ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 交通犯罪対策の研究

交通犯罪対策の研究
川本哲郎 著
交通犯罪対策の研究
発 行2015年2月20日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判上製
ページ数308頁
ISBN978-4-7923-5142-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次
 はしがき
 論文初出誌一覧
 
第一章 自動車運転死傷行為処罰法について…1
一 はじめに…1
二 最近の重大な交通犯罪…2
三 道路交通法の改正…7
1 一定の病気等に係る運転者対策…7
2 悪質・危険運転者対策…8
四 自動車運転死傷行為処罰法…9
1 はじめに…9
2 危険運転致死傷罪(第二条)…9
3 準危険運転致死傷罪(第三条)…10
4 過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪(第四条)…13
5 過失運転致死傷罪(第五条)…14
6 無免許運転による加重(第六条)…15
7 おわりに…16
五 薬物運転犯罪…16
1 道路交通法の過労運転など…16
2 危険ドラッグと危険運転致死傷罪…17
3 その他の薬物…19
4 海外の状況…20
第二章 日本と英国の交通犯罪対策…25
一 はじめに…25
二 交通犯罪者に対する処罰…27
1 二〇〇〇年までの我が国の状況…27
2 イギリスにおける交通犯罪者の処遇…28
三 交通犯罪者に対する厳罰化―自由刑の有効性―…32
四 交通犯罪者に対する交通安全教育…35
1 イギリスの交通安全講習…35
2 我が国の交通安全講習…36
五 交通犯罪者に対するその他の刑罰…38
1 社会奉仕…38
2 運転免許剥奪…39
3 その他の処分…40
六 おわりに…40
第三章 交通犯罪者の処遇――危険運転致死傷罪の新設に際して――…47
一 はじめに…47
二 立法提案までの経緯…48
1 交通事故の現状…48
2 交通事故の被害者・遺族の活動…49
3 民主党の法案…51
三 交通犯罪の厳罰化…52
1 刑法の一部改正―危険運転致死傷罪―…52
2 自由刑受刑者の処遇…56
3 「重大な交通犯罪者の前歴」(Gerry Rose, The criminal histories of serious traffic offenders, Home Office Research Study 206, 2000.)…57
四 今後の課題…59
第四章 交通犯罪者の処遇…65
一 はじめに…65
二 施設内処遇…66
1 交通事犯受刑者の集禁処遇…66
2 集禁処遇の効果…67
三 交通事犯受刑者と一般受刑者の比較…68
四 おわりに…71
第五章 交通刑事政策の展開…75
一 交通犯罪の現状…75
1 交通犯罪の意義…75
2 交通犯罪…75
3 交通犯罪の動向…77
二 法改正の動き…78
1 日  本…78
2 イギリス…79
三 交通犯罪防止策…80
1 飲酒運転…80
2 交通犯罪者の矯正教育…81
四 交通犯罪防止策の今後の課題…84
1 高齢者対策…84
2 自転車…85
3 携帯電話…85
第六章 飲酒運転犯罪者の処遇…91
一 はじめに…91
二 日英の調査研究…92
1 内閣府の調査研究…92
2 イギリス運輸省の研究…93
三 アルコール精神疾患…94
四 交通犯罪…96
1 アルコールと犯罪…96
2 刑法理論―原因において自由な行為―…96
3 交通犯罪の諸類型…97
4 統計による交通犯罪の実態…99
5 交通犯罪と精神障害…101
五 飲酒運転犯罪の被害者…103
六 飲酒運転犯罪者の矯正処遇…105
1 集禁処遇…105
2 改善指導…107
七 飲酒運転犯罪の予防…110
八 今後の課題…115
第七章 交通犯罪処罰の動向…133
一 はじめに…133
二 最近の重大事件の概要…134
1 鹿沼クレーン車事件…134
2 祇園暴走事件…135
3 亀岡暴走事件…135
三 交通犯罪処罰規定の変遷…136
四 危険運転致死傷罪の問題点…138
五 今後の法整備…140
1 諸外国の動向…141
2 我が国における法改正…143
3 その他の問題…145
第八章 交通犯罪の被害者…151
一 一九九九年までの状況…151
1 交通事故の現状…151
2 交通犯罪の被害者…152
3 交通犯罪者に対する処罰…153
4 交通犯罪被害者と司法制度…157
二 交通犯罪の被害者…159
1 はじめに…159
2 交通犯罪の現状…160
3 交通犯罪被害者の実態…161
4 損害賠償…163
5 被害者支援…164
6 今後の課題…166
7 小  括…168
三 書 評――二木雄策「交通死」(一九九七年)、佐藤光房「遺された親たち PARTI-后
(一九九二年―一九九七年)…172
四 交通犯罪被害者の支援…181
1 被害者と遺族の心の傷…181
2 重度後遺障害者の支援…183
3 自助グループ…184
五 おわりに…185
 

 補  論
第一章 交通犯罪者の処遇――施設内処遇の回避を中心に――…193
一 問題の所在…193
二 戦後の交通刑事政策の変遷…199
1 道路交通法制定の経過と法律の内容…199
2 交通刑事政策の展開…205
3 小  括…214
三 交通犯罪者に対する自由刑の効果…218
1 科刑の概観…219
2 自由刑の特別予防効果…221
3 自由刑の応報・一般予防機能…226
4 自由刑の弊害…230
5 小  括…231
四 施設内処遇回避のための諸方策…233
1 自由刑の保護観察付執行猶予…234
2 運転資格剥奪…237
3 罰金刑…240
五 結びに代えて…244
第二章 刑法における業務の概念…251
一 はじめに…251
二 業務上過失規定の立法史…253
三 業務上過失の刑の加重根拠…256
四 業務性認定の基準…260
五 立法的解決…276
六 その他の業務…281
七 結  び…288




プライバシーポリシー | お問い合わせ