検.トマン「法学提要」(1560, 2ed. 1569年) 3
后.ュジャス「法学提要註解」「学説彙纂註解」
「省察と修正」(1554-1590年) 5
此.疋痢次峪毀泳]澄廖1589-1591年) 6
察.凜А璽璽鵐戰奪「学説彙纂註解」(1585年) 7
次.僖エ「法学提要」(ca. 1607年) 9
宗.疋沺嵋\坐」「市民法論」(1689-94年),「公法論」(1697年) 12
勝.屮織螢奪「法学提要」(1740年) 16
XI ポティエ「新編学説彙纂」(1748-52年) 18
第1章 日本民法典・商法典の編纂過程における用語の確定
―日本民法典資料中の「不法行為」― 25
機――羅葡日対訳辞典 天草版(1595年,文禄4年) 25
供”抂羸章『民法論綱 人権之部』(明治23年刊) 27
掘.椒錺愁福璽斌泳‥機糞賁泳 法ぁ愃同椽だ橘泳〜隶特霄瓠
『民法草案修正文』『性法講義』(明治10年)と遡って 28
検〔声L泳‥喫垰爾凌景針 32
后)‥議敢魂饋概腸當(明治26年から明治28年第55回〜123回
法典調査会 主査委員会,委員総会,整理会の審議 債権) 34
此‖9囘帝国議会審議過程(特別委員会,本会議) 41
察〃襦縮声L泳‥機42
第1部 16世紀人文主義法学の描いた
プログラムとキュジャス
―キュジャスの問題提起=法の歴史的分析方法,法源論,
法体系論,方法的視座,損害賠償論の視角―
第2章 ジャック・キュジャスの研究の生涯と著作活動 51
機,呂犬瓩法ぅュジャスの方法,著作活動と現代 51
供.肇ァ璽襦璽沙代,キュジャスは本当にキュジャスか 54
掘.肇ァ璽襦璽座膤愡代,最初の教育で影響を受けた人物は 55
検.肇ァ璽襦璽沙代ふたたび,もっとも孤独で,
しかしもっとも充実の4年間 58
后.肇ァ璽襦璽座膤悗佞燭燭咫ぜ由講義は
教授としておこなったものか 60
此.オール時代―最初の教授就任へ― 62
察1回目のブゥールジュ時代―ドノーと仲違いか― 62
次1回目のヴァランス時代―最初の結婚― 63
宗2回目のブゥールジュ時代 63
勝.肇螢了代―イタリア行きの決意― 64
XI ふたたびヴァランス時代 65
XII 最後のブゥールジュ時代 66
XIII 歴史的評価と後世への影響 67
第3章 若きキュジャスと法の歴史的分析方法 72
機,呂犬瓩法72
供.ュジャスの生い立ち 74
掘.肇ァ璽襦璽座膤悗離ュジャス 76
検.ュジャスの大学時代 78
后.ュジャスの研鑽時代 83
此.肇ァ璽襦璽沙代の人的交流 91
第4章 法源理論に関する一考察
―近世法学形成史におけるキュジャスと「法学提要」― 104
機|羸い旅酩 104
供)ヽ悗寮こΑ105
掘.蹇璽淤仝擦僚萢・法学説の析出 106
検|羸い僚饂鏗悄109
后16世紀,同時代へのキュジャスの関心 110
此16世紀後期フランスの慣習法 112
察_ξ瓠と酬茲両況 116
次.蹇璽淤 屮罐好謄ーニアーヌス法学提要」について 117
第5章 〈補論〉ジャック・キュジャスの封建法研究と
16世紀後期フランスの慣習法・王令および判決 119
〈補論1〉 キュジャスの学問上の外在的発展
―16世紀後期の慣習法,王令,判決― 119
〈補論2〉 キュジャスの学問上の内在的発展
―『省察と修正』,封建慣習法,王令,判決,
ユスティーニアーヌス「法学提要」― 120
〈補論3〉 ポルタリス『民法典序論』とフランス民法典原始規定 133
第6章 16世紀における法資料集校訂と
ユスティーニアーヌス『法学提要』
―キュジャスの学問上の外在的発展・法資料集の校訂と
フランス法の構築― 143
機〇駑曾弦残とその時代傾向 143
供.襯ゥ機璽詒如悒蹇璽淤‖臍粥戞144
掘.襦Εロン版『ローマ法大全』 146
検仝渋緘如悒蹇璽淤‖臍粥戮箸琉枡院147
后.謄スト資料と『法学提要』 148
此 岾慇瞰短次廖崢舎」短次廖嵋ヽ慊麝廖廚亮臑衂週について 149
察,わりに 151
第7章 16世紀法学のユスティーニアーヌス
「法学提要」にたいする註釈
―「自由人の身体にはいかなる評価もない」(quia liberi hominis nulla
aestimatio est)の論拠とその克服をめぐって― 155
機ー臑蠅砲弔い討離ュジャスの理解―学問上の内在的発展の探究― 155
第2部 16世紀から19世紀にいたるフランス法学
―パキエ,オトマン,ボードゥアン,ヴェーゼンベックの
考え方,ブタリック,ドマの法理論―
―フランス法の近代化の課題とポティエ=体系化の叙述,
ポティエと民法典=ポティエの債権債務論―
第8章 パキエ,オトマン,ボードゥアン,
ヴェーゼンベックらの法整序 171
機.罐好謄ーニアーヌス「法学提要」
―エティエンヌ・パキエの議論をてがかりに― 171
供.罐好謄ーニアーヌス「法学提要」 176
掘.棔璽疋ゥ▲鵝177
検.トマン 177
后.撻肇襯后Ε如Ε戰薀撻襯謄カ 180
此.凜А璽璽鵐戰奪 180
第9章 17世紀法学における「フランス人の法」の構築
―法整序にたいする17世紀以降の対応― 187
機,呂犬瓩法宿建慣習法註釈とローマ市民法体系― 187
供.疋泙砲ける主題の整序―過失損害論― 188
掘.屮織螢奪の換骨奪胎―フランス法の構築― 209
第10章 ポティエ「新編学説彙纂」の編成論理とキュジャス
―フランス法の近代化の課題とポティエ=体系化の叙述― 221
機,呂犬瓩法221
供16世紀資料集における主題整理 222
掘.櫂謄エの新機軸 224
検.櫂謄エと民法典=ポティエ「債権債務論」への架橋 243
第11章 不法行為責任概念形成とその変遷
―ひとの命の金銭的賠償という課題をめぐって― 287
機〔簑蠅僚蟶漾287
供仝電汽蹇璽淤仝擦砲ける概念把握
―インユーリアーとデリクトゥム 288
掘.ュジャス(クヤキウス)の「法学提要註解」と
「省察と修正」 290
検.疋痢次淵疋優襯后法峪毀泳]澄廖291
后.僖エの「法学提要」研究―「フランス人の法」抽出の試み 294
此.疋沺嵋\坐」から「市民法論」および「公法論」へ
―過失損害概念の析出,民事上の非行責任と刑事上の犯罪責任との峻別 297
察.屮織螢奪の「法学提要」からの法形成
―ローマ法源からの離脱,財物の秩序とひとの秩序の融合 303
次.櫂謄エ「新編学説彙纂」の編成論理
―フランス法の定式化への準備 306
終章 歴史的分析の対象としての法
―ジャック・キュジャスの歴史的分析方法と近代法史学,そして,
ロベール=ジョセフ・ポティエのローマ法源と近代民法学― 312
(補説)課題としての文献案内
―ローマ法・フランス法・法継受,または,人文主義法学・
ポティエ・ボワソナード― 312
Jacques Cujas(JACOBUS CUIACIUS 1522-1590)主要著作一覧 317
人名索引 326







プライバシーポリシー | お問い合わせ