ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 理論刑法学の探究

理論刑法学の探究
川端 博/浅田和茂/山口 厚/井田 良 編
理論刑法学の探究
発 行2014年6月20日
税込定価4,400円(本体4,000円)
判 型A5判上製
ページ数318頁
ISBN978-4-7923-5114-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次

はしがき

[論 文]

自招侵害と正当防衛論岡本昌子(1)
機,呂犬瓩法1
供ー招侵害からみた正当防衛論の諸相 3
掘\掬防衛の判断枠組みと自招侵害 11
検\掬防衛論における自招侵害の解決 24
后,わりに−自招侵害と正当防衛論の展望− 32

過剰防衛と「行為の一体性」について照沼亮介(35)
機〔簑蠅僚蟶漾35
供“塾磴両況 38
掘ヽ慇發両況 48
検〕論的根拠と基準 52
后〃襦仝譟67

自救行為と刑法における財産権の保護大下英希(71)
機,呂犬瓩法71
供ー救行為の禁止の意義 74
掘ゝ容される自救行為 83
検ー救行為と刑法における財産権の保護 100
后,わりに 115

文書偽造罪の本質成瀬幸典(117)
機〔簑蠅僚蟶漾117
供(現餤饗ず瓩諒欷酲 ̄廚箸靴討痢嵎現颪紡个垢襦惴共の』信用」の意義と問題点―保護の対象としての「文書と関連する対外関係」 124
掘(現餤饗ず瓩諒欷酲 ̄廚箸靴討痢嵎現颪紡个垢觚共の『信用』の意義と問題点―通説・判例としての形式主義 129
検ゝ丗里箸靴討諒現颪竜’宗淑現餤饗ず瓩諒欷酲 ̄廚箸靴討痢屐慂現颪紡个垢襦抔共の信用」 139
后〃觚譟従攀鯣蛤瓩箸靴討諒現餤饗ず瓠143

コンピュータ時代における文書偽造罪の変容今井猛嘉(155)
機,呂犬瓩法155
供 嵎現顱彝鞠阿諒冤董156
掘 峙饗ぁ彝鞠阿慮従 172
検,わりに 179

中止犯論の問題点−金澤書評に対するコメントを中心に−野澤 充(181)
機,呂犬瓩法181
供―馼昭圓慮躄鬚隼廚錣譴訶世砲弔い董182
掘―馼昭圓亮臘ゼ体の問題点 197
検〆8紊慮‘げ歛蠅琉譴弔箸靴董214
后,わりに 216

[書 評]

仲道祐樹著『行為概念の再定位−犯罪論における行為特定の理論−』(成文堂、2013年)を読んで
盪害惰犹辧217)

明照博章著『正当防衛権の構造』(成文堂、2013年)
只木 誠(243)

[外国論文紹介]

1.ミヒャエル・パヴリック(Michael Pawlik)『市民の不法(Das Unrecht des Bürgers)』(2012, Mohr Siebeck Tübingen)
川口浩一(267)

2.フランスにおける欧州刑法をめぐる最近の議論
末道康之(275)




プライバシーポリシー | お問い合わせ