ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法制史研究 63

法制史研究 63
法制史学会
法制史研究 63
発 行2014年3月30日
税込定価8,640円(本体8,000円)
判 型A5判上製
ページ数470頁
ISBN978-4-7923-9242-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
論 説
〈口頭審理による後見的な真実解明への志向〉試論――一例としての大正民訴法改正 水 野 浩 二……   一
叢 説
清代における秋審判断の構造――犯罪評価体系の再構成 赤城 美恵子……   五五
新羅律令に対する中国律令の影響――国家秩序維持関係の法令を中心に 〓   東 俊……  一〇三
学界動向
韓国における法史学研究現況――韓国法制史を中心に 〓   肯 植/〓   鐘 休……  一二九
書 評
長谷川晃 (編著)  『法のクレオール序説 異法融合の秩序学』 松 本 英 実……  一六三
屋敷二郎 (編)  『夫婦』 三 成 美 保……  一七一
石 井 紫 郎  『日本国制史研究掘‘本人の法生活』 新 田 一 郎……  一七六
服 部 一 隆  『班田収授法の復原的研究』 梅 田 康 夫……  一八二
西谷地晴美  『日本中世の気候変動と土地所有』 松園 潤一朗……  一八八
佐 藤 雄 基  『日本中世初期の文書と訴訟』 佐 藤 泰 弘……  一九四
吉 田 正 志  『仙台藩刑事法の研究』 鎌 田   浩……  一九九
藤 田   覚  『近世史料論の世界』 坂 本 忠 久……  二〇三
岩 谷 十 郎  『明治日本の法解釈と法律家』 橋 本 誠 一……  二〇八
林   尚 之  『主権不在の帝国――憲法と法外なものをめぐる歴史学』 小 澤 隆 司……  二一三
杉原泰雄・樋口陽一・森英樹(編)  『長谷川正安先生追悼論集 戦後法学と憲法――歴史・現状・展望』 出 口 雄 一……  二一八
小 瀬 玄 士  「鎌倉幕府の財産相続法」 西 村 安 博……  二二三
畠 山   亮  「戦国期における喧嘩規制法について――戦国期喧嘩両成敗法の再定位」 植 田 信 廣……  二二九
坂 本 忠 久  「近世江戸の都市法とその運用・施行に関する一試論――『類集撰要』巻七・巻八を素材として」 大 平 祐 一……  二三二
橋 本 誠 一  「明治初年の聴訟事務――松江藩郡奉行所文書を手がかりに」 山 口 亮 介……  二三四
矢 切   努  「地方財政調整制度構想出現の前史的考察――内務官僚の動向を中心に(一・二完)」 居 石 正 和……  二三六
古 賀   登  『両税法成立史の研究』 眄ァ‘狡纏辧帖帖 ‘鷸鞍
藤 野 月 子  『王昭君から文成公主へ――中国古代の国際結婚』 石 見 清 裕……  二四三
箱 田 恵 子  『外交官の誕生――近代中国の対外態勢の変容と在外公館』 松田 恵美子……  二四八
柳 橋 博 之  『イスラーム財産法』 奥 田   敦……  二五三
石 岡   浩  「秦漢代の徒隷と司寇――官署に隷属する有職刑徒」 宮 宅   潔……  二五八
佐 立 治 人  「ゆく人来る人――唐儀制令行路条の「去避来」について」
小 野 達 哉  「唐代後半の路遇礼と官人の秩序」 江 川 式 部……  二六〇
五 味 知 子  「『誣姦』の意味するもの――明〓時代の判牘・官箴書の記述から」 中 村 正 人……  二六四
鈴 木 秀 光  「鎖帯鉄桿・鎖帯石轤と清代後期刑事裁判」 高 遠 拓 児……  二六六
額 定 其 労  「清代モンゴルのアラシャ旗における裁判(一〜三完)」
  同    「清代ハラチン・モンゴルの右翼旗における裁判」 萩 原   守……  二六八
辻   正 博  「敦煌・トルファン出土唐代法制文献研究の現在」 岡 野   誠……  二七二
大清水 裕  『ディオクレティアヌス時代のローマ帝国――ラテン碑文に見る帝国統治の継続と変容』 林   信 夫……  二七三
佐 藤   猛  『百年戦争期フランス国制史研究――王権・諸侯国・高等法院』 渡 辺 節 夫……  二七八
栗 原 眞 人  『一八世紀イギリスの刑事裁判』 松 代 剛 枝……  二八二
ヨハン・ブルネマン/上口裕(訳)  『近世ドイツの刑事訴訟法』 藤 本 幸 二……  二八七
苑 田 亜 矢  「ベケット論争と二重処罰禁止原則」 吉 武 憲 司……  二九二
周     圓  「アルベリコ・ジェンティーリの正戦論――『戦争法論』一巻における「動力因」と「質料因」を中心に」 金   惠 京……  二九四
藪 本 将 典  「自治都市トゥルーズにおける上訴制の確立とカペー朝期親王領政策の諸相――上訴裁判権をめぐる執政官府と伯代官の抗争を中心に」 佐 藤   猛……  二九六
吉 村 朋 代  「ローマ法における信託遺贈の文言解釈――plus nuncupatum, minus scriptum」 森     光……  二九八
原 田 俊 彦  「前二八七年から前二四一年までのローマの法律」
  同    「前二四一年から前二一九年までのローマの法律」 宮 嵜 麻 子……  三〇一
佐 藤   団  「マクデブルク法研究再考――プロソポグラフィ的検討による参審人団研究試論」 稲 元   格……  三〇五
五十君麻里子  「ローマ大衆の法知識――プラウトゥス喜劇における「笑源」としての法」 葛 西 康 徳……  三〇七
越訴取扱の変化と「訴訟」制度の評価 大 平 祐 一……  三一一
会 報
学会記事  三一五
報告要旨  三一八

平成二四年度法制史文献目録
日本法制史文献目録  1
東洋法制史文献目録  39
ローマ法・西洋法制史文献目録  91
欧文レジュメ




プライバシーポリシー | お問い合わせ