ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 性質保証責任の研究

性質保証責任の研究
渡邉 拓 著
性質保証責任の研究
発 行2015年11月20日
税込定価8,424円(本体7,800円)
判 型A5判上製
ページ数436頁
ISBN978-4-7923-2681-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次

はしがき
初出一覧

第一部 性質保証責任の生成と展開

第一章 序論………3
第一節 問題の所在………3

第二章 ドイツ法における性質保証概念の展開………17
第一節 旧BGB立法前史………19
第二節 諸ラントの立法例並びにドレスデン草案の起草………24
第三節 旧BGBの起草過程………34
第四節 旧BGB立法後の判例・学説………43
第五節 RGZ 54, 219 判決以後の判例・学説………44
第六節 判例における黙示的保証の制限と主観的瑕疵概念の導入………50
第七節 戦後の判例・学説の展開………57
第八節 損害賠償の範囲………63
第九節 ドイツ法の総括………64

第三章 性質保証責任と免責条項の関係について………81
第一節 問題の所在………81
第二節 ドイツ法………82
第三節 中古車取引における性質保証と免責条項の関係………96

第四章 スイス債務法における性質保証責任論の系譜………123
第一節 スイス債務法(OR)の瑕疵担保規定─ドイツ旧民法典(旧BGB)との比較………123
第二節 スイス債務法の起草過程………125
第三節 性質保証責任論の展開………145
第四節 学説の展開のまとめ………167

第五章 証明責任………185
第一節 問題の所在………185
第二節 ドイツ法………186
第三節 スイス債務法………206
第四節 日本法への示唆………210

第二部 性質保証責任から帰責事由としての損害担保へ

第一章 帰責事由としての性質保証と損害担保………221
第一節 ドイツ債権法改正─性質保証責任(Zusicherung)から損害担保責任(Garantie)へ………221
第二節 一九九二年の債権法改正委員会の最終答申から政府草案の提出まで………222
第三節 連邦議会における政府草案を巡る審議………238
第四節 新BGB………243

第二章 債権法改正後の法状況………251
第一節 問題の所在………251
第二節 立法者の理解………252
第三節 改正後の状況………253
第四節 ドイツ連邦通常裁判所二〇一〇年三月一七日判決について………265
第五節 小括………276

第三章 インターネットオークションにおける暴利行為と契約責任………281
第一節 問題の所在………281
第二節 BGH二〇一二年三月二八日判決民事第八部(NJW 2012, 2723)………282
第三節 分析視覚………290
第四節 準暴利行為………291
第五節 性質合意と損害賠償………296
第六節 結びに代えて………310

第四章 企業買収契約を巡る問題………317
第一節 これまでの問題状況………317
第二節 新四四四条の実務に対するインパクト………320
第三節 学説の反応………322
第四節 連邦司法省の二つの文書………324
第五節 CDU/CSUによるBGB四四四条の修正提案………327
第六節 連邦司法省の修正提案………330
第七節 小括………333

第五章 企業買収契約における表明・保証違反と重過失免責………341
第一節 問題の所在………341
第二節 日本法における議論………342
第三節 ドイツ法における議論………355
    ─ドイツの企業買収契約における保証責任とデューディリジェンス─
第四節 結びに代えて………373

第三部 債権法の改正と日本法への提言

第一章 日本法への提言………383
第一節 債権法改正のうごき………384

第二章 本書のまとめと提言………411


事項・人名索引
条文索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ