ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 刑法の論点と解釈

刑法の論点と解釈
南山大学学術叢書
丸山雅夫 著
刑法の論点と解釈
発 行2014年11月20日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判上製
ページ数298頁
ISBN978-4-7923-5133-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

はしがき (i)
初出一覧 (vii)

第1部 刑法総論の論点と解釈

第1章 不真正不作為犯の限定原理3
機,呂犬瓩法 3)
供ー膣囘要件から客観的事情の重視へ (5)
掘ゞ畛の議論とその検討 (10)
検”垪邂戮了人をめぐる解釈論 (16)
后,爐垢咾紡紊┐董 21)

第2章 中止未遂の法的性質と成立要件23
機,呂犬瓩法 23)
供|羯潴た襪遼‥性質 (25)
掘|羯瀏箸寮立要件 (33)
検|羯潴た襪慮果 (44)

第3章 結果的加重犯の構造49
機,佞燭弔力静澄 49)
供\嫻じ桐との調和 (50)
掘〃覯姪加重犯の構造(加重根拠) (54)
検〃覯姪加重犯の成立範囲 (57)
后々渋は世亮幼と残された問題 (59)
[補論] 結果的加重犯と過失の要否 (61)

第4章 共謀共同正犯の構造と成立範囲67
機,呂犬瓩法 67)
供ゞλ填ζ雲吉箸旅渋ぁ 69)
掘ゞλ填ζ雲吉箸寮立範囲 (82)
検,爐垢咾紡紊┐董 93)
[補論]共同正犯者が共同して収受した賄賂についての追徴の方法 (95)

第5章 併合罪加重における内在的制約101
機 峽困慮衡」論による問題提起 (101)
供〇件の概要と裁判所の判断 (104)
掘(珊膾甓箪鼎亮饂櫃畔法 (108)
検〆嚢盧枷酬茲力斥と問題点 (113)
后,爐垢咾紡紊┐董 122)

第6章 連続的包括一罪125
機,呂犬瓩法 125)
供〇案の概要と裁判所の判断 (128)
掘ヽ稿募金詐欺事案の特殊性 (130)
検]続犯規定とその削除 (132)
后]続的包括一罪と街頭募金詐欺の罪数 (135)
此,爐垢咾紡紊┐董 145)



第2部 刑法各論の論点と解釈

第1章 生命・身体に対する罪と被害者の同意149
機,呂犬瓩法 149)
供‘碓媚人とその扱い (151)
掘‘碓媾害とその扱い (155)
検‘碓媾害致死事案とその扱い (160)
后[矛困砲ける内在的制約 (169)

第2章 自動車交通死傷事故に対する刑事的対応175
機,呂犬瓩法 175)
供ゞ般馨絏畆挫彁狃罪による対応 (177)
掘ヾ躙臼薪消彁狃罪と自動車運転過失致死傷罪 (183)
検‖弍の行き詰まりとその後の動向 (191)
后,爐垢咾紡紊┐董 196)

第3章 個人的法益としての「名誉」概念199
機 嵬祥澄彝鞠阿鬚瓩阿覲慇發両況 (199)
供 嵬祥澄彝鞠阿斑賃里紡个垢詭祥誠害 (202)
掘仝朕妖法益としての「名誉」 (208)
検,爐垢咾紡紊┐董 213)
[補論]インターネットの個人利用者による名誉毀損と真実性の誤信 (215)

第4章 財産犯における不動産の扱い221
機〆盪哉箸班堝飴此 221)
供”堝飴困竜丗寮が当然視される犯罪類型 (222)
掘”堝飴困竜丗寮が争われる犯罪類型 (229)
検235条の2の意義と射程 (233)

第5章 被害者の意思と窃盗罪の成否237
機(神19年最高裁決定 (237)
供.僖船鵐嚇垢任良埓詰卦擦叛狹雕瓠 239)
掘(神19年最高裁決定とその検討 (246)
検”埓詰卦嗣榲でのパチンコ店への立入りと建造物侵入罪 (255)
后,爐垢咾紡紊┐董 258)

第6章 強盗犯人による被害者の殺害と共犯者の刑責261
機,呂犬瓩法 261)
供〇案の概要と裁判所の判断 (264)
掘〆枷十蠅糧獣任紡个垢觚‘ぁ 267)
検,爐垢咾紡紊┐董 280)
[補論] 強盗致死罪の共同正犯 (282)




プライバシーポリシー | お問い合わせ