ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 理論刑法学の探究

理論刑法学の探究
川端 博/浅田和茂/山口 厚/井田 良 著
理論刑法学の探究
発 行2013年6月1日
税込定価4,180円(本体3,800円)
判 型A5版上製
ページ数302頁
ISBN978-4-7923-1984-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
 はしがき
 
[論文]
責任能力論の到達点となお解決されるべき課題について……………………安田拓人(1)
 ⃞機,呂犬瓩法宗柔嫻で塾蕨生Φ罎悗陵兇ぁ宗宗1
 ⃞供\嫻で塾論度の位置づけ 5
 ⃞掘\鎖世両祿欧陵弖錙8
 ⃞検’Ъ映塾呂噺琉佞鬚發舛Δ詛塾蓮16
 ⃞后\御能力 21
 ⃞此仝堕蠕嫻で塾呂販矛此24
 
刑罰の目的とその現実性
 ――法の目的、法の原理としての自由の保障との関係――…………………飯島暢(29)
 ⃞機〃哉海量榲 29
 ⃞供〃宰,量榲と法の目的 32
 ⃞掘―祥茲侶哉殻榲の問題点 37
 ⃞検 ̄報刑論のルネサンス 46
 ⃞后〃哉海慮充太の維持と自由の保障 63
 
心神喪失者等医療観察法と刑事責任能力判断………………………………緒方あゆみ(71)
 ⃞機,呂犬瓩法71
 ⃞供^緡鉄兒),了楾埔況 73
 ⃞掘^緡鉄兒\度の運用状況と現在指摘されている問題点 106
 ⃞検,修梁勝125
 ⃞后,わりに 131
 
詐欺罪における「欺」と「財産的損害」をめぐる考察
 ――損害概念の多義性と中間結果としての錯誤に着目して―― ………足立友子(133)
 ⃞機,呂犬瓩法133
 ⃞供〆嚢盧朷萃蠅函嵋椰由稜А廖嶌盪催損害」の関係 136
 ⃞掘〆承什瓩旅渋いらみた財産侵害の内実 140
 ⃞検 嶌盪催損害」概念の日本における位置づけ 143
 ⃞后|羇峽覯未箸靴討痢嶌誤」と「財産的処分の自由」の再定位 160
 ⃞此,わりに 163
 
財産上の損害概念の諸相と背任罪の「損害」要件…………………………品田智史(165)
 ⃞機,呂犬瓩法165
 ⃞供’愬ず瓩梁山欧鮟笋覽掴澄168
 ⃞掘〆承什瓩梁山欧鮟笋覽掴澄175
 ⃞検,修梁召梁山欧鮟笋覽掴澄184
 ⃞后,海海泙任里泙箸瓠190
 ⃞此’愬ず瓩痢嶌盪詐紊梁山押徑弖錣砲弔い討慮‘ぁ191
 ⃞察,爐垢咾砲えて 198
 
[書評] ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
わが国における結果的加重犯論の最新動向
 ――榎本桃也『結果的加重犯論の再検討』(成文堂、2011年)を読んで――
  ……………………………………………………………………………………内田浩(201)
中止犯の論じ方
 ――野澤充『中止犯の理論的構造』(成文堂、2012年)を読む――
  …………………………………………………………………………………金澤真理(223)
 
[外国論文紹介] ――――――――――――――――――――――――――――――――
 ドイツにおける「拷問による救助」を巡る諸問題………………………深町晋也(243)
パット・オマリー『犯罪とリスク』(Pat O’Malley, Crime and Risk)の紹介
  …………………………………………………………………………………星周一郎(265)
 
[創刊の辞]
[既刊




プライバシーポリシー | お問い合わせ