ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > レッセ・フェールとプラグマティズム法学

レッセ・フェールとプラグマティズム法学
19世紀アメリカにおける法と社会
岡嵜 修 著
レッセ・フェールとプラグマティズム法学
発 行2013年3月20日
税込定価5,724円(本体5,300円)
判 型A5上製
ページ数266頁
ISBN978-4-7923-0551-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次
はしがき  
第1章 アメリカにおける古典的リパブリカニズム
―マーシャル・コートの課題―
機[鮖砲覆国の歴史発掘  1
供.ぅリス自由主義体制の継承  2
掘.螢僖屮螢ニズムの自由観:衰退の必然  4
検_昏の大英帝国  8
后〇駛楴腟舛糧展とリベラリズム:
   マーシャル・コートの課題  10
第2章 「公正価格」の社会史
―契約法における意思理論の登場―
機.▲瓮螢私法におけるパラダイム転換  18
供ヾ圭から合意へ:法源の転換  20
掘〇圓ら市場システムへ  23
検ゝ豬戚麕〕の世界:財産権への従属  27
后仝正価格という道徳基準  29
此‖腟模市場の出現を促した輸送革命  33
第3章 法人政策の劇的変化
―Charles River Bridge事件に見る近代の誕生―
機々馥盞从僂糧展  45
供]∨最高裁判決  47
掘―転主義からの転換:アダム・スミスの自由貿易論  51
検.侫Д妊薀螢好箸僚転主義政策  53
后〃从冏展と独占の弊害:Status quoの限界  54
此.沺璽轡礇襦Ε魁璽箸砲ける「契約条項」法理  56
察仝電擬腟狙治経済学の隆盛  60
次)/誉策の劇的な変化  61
第4章 実体的デュープロセス論とリバタリアニズムの伝統
―「レッセ・フェールの憲法論」再考―
機_奮愕很燭もたらしたヴィジョン  72
1 ロックナー事件とヴィジョン ( 72)
2 政府は強者の手先:アメリカのレッセ・フェール好み ( 76)
供〃写愡彖曚鳩从儚悄 78
1 古典主義経済学における法と経済 ( 78)
2 経済思想としてのレッセ・フェール ( 82)
3 自然科学者の眼で見た社会 ( 84)
4 古典主義のヴィジョン ( 89)
5 ニュートン力学の劇的勝利:海王星の発見 ( 90)
掘.▲瓮螢におけるリバタリアニズムの伝統  93
1 ニューディールのバイアス ( 93)
2 レッセ・フェールの二つのルーツ ( 96)
3 クラス立法への批判 ( 97)
4 レッセ・フェールの黄昏 ( 100)
第5章 法の自然史
―ヘンリー・メインの歴史法学―
機仝什澆涼罎棒犬る過去  114
供\蚕饂亡僂里罎蕕  117
掘),涼麓然悄 122
第6章 「鉄の馬」がもたらした統一標準時
―文化から文明へ―
機(弧静な法:立法による社会改革  134
供‖づく自然のリズム  136
1 アルマナックが示す文化的時間 ( 136)
2 時間は神のもの ( 138)
3 動力源は自然の恵み ( 140)
掘(儔修涼し  142
1 時計の普及と時間意識の変化 ( 142)
2 工場での労働と時間意識の変化 ( 143)
3 工場システムとミル・ガールズ ( 145)
4 無煙炭の開発 ( 148)
検‥一標準時の導入と近代  149
1 電信の活用 ( 149)
2 アメリカ初の近代企業 ( 152)
3 ウィリアム・サムナーの近代化論 ( 153)
第7章 プラグマティズムと革新主義
―ウィリアム・ジェイムズの生理学的心理学―
機.譽奪察Ε侫А璽襪ら革新主義へ  162
1 ブランダイス・ブリーフの意味 ( 162)
2 19世紀末の時代状況 ( 163)
3 「金ぴか時代」のビジネスマン ( 164)
4 大学における道徳哲学の伝統 ( 166)
供.瓮妊カル・ドクターの心理学  168
1 ジェイムズのスペンサー批判 ( 168)
2 反射,準反射,有意的動作 ( 171)
3 物の「本当の形」 ( 173)
4 本質論は目的論 ( 175)
掘―慣の効罪  177
1 習慣:自由のパラドックス ( 177)
2 習慣は社会のはずみ車 ( 181)
検 悒廛薀哀泪謄ズム』の科学的基礎  186
1 模写説批判:真理は有用な道具 ( 186)
2 ジェイムズの科学論 ( 190)
3 哲学と科学 ( 195)
4 ジェイムズと革新主義 ( 197)
第8章 ロスコー・パウンドのプラグマティズム法学
―植物学から法学へ―
機/型∧学の黎明期:分類学から生態学へ  204
1 パウンド研究の「ミッシング・リンク」 ( 204)
2 大衆の博物学熱と新植物学 ( 205)
3 師チャールズ・ベッシーの新植物学 ( 211)
4 標本から生き物へ ( 216)
供/∧学者パウンド:ネブラスカ大学PhD第1号  219
1 英才教育 ( 219)
2 書評:オスカー・ドルード著『ドイツの植物地理学』 ( 223)
3 PhD論文『ネブラスカの植物地理学』 ( 226)
掘/∧学者から法学者へ  230
1 「機械論的法学」に見る植物学研究の影響 ( 230)
2 法の生態学 ( 238)
索 引  250






目 次
はしがき  
第1章 アメリカにおける古典的リパブリカニズム
―マーシャル・コートの課題―
機[鮖砲覆国の歴史発掘  1
供.ぅリス自由主義体制の継承  2
掘.螢僖屮螢ニズムの自由観:衰退の必然  4
検_昏の大英帝国  8
后〇駛楴腟舛糧展とリベラリズム:
   マーシャル・コートの課題  10
第2章 「公正価格」の社会史
―契約法における意思理論の登場―
機.▲瓮螢私法におけるパラダイム転換  18
供ヾ圭から合意へ:法源の転換  20
掘〇圓ら市場システムへ  23
検ゝ豬戚麕〕の世界:財産権への従属  27
后仝正価格という道徳基準  29
此‖腟模市場の出現を促した輸送革命  33
第3章 法人政策の劇的変化
―Charles River Bridge事件に見る近代の誕生―
機々馥盞从僂糧展  45
供]∨最高裁判決  47
掘―転主義からの転換:アダム・スミスの自由貿易論  51
検.侫Д妊薀螢好箸僚転主義政策  53
后〃从冏展と独占の弊害:Status quoの限界  54
此.沺璽轡礇襦Ε魁璽箸砲ける「契約条項」法理  56
察仝電擬腟狙治経済学の隆盛  60
次)/誉策の劇的な変化  61
第4章 実体的デュープロセス論とリバタリアニズムの伝統
―「レッセ・フェールの憲法論」再考―
機_奮愕很燭もたらしたヴィジョン  72
1 ロックナー事件とヴィジョン ( 72)
2 政府は強者の手先:アメリカのレッセ・フェール好み ( 76)
供〃写愡彖曚鳩从儚悄 78
1 古典主義経済学における法と経済 ( 78)
2 経済思想としてのレッセ・フェール ( 82)
3 自然科学者の眼で見た社会 ( 84)
4 古典主義のヴィジョン ( 89)
5 ニュートン力学の劇的勝利:海王星の発見 ( 90)
掘.▲瓮螢におけるリバタリアニズムの伝統  93
1 ニューディールのバイアス ( 93)
2 レッセ・フェールの二つのルーツ ( 96)
3 クラス立法への批判 ( 97)
4 レッセ・フェールの黄昏 ( 100)
第5章 法の自然史
―ヘンリー・メインの歴史法学―
機仝什澆涼罎棒犬る過去  114
供\蚕饂亡僂里罎蕕  117
掘),涼麓然悄 122
第6章 「鉄の馬」がもたらした統一標準時
―文化から文明へ―
機(弧静な法:立法による社会改革  134
供‖づく自然のリズム  136
1 アルマナックが示す文化的時間 ( 136)
2 時間は神のもの ( 138)
3 動力源は自然の恵み ( 140)
掘(儔修涼し  142
1 時計の普及と時間意識の変化 ( 142)
2 工場での労働と時間意識の変化 ( 143)
3 工場システムとミル・ガールズ ( 145)
4 無煙炭の開発 ( 148)
検‥一標準時の導入と近代  149
1 電信の活用 ( 149)
2 アメリカ初の近代企業 ( 152)
3 ウィリアム・サムナーの近代化論 ( 153)
第7章 プラグマティズムと革新主義
―ウィリアム・ジェイムズの生理学的心理学―
機.譽奪察Ε侫А璽襪ら革新主義へ  162
1 ブランダイス・ブリーフの意味 ( 162)
2 19世紀末の時代状況 ( 163)
3 「金ぴか時代」のビジネスマン ( 164)
4 大学における道徳哲学の伝統 ( 166)
供.瓮妊カル・ドクターの心理学  168
1 ジェイムズのスペンサー批判 ( 168)
2 反射,準反射,有意的動作 ( 171)
3 物の「本当の形」 ( 173)
4 本質論は目的論 ( 175)
掘―慣の効罪  177
1 習慣:自由のパラドックス ( 177)
2 習慣は社会のはずみ車 ( 181)
検 悒廛薀哀泪謄ズム』の科学的基礎  186
1 模写説批判:真理は有用な道具 ( 186)
2 ジェイムズの科学論 ( 190)
3 哲学と科学 ( 195)
4 ジェイムズと革新主義 ( 197)
第8章 ロスコー・パウンドのプラグマティズム法学
―植物学から法学へ―
機/型∧学の黎明期:分類学から生態学へ  204
1 パウンド研究の「ミッシング・リンク」 ( 204)
2 大衆の博物学熱と新植物学 ( 205)
3 師チャールズ・ベッシーの新植物学 ( 211)
4 標本から生き物へ ( 216)
供/∧学者パウンド:ネブラスカ大学PhD第1号  219
1 英才教育 ( 219)
2 書評:オスカー・ドルード著『ドイツの植物地理学』 ( 223)
3 PhD論文『ネブラスカの植物地理学』 ( 226)
掘/∧学者から法学者へ  230
1 「機械論的法学」に見る植物学研究の影響 ( 230)
2 法の生態学 ( 238)
索 引  250










プライバシーポリシー | お問い合わせ