ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 子どもを犯罪から守るための多機関連携の現状と課題

子どもを犯罪から守るための多機関連携の現状と課題
北九州市・札幌市・横浜市の三政令市における機関連携をもとに
石川正興 編著
子どもを犯罪から守るための多機関連携の現状と課題
発 行2013年6月30日
税込定価3,630円(本体3,300円)
判 型A5並
ページ数376頁
ISBN978-4-7923-1990-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次
はじめに

第1部 子どもを犯罪から守るための多機関連携の仕組みの分析・提言
第1章 石川プロジェクトの紹介……石川 正興 2
第2章 学校・教育委員会を起点とした多機関連携の仕組みの分析・提言……石堂 常世・宮古 紀宏 15
第3章 児童相談所を起点とした多機関連携の仕組みの分析・提言……小西 暁和 58
第4章 警察(少年サポートセンター)を起点とした多機関連携の仕組みの分析・提言……田村 正博 96
第5章 家庭裁判所から見た多機関連携の仕組みの分析・提言……棚村 政行 147
第6章 研究成果の総括と提言……石川 正興 191

第2部 座談会~JST石川プロジェクトに参画したことの意義~
機〆唾眠顱2012(平成24)年2月29日実施)……236
供JST石川プロジェクト 研究協力者からの一言……299

第3部 資料編
機\仞PJが解明した三政令市における機関連携の仕組み……314
供ゝヾ慙携の仕組みに関する実務担当者による評価……339
掘〕儻豌鮴癲帖344
検)椒廛蹈献Дトの研究会にご参加いただいた方々……362




プライバシーポリシー | お問い合わせ