ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 懲罰社会と刑法

刑法理論の基礎
懲罰社会と刑法
吉田敏雄 著
懲罰社会と刑法
発 行2014年11月1日
税込定価2,640円(本体2,400円)
判 型A5判並製
ページ数218頁
ISBN978-4-7923-5129-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次

はしがき
初出一覧

第1章 自由主義法治国と刑法 1

機,呂犬瓩 1
供仝威刑法と法概念の外面化 3
1 応報理論 3
2 威嚇理論 5
3 純粋法理論 6
掘ヾ躙嬰制刑法 9
検ー由主義法治国と刑法 26
1 法と社会倫理 26
2 犯罪概念 29
⑴ 不法  (29)
⑵ 責任  (30)
⑶ 刑罰  (31)
后―わりに 32

第2章 刑事手続きにおける被害者の参加形態
―ドイツ,オーストリアの法制度― 35
機,呂犬瓩 35
供.疋ぅ跳沙訴訟法における被害者の地位 37
1 私人起訴 37
⑴ 私人起訴の対象犯罪  (37)
⑵ 和解官庁による和解の試み  (38)
⑶ 私人起訴手続きの遂行  (39)
⑷ 議論  (40)
2 公訴参加 41
⑴ 公訴参加の目的とその権利者  (42)
⑵ 公訴参加の手続きと公訴参加人の権利内容  (44)
⑶ 議論  (46)
掘.ーストリア改正刑事訴訟法における被害者の地位 53
⑴ 被害者と私人参加人の概念  (54)
⑵ 被害者の権利  (55)
⑶ 私人起訴  (57)
⑷ 議論  (58)
検―わりに 60


第3章 「新たな懲罰性」の問題
―いっそう厳しい制裁に犯罪予防効果はあるのか― 69

機―  論 69
供々垠妻野における現在の(法律の)進展状況から見た威嚇と
その他の刑罰目的 72
掘〃沙政策の進展状況における大衆媒体の役割 81
検仝靴靴だ裁によって犯罪は減少するか? 84
1 アメリカ合州国の例 86
2 フィンランドの例 92
3 ポルトガルの例 93
4 日本の例 97
5 ドイツの例 105
后 文靴靴ぁ棒裁の犯罪予防効果? 106
此〃襦 , 118


第4章 「行状監督」概観 ―ドイツの犯罪者社会内処遇― 131

機,呂犬瓩 131
供々埔監督(「2007年3月22日の行状監督改正法」成立前)の概観 137
1 行状監督の刑事政策上の目的 137
2 行状監督の対象者 138
⑴ 任意的行状監督の可能な犯罪  (138)
⑵ 必要的行状監督が付される場合  (138)
⑶ 特別の場合  (138)
3 行状監督の期間 139
4 行状監督の手段 139
5 行状監督の担当者 139
掘‥計調査研究から見た行状監督 140
1 E・ヴァイゲルトとS・ホーマン=フリッケの統計調査研究 140
⑴ 刑法第68条第1項の定める行状監督の推移  (140)
⑵ 調査の対象者  (140)
⑶ 命令群のデータ評価  (143)
⑷ 満期群のデータ評価  (145)
⑸ 処分群のデータ評価  (151)
  ⒜ 処分及び刑罰併科群
  ⒝ 単独処分群
2 本統計調査研究の問題点 154
検々埔監督の論争点 155
1 行状監督の廃止論と改正論 155
2 1980年の連邦憲法裁判所決定 159
后々埔監督制度改革 160
1 行状監督改正法案 160
⑴ 刑罰で補強された指図型録の拡大(刑法第68条b第1項)  (161)
⑵ 刑罰で補強されない指図型録の拡大(刑法第68条b第2項)  (163)
⑶ 引致命令(刑訴法第463条a第3項)  (163)
⑷ 関係機関の協調(刑法第68条a第7項)  (164)
⑸ 行状監督中の指図違反罪(刑法第145条a)  (165)
⑹ 無期限の行状監督(刑法第68条c第3項)  (166)
⑺ 危機介入(刑法第67条h)  (166)
此々埔監督改正法の成立 167
1 行状監督法 167
2 行状監督法の批判的考察 174
⑴ 裁判所の命令による行状監督(刑法第68条第1項)  (174)
⑵ 残刑が猶予されない場合の性犯罪者に対する行状監督(刑法第68条f)  (174)
⑶ 無期限の行状監督(刑法第68条c第3項2号)  (176)
⑷ 行状監督中の指図違反罪(刑法第145条a)  (178)
⑸ 併合自由刑が満期執行された場合の必要的行状監督(刑法第68条f)  (180)
終わりに 180



第5章 性的被害発生率について
―日本とドイツの比較研究― 189

機― 189
供)楪敢左Φ罅銃本とドイツの比較― 190
1 仮説 193
2 無作為抽出調査 193
3 調査方法 195
掘…敢嵯覯 196
1 性的被害の規模 196
2 性的被害体験と住居・収入状況 201
3 性的被害と加害者との関係 204
検ゝ帖 ] 205




プライバシーポリシー | お問い合わせ