ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 熊本の地域産業

熊本の地域産業
山中 進 著
熊本の地域産業
発 行2013年9月1日
税込定価4,536円(本体4,200円)
判 型A5版上製
ページ数268頁
ISBN978-4-7923-9236-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
まえがき

第吃堯,ざ塙餾櫺修鳩本産地の構造的課題
はじめに  3

第1章 い業産地の地域的動向  7
1 い草と畳表の産地  7
2 産地の地域的動向  8

第2章 熊本県い業産地の形成と展開  15
1 い業産地の生成  15
2 い業産地の形成  20
3 い業の発展と産地の地域的展開  26
4 熊本県い業の現況  37

第3章 大規模新興産地の形成要因と岡山・広島産地の変容  39
1 大規模新興産地熊本の形成要因─『試験成績書』の見解─  39
2 岡山・広島産地の構造と地域的特徴  43
1)岡山産地の形成と地域的特徴  43
(1) 産地の形成と地域分化  43
(2) 岡山産地と熊本産地の生産力較差  47
(3) 岡山産地の衰退要因  50
)広島(備後表)産地の生産構造と地域的特徴  53
(1) 銘柄産地成立の背景  54
(2) 備後表産地の地域的特徴  56
(3) 備後表産地の構造変化と加工専業地域の形成  60
(4) 備後表産地の課題  67

第4章 大規模新興産地の構造的課題  73
1 熊本産地の規模拡大と構造的課題  73
2 産地流通市場の構造的課題  78
3 先進産地の流通資本と産地の再編  86

第5章 い業国際化と産地の課題  93
1 い業国際化の動向  93
2 産地の課題  100
1)『い業国際化戦略ビジョン』にみる産地の課題  100
2)備後表産地問屋からみた課題  108
3)生産者からみた産地の課題  109
3 国際化の中のい業経営─生産者の意見─  114

第6章 熊本産地の振興策  119
1 産地の振興策  119
2 アクションプランの推進  122
3 産地のあり方─生産者の意見─  126

おわりに  131

第局堯|楼荵唆箸寮言と展開
第7章 明治前期の都市と農村  137
1 はじめに  137
2 熊本区の成立と区誌・郡村誌について  138
3 市街地形成と都市機能の集積  140
1)都市と農村  140
2)都市機能の集積と産業の近代化  143
4 熊本区の商・工業  147
5 周辺農村の農産品  152

第8章 地方都市熊本の近代工業  157
1 はじめに  157
2 『熊本県産業調査書』の概要と検討の方法  158
3 『熊本県産業調査書』前の熊本の商工業  161
1)城下町熊本の商工業  161
2)各種工業の形成と展開  164
4 近代都市「熊本」の工業の性格と存在形態  166
1)飲食物工業  166
2)繊維工業品  171
3)製作工業品  177
4)雑工業品  183
5)化学工業品  185
6)その他の工業  186

第9章 戦後の熊本県製糸業の動向  191
1 はじめに  191
2 蚕糸業の動向と熊本の製糸業  192
1)蚕糸業県「熊本」の成立  192
2)戦後の動向  195
3)製糸業地域と器械製糸の急減  201
3 労務関係・繭地盤からみた戦後の動向  204
1)製糸労働力の変化  204
2)従業員の賃金水準  208
3)繭地盤と繭需給の変化  210

第10章 鉄道の開通と木葉石灰業の発展  217
1 はじめに  217
2 九州鉄道の開通と木葉駅の設置  218
3 木葉石灰業の展開  222
1)石灰焼の生成  222
2)石灰業の発展  225
4 木葉石灰業の生産・販売と石灰山争奪戦  227
1)同業組合の設立と石灰肥料の生産・販売  227
2)木葉列石灰製造組合の規約  230
3)工業近代化と石灰山争奪戦  234
4)坂本石灰工場の火薬倉庫  235
5 木葉石灰業の現状  238

終 章  243




プライバシーポリシー | お問い合わせ