ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 国際違法行為責任の研究

国際違法行為責任の研究
国家責任論の基本問題
萬歳寛之 著
国際違法行為責任の研究
発 行2015年9月1日
税込定価5,616円(本体5,200円)
判 型A5判上製
ページ数356頁
ISBN978-4-7923-3334-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次

序………1

第1部 国家責任論の課題………7
第1章 国家責任論の展開………9
第1節 学 説………9
(1) 過失責任論………9
 .哀蹈謄ウス(10)  ◆.肇蝓璽撻襦12)
 オッペンハイム(14)
(2) 客観責任論――アンチロッチ………17
 _畆困涼楼漫18)  ◆’綵の機能(20)
第2節 条 約………23
(1) 法律的紛争と賠償概念………24
 々餾歟膾杠枷修塙餡叛嫻ぁ25)  
◆々餾殃響菠刃妥処理条約(27)
(2) 賠償概念の系譜………30
 .凜Д襯汽ぅ羮鯡鵝30)  ◆々餾殤¬禅約(33)
 常設国際司法裁判所規程(35)
第3節 国際裁判………37
(1) 国際判例上の国家責任論………37
 ^貳姪国家責任論の定式化(38)
◆ゝ遡外稟拭畍⇒侵害=賠償の図式(39)
(2) 国際法規範の変化と責任事例………41
 .献Д離汽ぅ評鯡麥永飮件(42)
◆.献Д離汽ぅ評鯡鹽用事件(43)
第4節 国際法委員会草案………46
(1) 暫定草案………46
 ゝ甸兩嫻は澄47)  ◆ヽ慇發良床繊49)
(2) 国家責任条文………52
 〇団蠢隶討僚だ機52)  ◆々餡叛嫻ぞ鯤犬梁侶賄基礎(53)
第2章 過失責任の基盤………57
第1節 民事・刑事責任と人格要素………58
(1) 刑事責任………59
(2) 民事責任………61
第2節 国家の過失………63
(1) 過失責任と文明国概念………63
 \嫻で塾漏鞠亜64)  ◆_畆裟嫻い稜定(65)
(2) 国家責任論の転換………68
 \嫻で塾漏鞠阿侶然鴫宗68)
◆\嫻い糧生と責任非難の要素(70)

第2部 国家責任の発生と解除………73
第3章 違法性認定の基礎………75
第1節 国家責任法の適用事例………75
(1) 国家機能の排他性………75
(2) 相互主義………80
第2節 国家責任法の適用事例の拡大………85
(1) 属人的連関と国家責任………86
  峭眦戮亡躙韻奮萋亜廚塙餡叛嫻ぁ87)
◆ヽね留染と国家責任(90)
(2) 対世的義務の登場………93
第4章 国家責任の発生………99
第1節 国家責任条文における違法性概念………100
(1) 行為の国家への帰属………100
(2) 国際義務違反………103
(3) 学説上の批判………106
第2節 「相当の注意」義務の法的性格………109
(1) 外国人の待遇基準をめぐる対立………110
 々馥睇現犲腟繊110)  ◆々餾殄現犲腟繊113)
(2) 「決定の過程」としての「相当の注意」概念………116
 々餾歟膾杠枷修砲ける国際標準主義(116)
◆々餾歙嫻い隆冉阿琉貳面榲と国際最低基準(119)
第3節 「相当の注意」義務違反の認定………121
(1) 領域内の事例――コルフ海峡事件………121
 々餡叛嫻い稜定(122)  ◆ 峽萃蠅硫當」(123)
(2) 領域内の事例――在イラン米国大使館占拠事件………126
 々餡叛嫻い稜定(126)  ◆ 峽萃蠅硫當」(129)
(3) 領域外の事例――ジェノサイド条約適用事件………131
 々餡叛嫻い稜定(131)  ◆ 峽萃蠅硫當」(133)
第4節 国際義務違反の構成要素………136
(1) 責任非難の要素………136
(2) 「違反」と「責任」………138
第5章 国家責任の解除………142
第1節 国際裁判における賠償認定………144
(1) 賠償義務の基本的性格………144
(2) 原状回復の原則性………148
 仝蕎回復と金銭賠償の関係性(148)
◆仝蕎回復と満足の関係性(150)
(3) 賠償の基本形態と機能………152
 仝蕎回復(152)  ◆ゞ眩賠償(155)
 満 足(157)
第2節 国家責任条文における「責任の内容」………162
(1) 中止と再発防止の機能………163
(2) 賠償の範囲と被害概念………165
 ヾ袷瓦頁綵の意味(165)  ◆“鏗桶鞠亜166)
(3) 賠償の形態………169
 仝蕎回復(170)  ◆ゞ眩賠償(172)
 満 足(173)
(4) 国家責任条文第2部の課題………176
第3節 国家責任の解除をめぐる現代的課題………178
(1) 国家間紛争における個人損害………178
 ’綵算定の便宜的尺度としての個人損害(178)
◆.轡轡蝓偲纏匆饉匯件(179)   損害の国家的性格(182)
(2) 被害実体の拡大………184
(3) 国際違法行為と被害の因果関係………187
第4節 条約における国家責任条項の機能………192
(1) 国際人道法関連条約………192
 [戦条約第3条(192)  ◆.献絅諭璽孱款鯡鵝194)
 第一追加議定書(196)
(2) 国連海洋法条約第12部………198"

第3部 国家責任の追及………203
第6章 国際請求の国家間化――外交的保護制度………207
第1節 外交的保護の性格………208
(1) 外交的保護の擬制………208
(2) 個人損害の地位………210
第2節 外交的保護の条件………213
(1) 管轄権………213
 ‐鯡鷯紊虜枷従鮃燹214)
◆‐鐇濆餾飮碧〆枷十蟲程第36条(ハ)(215)
(2) 原告適格………218
 仝狭霤格性判断の要素(219)
◆.丱襯札蹈福Ε肇薀ション事件(220)
 原告適格の認定と個人損害(223)
第3節 国際裁判における国内法の地位………225
(1) 「事実としての国内法」概念………225
(2) 国内的事実の評価………229
 々馥睨,痢崚用」――セルビア公債事件(229)
◆々馥睨,悗痢岼裕髻廖宗愁丱襯札蹈福Ε肇薀ション事件(231)
 請求の受理可能性(235)
(3) 国際裁判手続における事実認定………238
第4節 外交的保護の目的………242
(1) 「個人損害の填補」のための外交的保護………243
(2) 外交的保護の変容………245
第7章 国際請求の二国間化――対世的義務違反の責任追及………248
第1節 国際請求の資格認定………249
(1) 国際請求の基礎としての損害概念………249
(2) 司法的解決による共通利益の回復………252
 .Εンブルドン号事件(252)  ◆‘鄒哨▲侫螢事件(254)
 バルセロナ・トラクション事件(257)
第2節 国家責任条文の参照基準――条約法条約第60条………259
(1) 起草過程………260
 .侫ッツモーリス草案(260)
◆.Εルドック草案と1963年暫定草案(262)
(2) 最終草案と条約法条約………265
(3) クロフォード第3報告書………271
第3節 国家責任条文における責任追及制度………274
(1) 「被害国」と「被害国以外の国家」の区別………274
(2) 国際義務の分類………278
 ―乎津利益を定めた義務(278)
◆^貘療義務(281)
(3) 「影響性」概念………281
第4節 国家責任条文採択後の国際判例………286
(1) 「被害国」による対世的義務違反の責任追及………286
 .献Д離汽ぅ評鯡鹽用事件(286)  ◆.妊アロ事件(290)
(2) 「被害国以外の国家」による対世的義務違反の責任追及………294
第5節 国家責任の追及制度の到達点………299

結 び………303

国家責任関係・主要文献目録………313
事項・人名索引………336
判例索引………339
条約索引………341
国家責任条文(国際違法行為に対する国家の責任に関する条文:2001年)索引………342




プライバシーポリシー | お問い合わせ