ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 刑法総論 [第4版]

刑法総論 [第4版]
立石二六 著
刑法総論 [第4版]
発 行2015年3月10日
税込定価4,400円(本体4,000円)
判 型A5判上製
ページ数438頁
ISBN978-4-7923-5138-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次
第四版はしがき
はしがき
凡例
文献略称
第一編 序  論 ……1

 第一章 刑法の基礎……1
  第一節 刑法の意義、性格……1
   一 刑法の意義(1)  二 刑法の種類(1)  三 刑法・刑事訴訟法・行刑法(2)
   四 刑法と民法・行政法(2)  五 刑法学(3)
  第二節 刑法の法源……6
   一 制定法と慣習法(6)  二 判例の法源性(6)  三 政令と条令(7)
  第三節 刑法の機能……7
   一 刑法の規範(7)  二 刑法の規制的機能(8)
   三 刑法の秩序維持機能(8)  四 刑法の保障的機能(9)
  第四節 近代におけるわが国の刑法史と刑法改正作業……9
   一 古代から江戸時代までの刑法史略説(9)  二 明治時代初頭の刑法とその性格(10)
   三 旧刑法とその特色(11)  四 現行刑法(12)  五 刑法の一部改正(13)
   六 刑法改正作業(16)

 第二章 学派の争い……19
   一 中世の刑法の特色(19)  二 近代啓蒙主義の刑法思想(19)  三 旧派の刑法思想(21)
   四 新派の刑法思想(22)  五 新旧学派の争い(24)
   六 わが国における新旧学派の争いについての学者の系譜(25)
   七 新旧両派の理論的争点(27)  八 新旧両派の理論的対立の終焉(31)

 第三章 罪刑法定主義……32  第一節 罪刑法定主義の意義……32   一 意 義(32)  二 歴史的沿革(32)  三 思想的基盤(33)
  第二節 罪刑法定主義の内容……34
   一 伝統的な派生四原則(34)  二 伝統的な派生四原則以外の内容(36)

 第四章 刑法の効力……39
   一 総 説(39)  二 場所的効力(39)  三 時間的効力(41)
   四 人的効力(44)  五 事項的効力(45)

第二編 犯 罪 論……47

 第一章 犯罪論の体系……47
  第一節 犯罪の成立要件……47
   一 犯罪の意義(47)  二 犯罪の現象形態(48)  三 犯罪の分類(49)
  第二節 犯罪論の体系……51
   一 犯罪論体系の意義(51)  二 犯罪論体系の諸相(53)

 第二章 行 為 論……57
  第一節 行為論の意義……57
  第二節 行為論の諸説……58
   一 因果的行為論(58)  二 目的的行為論(61)  三 社会的行為論(63)
   四 人格的行為論(64)  五 私 見(65)  六 判 例(67)
  第三節 因果関係……68
   一 因果関係の意義と性格(68)  二 条件説(69)  三 原因説(70)
   四 相当因果関係説(71)  五 因果関係不要論(71)  六 客観的帰属論(72)
   七 私 見(73)  八 因果関係認定上の諸問題(78)  九 判 例(81)
 第三章 違法性論……88
  第一節 違法性の本質……88
   一 総 説(88)  二 形式的違法性と実質的違法性(88)
   三 主観的違法論と客観的違法論(90)  四 行為無価値論と結果無価値論(93)
   五 可罰的違法性(97)  六 違法一元論と違法多元論(102)
   七 許された危険(104)
  第二節 構成要件……105
   一 構成要件の意義と機能(105)  二 基本的な構成要件概念(107)
   三 わが国におけるその他の代表的構成要件概念(116)  四 構成要件の要素(122)  五 不作為犯(133)
  第三節 違法阻却事由……141
   一 違法阻却事由の実質(141)  二 正当防衛(145)  三 緊急避難(152)
   四 自救行為(156)  五 正当行為(法令又は正当な業務による行為)(157)
   六 義務の衝突(168)  七 被害者の承諾(169

 第四章 責 任 論……173
  第一節 責任論の基礎……173
   一 責任論の意義と責任主義(173)  二 責任の本質と意思の自由(175)
   三 責任学説の推移(177)  四 今日の責任学説(178)
  第二節 責任能力……180   一 責任能力の本質と性格(180)  二 心神喪失と心神耗弱(183)
   三 刑事未成年者(187)  四 原因において自由な行為(187)
  第三節 故  意……196   一 総 説(196)  二 故意概念の諸相(197)  三 故意の体系的地位(204)
   四 故意の種類(204)
  第四節 錯  誤……209   一 総 説(209)  二 事実の錯誤(210)  三 法律の錯誤(227)
  第五節 過  失……243
   一 総 説(243)  二 過失犯の構造とその体系的地位(244)  三 過失の種類(250)
   四 信頼の原則(252)  五 監督過失(253)
  第六節 期待可能性……255
   一 総 説(255)  二 期待可能性の体系上の地位(256)  三 期待可能性の標準(257)
   四 期待可能性の錯誤(257)  五 わが国の判例(258)
 第五章 未遂犯論……260
  第一節 未遂犯の概念と本質……260
   一 総 説(260)  二 犯罪の発展段階(260)  三 未遂犯の処罰根拠(262)
   四 未遂犯の態様と処罰(263)
  第二節 実行の着手……265
   一 総 説(265)  二 学 説(265)  三 判 例(269)
   四 特殊な犯罪形態における実行の着手(271)  五 早すぎた構成要件実現(273)
  第三節 中 止 犯……275
   一 総 説(275)  二 中止犯の法的性格(276)  三 中止犯の成立要件(277)
   四 予備の中止(280)
  第四節 不 能 犯……282
   一 総 説(282)  二 不能犯の学説(283)  三 不能犯の判例(286)

 第六章 共 犯 論……288
  第一節 共犯の基本観念……288
   一 総 説(288)  二 共犯の種類(必要的共犯と任意的共犯)(288)
   三 正犯と共犯(正犯概念について)(289)  四 共犯の従属性(292)
   五 共犯学説(犯罪共同説・行為共同説・共同意思主体説)(296)  六 共犯の処罰根拠(297)
  第二節 共同正犯……299
   一 総 説(299)  二 共同正犯の諸相(299)
  第三節 教 唆 犯……323
   一 総 説(323)  二 教唆犯の意義と要件(323)  三 教唆の未遂と未遂の教唆(325)
   四 間接教唆・連鎖的教唆(326)
  第四節 従  犯……327
   一 総 説(327)  二 従犯の意義と要件(328)  三 共同正犯と従犯(330)
  第五節 間接正犯……331
   一 総 説(331)  二 学 説(332)  三 判 例(337)
   四 間接正犯と教唆犯との錯誤(338)  五 自手犯(340)
  第六節 共犯と身分……340
   一 総 説(340)  二 六五条一項と二項との関係(341)
   三 六五条一項の法意(342)  四 六五条二項の法意(346)
  第七節 共犯の諸問題……347
   一 必要的共犯(347)  二 不作為と共犯(348)  三 結果的加重犯と共犯(349)
   四 共犯と錯誤(350)  五 共犯と中止犯(351)  六 予備の共犯(352)

 第七章 罪 数 論……353   一 罪数論の意義(353)  二 本来的一罪(354)  三 科刑上一罪(356)
   四 併合罪(360)
第三編 刑 罰 論……365

 第一章 刑罰の意義……365
  第一節 刑罰の本質と刑罰権……365
   一 刑罰の本質(365)  二 刑罰権(366)
  第二節 刑罰の種類……367
   一 総 説(367)  二 死 刑(367)  三 懲役、禁錮、拘留(369)
   四 罰金、科料(371)  五 没収、追徴(372)

 第二章 刑罰の適用……373
  第一節 法定刑とその加減……373
   一 法定刑の意義と軽重(373)  二 法定刑の加重・減軽(374)
   三 累犯、常習犯(375)  四 自首、首服、自白(376)
   五 酌量減軽(377)  六 加重減軽の方法(378)
  第二節 刑の量定、言渡、免除……379
   一 刑の量定(379)  二 刑の言渡、免除(380)

 第三章 刑罰の執行……382
  第一節 各種刑罰の執行……382   一 総 説(382)  二 死刑の執行(383)  三 自由刑の執行(384)
   四 財産刑の執行(386)
  第二節 刑の執行猶予……386
   一 総 説(386)  二 刑の執行猶予の言渡(387)  三 刑の執行猶予の取消し(389)
   四 刑の執行猶予の効力(391)
  第三節 仮 釈 放……392
   一 総 説(392)  二 仮釈放(392)  三 仮出場(395)

 第四章 刑罰の消滅……396
   一 総 説(396)  二 犯人の死亡、法人の消滅(396)  三 恩 赦(397)
   四 時 効(398)  五 刑の消滅(400)

 第五章 保安処分……401
   一 総 説(401)  二 保安処分の一般的要件(402)  三 現行法上の保安処分(403)

  事項・人名索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ