ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法理論の再興

法理論の再興
トーマス・ヴェスティング 著
毛利 透/福井康太/西土彰一郎/川島 惟 訳
法理論の再興
発 行2015年3月20日
税込定価6,264円(本体5,800円)
判 型A5判上製
ページ数278頁
ISBN978-4-7923-0575-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

日本語版のまえがき  (i)
まえがき  (v)

第1章 位置と機能
自己記述の一形式の出現1
1. 規範の理論として  (1)
2. 初期の法社会学  (2)
3. 最近の発展(システム理論)  (5)
理論の関心と実践志向の間7
1. セカンド・オーダーの観察  (7)
2. 生活形態としての理論(アリストテレス)  (10)
3. 法理論の機能について  (12)
境界と重なり15
1. 法解釈学に対して  (15)
2. 法哲学  (19)

第2章 規 範
基礎的考察23
1. 類型と概念  (23)
2. 条件文図式  (25)
3. 規範主義的な規則理解  (28)
法律の一般性32
1. カントの実践哲学  (32)
2. 法律の適用  (36)
近年の言語哲学(言語論的転回linguistic turn)39
語用論的規則理解43

第3章 システム
法の統一性とヒエラルヒー49
体系(システム)概念53
1. 自然哲学において   (53)
2. 実践哲学(ホッブズ)  (59)
法実証主義における体系(システム)構築62
1. 法学的「構成(Construction)」について  (62)
2. 無欠缼性、一貫性、法の実証性  (68)
3. 中間考察  (70)
4. 解体の現象(ケルゼン)  (72)
メディア前提としての書物の印刷74

第4章 システム供淵襦璽泪鵝
システムと環境の区別81
作動上の閉鎖性84
1. オートポイエーシス  (84)
2. 時 間  (88)
3. 機能的特定化と二分コード化  (91)
4. 自己言及と他者言及(再参入)  (96)
動的で回帰的なネットワーク化99
1. ヒエラルヒーではなくネットワーク  (99)
2. 始まりのパラドックス  (101)
システム理論とコンピュータ文化105


第5章 妥 当
国家本位115
1. 伝統的な法源論について  (115)
2. (国家により承認された)暴力 の問題  (117)
旧ヨーロッパの自然法と後期近代の道徳哲学123
1. 概念と歴史的文脈  (123)
2. 正義の哲学(プラトン、アリストテレス)  (125)
3. 道徳哲学(ハーバーマス)  (127)
動態化130
1. 実定法  (130)
2. 規範的妥当性の根拠づけ(ケルゼン)  (136)
3. 循環的シンボルとしての妥当(ルーマン)  (138)
社会のエピステモロジーと法の規範性141
1. 法源のヘテラルヒー  (141)
2. 社会のコンベンションと暗黙の知  (144)
第6章 解 釈
解釈か具体化か?149
1. 新しい方法論のアプローチ  (149)
2. 方法規準(Methodenkanon)  (152)
モデル形成156
1. 法実証主義におけるモデル形成  (156)
2. 哲学的ヘルメノイティーク(ガダマー)  (164)
3. 法学的ヘルメノイティーク(ラーレンツ、エッサー、ミュラー) (170)
決定のパラドックス176
「ポストモダン」の方法論180
1. 決定パラドックスの脱パラドックス化  (180)
2. 自己言及、他者言及、共通知識(common knowledge)  (183)
3. 共通知識の意味  (186)
4. 合理性要求の緩和  (191)
第7章 進 化
法制史193
法の発展史(ウェーバー)197
進化論207
1. 進化論とシステム理論  (207)
2. 法の自律について  (212)
適応に先行する進歩としてのメディア217
1. 進化論とメディア理論の結合について  (217)
2. 口承の優位と文字使用  (224)
3. 印 刷  (230)
4. 電子的メディアとコンピュータ  (233)

参考文献一覧237
訳者解説249
人名索引255
事項索引257




プライバシーポリシー | お問い合わせ