ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 環境法のフロンティア

環境法のフロンティア
黒川哲志/奥田進一 編
環境法のフロンティア
発 行2015年3月20日
税込定価2,592円(本体2,400円)
判 型A5判並製
ページ数310頁
ISBN978-4-7923-3331-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次
はしがき
第1章 環境法の歴史
機々杙殻簑蠅砲呂犬泙訐鐐阿慮害
供〇唆犯展による激甚公害
掘仝害問題から環境問題へ
検.哀蹇璽丱襪粉超問題
后,瓩泙阿襪靴変化する環境問題
第2章 基本理念・基本原則・政策手法
機ヾ超法の基本理念
供ヾ超法の基本原則
1.環境対策の費用負担に関する原則
2.環境対策の実施に関する原則
3.環境政策の主体に関する原則
掘\策手法
1.規制的手法   2.経済的手法
3.合意形成手法・自主的取組手法   4.情報的手法
第3章 温暖化とエネルギー
機|狼絏甲伐修鬚瓩阿詁阿
供々駭気候変動枠組条約と京都議定書
1.国連気候変動枠組条約   2.京都議定書
3.今後の国際的な取り組み
掘々馥發涼狼絏甲伐渋从とエネルギー政策
1.地球温暖化対策の体制整備
2.地球温暖化対策推進法   3.省エネ法
4.エネルギー政策
第4章 大気・水汚染対策法
機ゝ制の法的仕組み
供‖腟け染防止法
1.「ばい煙」の排出規制
2.揮発性有機化合物(VOC)の排出抑制
3.粉じんの排出規制   4.自動車排出ガスの対策
掘/綣善濁防止法
1.規制対象   2.環境基準・排水基準
3.総量規制制度   4.地下水の規制
第5章 土壌・化学物質汚染対策法
機‥攵蹇Σ蹴慂質汚染の歴史と対策
1.土壌・化学物質汚染対策の始まり
2.汚染対策の展開と課題
3.対症療法的取り組みから予防的・順応的取り組みへ
供_蹴慂質の適正管理と情報手法
1.化審法による規制   2.化管法
掘‥攵躅染対策
1.土壌汚染と法的対応   2.調査のきっかけ
3.区域指定と汚染土壌の搬出規制
4.土壌汚染とその責任
第6章 原子力汚染対策法
機仝胸厠亘,抜超法
1.原子力法とは   2.放射性物質の汚染と環境法
供仝胸厠楼汰患制
1.原子力安全規制の目的   2.具体的な規制監督
掘ヽ貿確船汽ぅルと放射性廃棄物処理
検仝胸厠郎匈佳从と汚染の除去
1.放射性物質の放出と原子力災害
2.福島第一原発事故による汚染廃棄物の処理
后仝胸厠狼制委員会の組織と基本原則
1.組織と業務(権限)の独立性、専門性
2.中立性・公正性   3.情報公開・透明性確保
此仝胸厠和山嫁綵
1.概 要   2.無過失責任と責任の一元化
3.損害賠償措置(保険契約・補償契約)の義務化
4.国の支援・補償措置
5.福島第一原発事故に伴う損害の賠償
第7章 悪臭・騒音・振動規制法
機ヾ恭亳害とは
1.悪臭・騒音・振動の特徴と課題   2.課 題
供仝什澆遼\度
1.悪 臭   2.騒 音   3.振 動
掘,わりに
第8章 廃棄物対策・循環資源法
機(質循環に関する法制度の展開
1.汚物掃除法・清掃法──公衆衛生の確保
2.廃棄物処理法──生活環境の保全
3.再生資源利用促進法と廃棄物処理法改正──リユース・リサイクルの推進
4.循環型社会形成推進基本法──循環型社会の形成
供仝醜塰\度の概要
1.廃棄物とその処理──廃棄物処理法
2.発生抑制と循環的利用の促進──循環基本法
掘〆8紊硫歛
第9章 自然公園
機ー然保護の法制度
供々駑公園制度の特徴
1.地域制公園   2.国立公園制度の目的
3.国定公園と都道府県立自然公園
4.自然環境保全法との役割分担
掘々駑公園の仕組み
1.ゾーニング   2.利用調整地区と風景地保護協定
3.生態系維持回復事業
4.自然保護官(レンジャー)
検ー然保護と財産権保護
おわりに
第10章 生物多様性保全
機\己多様性とその危機
1.生物多様性とは   2.生物多様性の危機
供\己多様性の価値
掘\己多様性保全のための法制度
1.国際的法制度   2.国内の法制度
第11章 都市環境と里山保全
機‥垰坿超と里山保全とは──テーマと問題の所在
1.「都市」の環境   2.「里」の環境
3.都市環境と里山保全に対する環境法アプローチ──地域環境空間への着目
供|楼茣超空間に係る法体系──地域環境空間の分離
1.都市環境に係る法体系
2.里地里山保全に係る法体系
3.法体系による分離と問題点
掘|楼茣超空間に係る権利──地域環境空間の分離
1.土地所有権に基づく利用管理と制約
2.慣行利用権を基礎とする管理体制とその限界
3.私的権利から切り離された管理への模索
検|楼莇間として融合に向けて
1.法体系一体型の制度設計
2.人口減少社会における地域環境空間
3.地域環境空間の多様性を守るために
第12章 農業・林業・漁業
機’清抜愀庫
1.農地法
2.食料・農業・農村基本法(新農基法)
3.農業振興に関する法政策
供/肯咫ξ啅抜愀庫
掘ゝ業関係法
第13章 鉱物資源
機々枴資源とその歴史
1.鉱物資源とは   2.わが国の鉱物資源開発の歴史
供々枴資源問題
1.鉱物資源の枯渇問題   2.鉱物資源と環境問題
3.鉱物資源と南北対立問題
掘/靴靴す枴資源
1.都市鉱山資源   2.海底鉱物資源
3.鉱業法改正
第14章 水資源環境
機 嵜紂廚箸い資源と環境──人間とのかかわり
1.資源としての水   2.環境としての水
3.水資源環境と人間とのかかわり──法の着眼点
供/綮餮惨超をめぐる法体系
1.水資源環境に係る法体系の特色
2.法制度による水の「区分」
3.総括的立法の誕生──水法の新展開
掘/綮餮擦竜属問題──水は誰のものか?
1.水資源に対する権利者の有無
2.ウォーター・ビジネス──水資源の争奪戦
3.水資源を守る方策──自治体による模索
検/綮餮擦鮗蕕詼\策
1.「資源」に着目した環境法──水資源基本法への期待
2.水循環基本法体系の課題
3.人口減少社会の到来と経済活動のグローバル化
第15章 環境アセスメント
機ヾ超アセスメントとは
供.▲札綱,悗瞭
1.建国史上最高の輸出品
2.バラバラな制度発展と閣議要綱アセス
掘ヾ超影響評価法
検ヾ超アセスメントの意義
1.横断条項   2.環境大臣の意見
3.何のためのアセスなのか
第16章 被害者救済法
機“鏗下垉澪冕
供“鏗下垉澪冕,里靴み
掘〔瓜訴訟による救済
1.不法行為   2.共同不法行為
検,修梁召竜澪儼疎
1.差止訴訟・仮処分申立て   2.国家賠償法
后〆枷蹴阿竜澪兌蠡海
1.公害紛争処理手続き   2.その他の被害者救済法
第17章 環境権
機ヾ超権とは
供ヾ超権訴訟の判決
掘ヾ超権の構造
1.人格権と環境権   2.環境権と利益衡量
3.個人の権利か地域コミュニティの権利か
4.環境権と憲法   5.環境権の手続的構成
検ー然享有権および「自然の権利」
1.自然享有権   2.自然の権利訴訟
第18章 情報公開・市民参加
機,呂犬瓩
供‐霾鷂開
1.はじめに   2.環境行政における情報公開
3.課 題
掘〇毀瓜臆
1.市民参加とその必要性
2.環境行政における市民参加   3.課 題
第19章 海洋環境
機ヽね隆超を守る意義
供ヽね隆超の汚染原因と関連法・条約の概観
掘MARPOL条約と海洋汚染防止法
1.MARPOL条約(73/78MARPOL条約議定書)
2.海洋汚染防止法   3.旗国検査と寄港国検査
検.丱薀好反
后|狼絏甲伐
1.海底下での二酸化炭素の貯留
2.船舶からの二酸化炭素の排出抑制
第20章 環境NGO・NPO
機ヾ超NGO・NPOとは何か
1.NGOとは   2.NPOとは
3.NGO・NPOのとらえ方
供‘本における環境NGO・NPOの動向
掘ヾ超NGO・NPOに関わる法制度
検ヾ超立法等にみる環境NGO・NPOの位置づけ
1.国際環境法における状況
2.国内環境法における状況
第21章 環境倫理
機ヾ超倫理とは
供|狼總澗亮腟
掘ー然の権利論
1.人間中心主義   2.非人間中心主義
3.修正人間中心主義
検ヾ超正義
1.世代内倫理   2.世代間倫理
后)[С悗謀蠅欧けられるもの

索 引




プライバシーポリシー | お問い合わせ