ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 刑法総論の基礎と応用

刑法総論の基礎と応用
-条文・学説・判例をつなぐ-
佐久間 修 著
刑法総論の基礎と応用
発 行2015年10月20日
税込定価3,850円(本体3,500円)
判 型A5判上製
ページ数410頁
ISBN978-4-7923-5160-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はしがき (i)
本書の構成と使い方 (viii)
主要文献 (ix)

第1講 実行行為の概念(その1)
      ──不真正不作為犯………………………………………1
機”埒神吃垪邂挌箸箸浪燭 (2)
供”埒神吃垪邂挌箸寮立要件(その1) (3)
掘”埒神吃垪邂挌箸寮立要件(その2) (6)
検”埒神吃垪邂挌箸寮立要件(その3) (9)
后”垪邂戮砲茲觀覯免生と因果関係 (12)
此”垪邂挌箸砲ける「行為」 (14)
察“蛤疣世隆霑辰髪用 (16)

第2講 実行行為の概念(その2)
      ──間接正犯と共同正犯…………………………………21
機\吉箸閥θ箸琉磴ぁ 22)
供ゞζ雲吉罰鞠阿痢峭がり」 (23)
掘ヾ崟楡吉箸砲ける実行行為 (25)
検〕用行為の態様と道具理論 (27)
后ー孫垓ζ雲吉箸閥λ填ζ雲吉函 30)
此ゞζ雲吉箸寮吉叛と共犯性 (33)
察“蛤疣世隆霑辰髪用 (36)

第3講 実行行為の概念(その3)
      ──「早すぎた結果発生」と「遅すぎた結果発生」
……………………………………………………………………43
機ー孫垤坩戮粒始と終了について (44)
供ー孫圓涼綣蠅鬚瓩阿觸問題──粗暴犯の場合 (47)
掘ー孫圓涼綣蠅鬚瓩阿觸問題──財産犯の場合 (51)
検ゞ饌療な犯行計画と構成要件的故意 (55)
后“蛤疣世隆霑辰髪用 (58)

第4講 過失犯の所在と競合
      ──実行行為と因果関係…………………………………63
機_畆哉箸慮従と根拠規定 (64)
供〆廼瓩僚斗徃塾磴伐畆才論の変遷 (67)
掘_畆哉箸涼躇婬遡海醗果関係 (74)
検“蛤疣世隆霑辰髪用 (79)

第5講 故意犯における事実の認識
      ──未必の故意と概括的故意……………………………89
機仝琉嬌箸慮饗Г叛嫻ぜ腟繊 90)
供仝琉佞梁侶賄地位と事実の認識 (94)
掘々柔要件的故意の種類と態様 (100)
検“蛤疣世隆霑辰髪用──事実の認識と故意の射程 (105)

第6講 許された危険と被害者の同意
      ──構成要件該当性と違法性阻却……………………111
機“蛤畫傍儻彊としての「許された危険」 (112)
供々柔要件不該当事由と違法性阻却事由 (114)
掘/頼の原則と違法性阻却事由 (117)
検ヾ躙臼薪消彁狃罪と「許されない危険」 (120)
后ヾ躙韻琉受けと引受け過失 (124)
此“鏗下圓瞭碓佞砲茲詒蛤疉埓立 (127)
察“蛤疣世隆霑辰髪用 (131)

第7講 事実の錯誤と主観的帰属
      ──実行故意と既遂犯の成否……………………………135
機仝琉嬾世蛤誤論 (136)
供仝琉嬾世らみた事実の錯誤論 (139)
掘〇実の錯誤と故意の個数 (143)
検^曚覆觜柔要件間の錯誤 (147)
后“蛤疣世隆霑辰髪用 (150)

第8講 因果関係論の現在
      ──条件関係と相当因果関係……………………………157
機^果関係の意義とその役割 (158)
供‐魴鏨愀犬鬚瓩阿觸問題 (161)
掘‐魴鏨愀犬帆蠹因果関係 (166)
検“蛤疣世隆霑辰髪用 (170)

第9講 法令行為と正当業務行為
      ──生命の保護と法秩序の維持………………………179
機々柔要件該当性と(実質的)違法性 (180)
供〃宰35条の法令行為 (182)
掘〃宰35条の権利行為 (187)
検〃宰35条の正当業務行為 (190)
后“蛤疣世隆霑辰髪用 (195)

第10講 正当防衛と緊急避難
      ──違法論と責任論の交錯………………………………201
機ゞ杁濤坩戮砲茲訐掬化 (202)
供\掬防衛と緊急避難の異同 (206)
掘)姫辧θ鯑颪里燭瓠屬笋爐鯑世困砲靴森坩戞廖 211)
検“蛤疣世隆霑辰髪用 (215)
第11講 責任と刑罰(その1)
      ──責任主義の実像と虚像………………………………225
機々柔要件・違法と責任の関係 (226)
供\嫻い遼楴舛鬚瓩阿訛侘 (229)
掘\嫻ぬ鞠塾論度と刑事未成年 (234)

第12講 責任と刑罰(その2)
      ──原因において自由な行為と責任故意……………245
機仝彊において自由な行為の理論 (246)
供\嫻ぜ腟舛塙坩戞畧嫻て瓜存在の原則 (249)
掘ー膣囘責任要素としての故意・過失 (255)

第13講 責任と刑罰(その3)
      ──累犯・常習犯と併合罪加重………………………265
機[矛困砲ける責任主義 (266)
供〃哉海陵論と責任刑法 (270)
掘[矛困陵論と法定刑の引上げ (272)
検〃宰‐紊領瀏函丙独函鵬箪邸 274)
后‐鐔犯における違法と責任 (279)
此(珊膾甓箪敵;/軍秉性監禁致傷事件 (281)
察〃哉穫世隆霑辰髪用──責任刑と再犯予防 (284)

第14講 共犯と未遂・離脱(その1)
      ──承継的共犯と共犯関係の解消……………………289
機’ぐ嫖共犯と可罰性の限界 (290)
供ゞζ雲吉箸砲ける処罰の限界 (295)
掘ゞθ抜愀犬らの離脱・解消 (303)

第15講 共犯と未遂・離脱(その2)
      ──不作為の幇助と中立的行為…………………………315
検―沼暗共犯としての教唆・幇助 (315)
后_畆哉箸紡个垢覿戯供χ鷭 (317)
此”垪邂挌箸砲ける正犯と共犯 (321)
察“蛤疣世隆霑辰髪用──共犯の因果性と中立的行為 (325)

第16講 共犯の錯誤と身分犯の意義(その1)
      ──主観的要件をめぐる諸問題…………………………333
機ゞλ鼎亮幼と共犯の錯誤 (334)
供)…蠹符合説からみた共犯の錯誤 (338)
掘,笋錣蕕い犯罪共同説とやわらかい行為共同説 (345)

第17講 共犯の錯誤と身分犯の意義(その2)
      ──共犯における連帯性と個別性……………………353
検ゞθ箸反畔をめぐる諸問題 (353)
后〃宰‐紊凌畔とは何か (358)
此“蛤疣世隆霑辰髪用──違法の連帯性と責任の個別性 (364)

あとがき……………………………………………………………………375
事項索引……………………………………………………………………377
判例索引……………………………………………………………………386




プライバシーポリシー | お問い合わせ