ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 「考え方」で考える社会保障法

「考え方」で考える社会保障法
久塚純一 著
「考え方」で考える社会保障法
発 行2015年9月20日
税込定価3,132円(本体2,900円)
判 型四六判
ページ数254頁
ISBN978-4-7923-3335-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
イントロ―この本の狙い―1
「この本」の全体像10

第1部 社会保障法とは(導入)
―「社会保障法」を巡る考え方で考える―13
第1章 「考えること」の「対象」について考える17
機〔榲(18)  供 凌靴靴に[Г妨られる考え方]からの接近(19)  掘 遼[Г硫正に見られる考え方]からの接近(20)  検 虜枷塾磴砲澆蕕譴觜佑方]からの接近(21)  后 竜掴世妨られる考え方]からの接近(22)
第2章 [「対象」の出現]について考える23
機〔榲(24)  供 崋匆駟歉稻 廚函崋匆駟歉禊愀犬遼[А廖25)  掘ゞ畭綮毀泳,療仂譟26)  検 峪毀泳 廚ら「社会法」へ(27)  后 瞭端譴覆發里良疂弉宗呂箸いΣ當(28)
第3章 日本の経緯から考える(1.戦前・戦時)29
機\鐐亜戦時の医療保障―健康保険法の登場(30)  供\鐐亜戦時の医療保障―その後の展開(31)  掘\鐐亜戦時の所得保障―労働者年金保険法の登場(32)  検\鐐亜戦時の所得保障―その後の展開(33)  后\鐐亜戦時の公的扶助―一般的な救貧制度と特殊な部門の救貧制度(34)
第4章 日本の経緯から考える(2.戦後)35
機\鏝經屬發覆の状況(36)  供々駝嘘保険と国民皆年金の達成(37)  掘ー匆駟〇秬度の展開(38)  検ー匆駟歉磴慮直し 39)  后ー匆駟歉磴慮直し◆40)  
第5章 現代日本の具体的事例を巡る考え方41
機 旅睥霄圓琉緡妬歉磴砲弔い董呂旅佑方(42)  供 旅睥霄圓僚蠧席歉磴砲弔い董呂旅佑方(43)  掘 両子化について]の考え方(44)  検 里い錣罎襦3号被保険者問題」について]の考え方(45)  后 崟如彿式と「社会保険」方式についての考え方(46)
考えるための補足テーマ―練習 47

第2部 「主体」と「その単位」について
―「誰が」を巡る考え方で考える―49
第1章 「受給権者」から考える53
機〔榲(54)  供 痢嵒要性のある人」と「負担した人」との関係]に関する考え方(55)  掘 崑敘爾靴真諭廚砲弔い討旅佑方(56)  検 峪猖瓦靴真諭廚砲弔い討旅佑方(57)  后 崋左◆廚砲弔い討旅佑方(58)
第2章 「個人」と「世帯」という単位から考える59
機〔榲(60)  供 嵒要性が生じる単位」を巡る考え方(61)  掘 嵒蘆粥η蕊佞鬚垢訝碓漫廚鮟笋觜佑方(62)  検 峙詆佞なされる単位」を巡る考え方(63)  后 峺朕諭廚函崟ぢ咫廚鮟笋觜佑方(64)
第3章 「住所」と「国籍」から考える65
機〔榲(66)  供ー匆駟歉稻,砲ける「住所」についての考え方(67)  掘ー匆駟歉稻,砲ける「国籍」についての考え方(68)  検 痢嵜佑琉榮亜廚函崟度」との関係]についての考え方(69)  后 崋匆駟歉稻 廚離哀蹇璽丱覯修鮟笋觜佑方(70)
第4章 「社会的に対応される状態の人」・「年齢」・「性別」
から考える71
機〔榲(72)  供 崘齢」による類型化についての考え方(73)  掘 崟別」による類型化についての考え方(74)  検 峪篥に対応される人」から「社会的に対応される状態の人」へ(75)  后 崙端貔と普遍性」を手掛かりとした「主体」を巡る考え方(76)
第5章 「受給をする人」と「負担をする人」との関係から
考える77
機〔榲(78)  供 崋給をする人」を巡る考え方(79)  掘 嵒蘆瓦鬚垢訖諭廚鮟笋觜佑方(80)  検 崋給をする人」と「負担をする人」を接合する考え方(81)  后 崋給をする人」と「負担をする人」を切断する考え方(82)
考えるための補足テーマ―練習 83

第3部 「出来事」について
―「どのような場合に」を巡る考え方で考える―85
第1章 「私的な出来事」と「社会的な出来事」という考え
方から考える89
機〔榲(90)  供 峪篥な出来事」から「社会的な出来事」へ(91)  掘 崋匆馘な出来事」としての「傷病」(92)  検 崋匆馘な出来事」としての「要介護状態」(93)  后 崋匆馘な出来事」としての「高齢」(94)
第2章 「社会保険事故」と「社会保障事故」との関係から
考える95
機〔榲(96)  供‘販した「社会保険事故」と統合される「社会保障事故」(97)  掘 峅搬歌斗榿顱廚鮟笋觜佑方から考える(98)  検 峭駝嘘保険」と「医療扶助」との関係から考える(99)  后 崋匆駟欷瓜故」と「社会保障事故」との関係を巡る考え方(100)
第3章 「出来事」の「拡大・普遍化」/「統合・抽象化」から
考える101
機〔榲(102)  供)_正と新しい法律の制定による「出来事」の「拡大・普遍化」(103)  掘 崕侏荵」の「拡大・普遍化」という過程についての考え方(104)  検)_正と新しい法律の制定による「出来事」の「統合・抽象化」(105)  后 崕侏荵」についての「社会連帯的性格の強調」と「自己責任的性格の強調」(106)
第4章 「出来事」の重複/統合と消滅から考える107
機〔榲(108)  供 崕侏荵」の独立性と併合という考え方(109)  掘 崕侏荵」の「量化」という考え方(110)  検 嵎撒訥汗亜廚箸い考え方(111)  后 崕侏荵」の消滅という考え方(112)
第5章 「出来事」の細分化から考える113
機〔榲(114)  供 崙院時の食事」の細分化から考える(115)  掘 崙院時の生活」の細分化から考える(116)  検 嵶斗棔廚虜拱化から考える(117)  后 崕侏荵」の細分化と統合から考える(118)
考えるための補足テーマ―練習 119

第4部 「給付」・「費用」/「権利」・「義務」について
―「何を」「どのように」を巡る考え方で考える―
121
第1章 「社会的給付という考え方」から考える125
機〔榲(126)  供 崋匆馘給付」という考え方とは(127)  掘 崋匆馘給付」という考え方の登場(128)  検 崋匆馘給付」の有する特質(129)  后 崋匆馘給付」という考え方の変容(130)
第2章 「社会保険料」の「負担と納付」についての考え方
と実際131
機〔榲(132)  供 嵎欷盈舛良蘆粥廚鮟笋觜佑方(133)  掘 嵎欷盈舛良蘆粥廚亮尊檗134)  検 嵎欷盈舛稜蕊奸廚鮟笋觜佑方(135)  后 嵎欷盈舛稜蕊奸廚亮尊檗136)
第3章 「社会保険料の滞納」についての考え方と実際から
考える137
機〔榲(138)  供 崋匆駟欷盈舛梁敘次廚鮟笋觜佑方と実際 衆緡妬欷院139)  掘 崋匆駟欷盈舛梁敘次廚鮟笋觜佑方と実際◆讐雜酳欷院140)  検 崋匆駟欷盈舛梁敘次廚鮟笋觜佑方と実際―年金(保険)(141)  后 崋匆駟欷盈舛梁敘次廚ら見た「保険料」の考え方(142)
第4章 社会保障法における「受給権」とその保護について
考える143
機〔榲(144)  供ー匆駟欷唄愀犬砲ける受給権の保護(実際・考え方)(145)  掘仝的扶助における受給権の保護(実際・考え方)(146)  検 崋給権」/「税金」と「保険料」(実際)(147)  后 崋給権」/「税金」と「保険料」(言説・混乱)(148)
第5章 「負担すること/負担したこと」と「受給権」との
関係から考える149
機〔榲(150)  供 峪抖詬弖錙廖Α峙詆嫺睛董廚ら見た「社会保険料」(151)  掘 嵒蘆瓦垢襪海函辛蘆瓦靴燭海函廚函崋給権」(152)  検 崋左◆廚ら見た「社会保険料」(153)  后ー匆駟欷韻砲ける「受給権」と「保険料負担義務」の相互関係から考える(154)
考えるための補足テーマ―練習 155

第5部 「圏域」・「空間」について
―「どこで」を巡る考え方で考える―157
第1章 「国」・「都道府県」・「市町村」の役割から考える161
機〔榲(162)  供 峩間と機能」についての考え方(163)  掘\度の具体例(164)  検 峭顱廖Α崚堝刺楔」・「市町村」の棲み分け(165)  后 峭顱廖Α崚堝刺楔」・「市町村」の重層性(166)
第2章 「移動の自由」から考える167
機〔榲(168)  供ー匆駟歉磴砲ける「生活の圏域」という考え方(169)  掘 崟験茲侶域」と「行政の圏域」との関係についての考え方(170)  検 痢岼榮阿亮由」と「入院・入所」]を巡る考え方(171)  后 痢岼榮阿亮由」と社会保障]との関係についての考え方(172)
第3章 「私的扶養の空間」と「社会的連帯の空間」を
巡る考え方で考える173
機〔榲(174)  供 峩間」を扱うにあたっての注意点(175)  掘〕彿歉秕態が発生する「空間」(176)  検ー匆駟歉禝詆佞梁仂櫃箸靴討痢峩間」(177)  后”蘆患遡海糧生する「空間」(178)
第4章 「連帯」の生成から考える179
機〔榲(180)  供 嶇帯」という用語の使われ方(181)  掘 嶇帯」の基礎としての「共有された意識」を巡る考え方(182)  検 痢嶇帯」と「排除」]を巡る考え方(183)  后ー匆駟歉磴砲ける[「生存権」と「連帯」]を巡る考え方(184)
第5章 「国際化」から考える185
機〔榲(186)  供 痢屮哀蹇璽丱覯修垢觴匆顱廚函崋匆駟歉磧廖呂砲弔い討旅佑方(187)  掘 崋匆駟歉磴離哀蹇璽丱覯宗弩従檗188)  検 痢崋匆駟歉磧廚痢屮哀蹇璽丱覯宗廖呂硫椎柔(189)  后 痢峭餠の移動」と社会保障]との関係(190)
考えるための補足テーマ―練習 191

第6部 「社会保障法」を巡る考え方とは(まとめ)
―「応用問題」で考える―193
第1章 生活保護を巡る議論を素材に考える197
機〔榲(198)  供 嶌把秬験萇渊基準額」を巡る考え方(199)  掘 嵎簑性の原理」という考え方(200)  検 崟ぢ喘碓未慮饗А廚箸い考え方(201)  后 崋立」の助長を巡る考え方(202)
第2章 「損得勘定/年金(保険)」のような議論を素材に
考える203
機〔榲(204)  供 嵎Г辰進だけもらえるのか?」という考え方(205)  掘 崙鷭妬Гぁ廚箸い考え方(206)  検 岼簑嫁金」を巡る考え方(207)  后 崘ぐ嫦β燹廚鮟笋觜佑方(208)
第3章 「介護保険」を巡る議論を素材に考える209
機〔榲(210)  供 嵌鑛欷閏圓稜齢」を巡る考え方(211)  掘 嵎欷瓜故」と「保険給付の形態」を巡る考え方(212)  検 嵳祝謬詆奸廚鮟笋觜佑方(213)  后 痢崛蔀屐廚ら「契約」へ]という考え方(214)
第4章 「高齢者の医療保障」を巡る議論を素材に考える
215
機〔榲(216)  供 峭睥霄圓琉緡妬歉磧廚侶舒泙妨られる考え方(217)  掘 峭睥霄圓琉緡妬歉磧廚鮃佑┐觜佑方(218)  検 峭睥霄圓琉緡鼎粒諒櫃亡悗垢詼[А廚妨られる考え方(219)  后 峭駝嘘保険」体制と「高齢者の医療保障」との関係についての考え方(220)
第5章 「議論の構造」について考える221
機〔榲(222)  供 峪続可能な制度」から考える(223)  掘 崟は澄廚旅渋いら考える(224)  検 崟賁膕函廚函崛膿諭廚箸隆愀犬ら考える(225)  后 峙掴世旅渋ぁ廚ら考える(226)
考えるための補足テーマ―練習 227


エピローグ―もう一度、なぜ[「考え方」で考える社会保障法]だったのか235
あとがき243




プライバシーポリシー | お問い合わせ