ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 現代の刑事裁判

現代の刑事裁判
渡辺 修 著
現代の刑事裁判
発 行2014年9月20日
税込定価8,800円(本体8,000円)
判 型A5判上製
ページ数446頁
ISBN978-47923-5120-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次
はしがき
初出一覧
第1部 裁判員裁判──「市民主義」の構造
1 導入──「市民主義」黎明
第1章 裁判員裁判の課題3
──共同研究「裁判員裁判について」
機,呂犬瓩萌;ゞζ姥Φ罎硫歛蝓3
供 嶌枷衆制度」導入の意義はなにか 3
掘〆枷衆裁判の目的はなにか 4
検”承弔侶舛呂匹Δ△襪戮か 5
后”承弔悩枷衆の良識は機能するか 7
此 岾某柑碧 廚呂匹Δ△襪戮か 9
察〆枷衆裁判に伴う整理手続の目的はなにか 10
次 崢棺餾枷宗廚蝋酩できるか 12
宗21世紀刑事手続の理念はなにか 13
第2章 裁判員制度と公判前整理手続・証拠開示15
──「司法改革」と被告人の防御権
機,覆嫉碧_革が必要か──裁判員裁判の効果 15
供,覆叱判前整理手続が必要か 17
掘,覆湿攀魍示の改革が必要か 20
検〆枷衆裁判は機能するか 22
后〆沌から秩序へ──21世紀「刑事司法」の形 24
第3章 裁判員制度実施を前にした諸課題26
──公判前整理手続,裁判員裁判,司法改革
機21世紀の刑事司法──「市民主義」と「可視化」原理で捉える 26
供仝判前整理手続の現状と課題 28
掘〆枷衆裁判の展望 33
検〜躋腮; 21世紀司法」のあり方 37
第4章 裁判員裁判で市民社会は変わるか38
──「司法改革」と「市民主義」の時代
機,覆次嶌枷衆」制度か──21世紀の刑事司法と「市民主義」 38
供〆枷衆はなにをするのか──事実認定・法令適用・刑の量定 39
掘〇毀雲験茲蛤枷衆は両立するか──制度に伴う「不安」解消(上) 40
検〇毀韻忘枷修呂任るのか──制度に伴う「不安」解消(下) 41
后 峪毀閏腟繊廚函峪毀盈蓮廨;.皀薀襪硫麌,社会の再生 43

2 展開──「市民主義」各論
第5章 模擬裁判員裁判から学ぶ44
──「記録裁判」から「公判裁判」へ
機〔狼失枷修里海函44
供)…邀萋阿竜震筥; 屮▲ぁΕ薀ぅ鶻諒檗弩饗А1) 45
掘.僖錙璽櫂ぅ鵐函PPT)の危険性──「アイ・ライン確保」原則(2) 47
検〆枷衆裁判の「法廷作法」──「被告人・弁護人一体観」の原則 49
后“紳仗厂筥; 屮ロス」の本当の意味 51
此〔狼失枷修ら学ぶもの──職権主義から当事者主義へ 52
第6章 「無罪評決の構造」55
──2007年2月大阪三庁模擬裁判から学ぶ
機ヽ惻圓量狼失枷衆裁判見学 55
供ヽ示証拠の構造的欠陥 55
掘〆枷衆裁判と弾劾型弁護活動 56
検〆枷衆と「合理的疑いを超える証明」 58
后〔枷襪垢詒鏐霓佑悗亮遡筺60
此〆枷衆裁判と法廷技術 61
察〆枷衆裁判らしい評議 62
次…棺餾枷修ら公判裁判へ──自白調書の扱い 62
宗〆枷衆裁判と当事者主義の徹底 63
第7章 裁判員裁判と証拠法の基本課題64
──調書裁判から公判裁判へ
機〆枷衆裁判と公判中心主義──「裸眼による事実認定」 64
供‐攀魴萃蠅函崗攀鮓形の原則」──必要性要件の重要性 66
掘仝〇ヾ浦鄒供述調書再考──相反性・特信性,弾劾性 68
検“鏐霓佑亮白調書再考──任意性の厳格立証 73
后,泙箸瓱;‥事者追行主義と職権追行主義の新たな衝突 75
第8章 裁判員裁判のあり方について77
──「材料限定・心証誘導」型から「材料説明・疑問共有」型へ
機〆枷衆裁判の原理──「法律上の負担」から「憲法上の義務」へ 77
供/生傭郎曄嵋…邀很拭廨; 嵋〜癲彈腟舛ら「市民」主義へ 82
掘 崢棺餾枷宗廚ら「証拠裁判」へ──公判中心主義の実現 85
検‐攷与厂笋犯鏐霓夕遡
   ──法廷技術革命と「材料説明・疑問共有」型立証へ 94
后“酬萓觜陲販矛坐蠑讎;〆枷衆による「人情裁判」の実現 97
此〜躋腮;〆枷衆裁判と法廷革命──「ケース・セオリー」を活かす 101


第9章 裁判員裁判と「誤訳えん罪」104
──ガルスパハ・ベニース事件
機 峺輒えん罪」──問題の所在として 104
供^貎蓋判における英語通訳──「誤訳」の諸相 106
掘々義平魁峪後審」の審理回避──裁判員法65条記録媒体問題 115
検々義平拡酬茲痢峪碧…面」論批判 117
后 峪碧…面」プロフェッショナリズムの確立 121
第10章 裁判員裁判と控訴審の機能124
──「破棄」された裁判員裁判
機,△覲姐饋融人事件と「破棄」された裁判員裁判──問題の所在 124
供〇人罪の「故意」と「共謀」
   ──一審での食いちがい,控訴審での見逃し 126
掘仝蹐辰拭峭坩拈嫻ぁ從
   ──証人尋問実施と示談の努力を非難する量刑判断 135
検〆枷衆裁判の「破棄」
   ──控訴審と「2項取調べ」「2項破棄」の意義 140
后〆枷衆裁判と控訴審の役割──「ヤヌス神」と「ミネルバの梟」 144

3 展望──「市民主義」検証
第11章 裁判員裁判全般と3年後検証149
──「市民主義」の充実・発展のために
機〆枷衆裁判の総括──「調書裁判」から「法廷糺問」裁判へ 149
供〆枷衆裁判型「調書裁判」の克服 153
掘〆枷衆の「負担」について 157
検“鏐霓佑虜枷渋料択権について 159
后\度の全般的な見直しについて 161
此〜躋腮; 峪毀閏腟繊廚砲茲觀沙手続の構造改革 163
第12章 裁判員裁判対象事件と3年後検証164
第2部 刑事裁判──「包括的防御権」と「可視化」原理
第13章 被疑者取調べ「可視化」立法への道179
機“鏥深埃萃瓦戞峅鳥覯宗徇法案──包括的防御権と効果的立証 179
供〔室での「恫喝取調べ」──大阪府警東警察署事件 180
掘〔室での「作文調書」──郵便不正事件 182
検ー白による事件処理──官僚的「一件落着」手法 184
后 峅鳥覯宗彈存絵;〃抻 Ω〇,砲ける自白再確認場面の録音録画 185
此[法化への動き──警察・法務の研究会 188
察々餡颪筏聴立法の道 190
次,泙箸瓱; 峅鳥覯宗弩桐の立法化 191
第14章 被疑者取調べ「可視化」193
──取調べのビデオ録画と「正義」の実現
機“鏥深埃萃瓦戞峅鳥覯宗廚箸呂覆砲 193
供〃抻,取調べで「虚偽自白」をさせることはあるか 193
掘 嵬室取調べで虚偽自白をさせる運用」は何故長年続いているのか 195
検,任蓮と鏥深埃萃瓦戮枠疹覆両譴砲覆辰討い襪里 195
后_晋痢ず,被疑者取調べ「可視化」か 196
第15章 「防御の秘密」と被疑者取調べの法的限界199
機〔簑蠅僚蟶澀;〇嵒杙崢公選法違反事件と接見内容の取調べ 199
供 嵌詭交通権」概念の登場と「防御の秘密」保護 204
掘 嵌詭交通権」概念の確立と「防御の秘密」保護 207
検.縫紂璽茵璽州における「防御の秘密」の保護 211
后“鏥深埃萃瓦戮函嵋標罎糧詭」保護──日米法の架橋 219
此,泙箸瓱; 嵎餝臈防御権」の原理と「防御の秘密」保護 227
第16章 
弁護人の「有罪証拠」提出行為と「弁護人による実質的な援助を受ける権利」229
──被告人の包括的防御権の保障のために
機〔簑蠅猟鶺──弁護人の「敵対行為」 229
供(杆鄂佑痢崚対行為」と「不適切な弁護」 231
掘.▲瓮螢連邦判例の動向 233
検.リフォルニア州判例の動向 241
后 峺果的な弁護を受ける権利」から「実質的な援助を受ける権利」へ
   ──アメリカ法と我が国法制度との架橋 248
此〜幣抻愆権と司法の「公正」さの維持──一審・控訴審の問題点 253
察〃觚讎;
「弁護人による実質的な援助を受ける権利」と
被告人の「包括的防御権」 257
第17章 
公訴時効と刑訴法254条2項「共犯」の実質解釈について──明石歩道橋事故に寄せて259
機,呂犬瓩萌;〔誓佇眛散胸故と刑事裁判 259
供〔誓佇眛散胸故と被告人Sに対する公訴時効の不成立(概要) 262
掘仝訴時効制度の現時点における意義
   ──公訴時効積極主義から,公訴時効消極主義へ 265
検仝訴時効制度の沿革(概観) 274
后“塾磴瞭宛(概観)──審判対象に関する当事者(処分)主義の重視 279
此仝訴時効の正当化事由の再検討──実体法説・訴訟法説の総合 288
察)254条の解釈一般について 295
次)楫錣両豺腓砲弔い逃;_畆困龍ζ雲吉函げ畆困龍ス膸犯について 303
宗〃襦仝譟306



第18章 被告人の証人喚問・審問権と所在尋問の限界307
──元オウム真理教信者の事件を契機に
機―蟶濘厂笋琉齋性──検察官申立書反論骨子 307
供仝序良俗侵害の虞はないこと
   ──本件での所在尋問は憲法に違反すること(1) 308
掘)楫鑒鏐雹件は「政治犯罪」であること
   ──本件での所在尋問は憲法に違反すること(2) 310
検“鏐霓佑慮開裁判を受ける権利を二重に侵害すること
   ──本件での所在尋問は被告人の憲法上の権利を侵害すること 315
后“鏐霓佑慮開裁判を受ける権利と証人の市民としての権利
   ──刑訴法上の諸措置の先行を欠如する所在尋問は憲法違反であること 317
此〇犒些猟蠎圓燭訃攷佑虜枷十蟒估と拘置所の責務
   ──被告人の権利,裁判員裁判の公正さ,証人本人の出頭意欲の優先 322
察〆枷衆裁判と所在尋問の問題点 325
エピローグ──最近の新聞記事から 327
第19章 証人審問権と伝聞例外329
第3部 刑事手続──判例法と判例評釈の「方法」
第20章 昭和42年12月21日最判337
──補強証拠
第21章 昭和56年11月26日広島高判343
──別件捜索差押
第22章 平成12年4月21日最決349
──刑の執行猶予取消し手続と憲法34条
第23章 平成12年6月27日最決363
──刑事訴訟書類の送達と被告人の「裁判を受ける権利」
第24章 平成14年6月5日最決382
──軽微事件と長期の身柄拘束の救済
第25章 平成17年10月12日最決389
──麻薬特例法と業態犯の訴因の特定
第26章 平成20年3月14日最決403
──横浜事件再審請求事件と大赦による免訴事由
第27章 平成20年6月25日最決414
──公判前整理手続における捜査メモの証拠開示命令
第28章 平成21年5月15日大阪地決428
──別件逮捕勾留と余罪取調べの限界
機(矛鏥訴後勾留と本件取調べ──事件の概要と今回の決定 428
供〆2鵑侶萃蠅料菘世班床繊429
掘ヽ愕Δ瞭宛と本決定について 438
検―估滞留義務,事件単位,取調べの任意性
   ──「包括的防御権」の原理 442
后〃觚讎; 嵎餝臈防御権」の原理 445






プライバシーポリシー | お問い合わせ