ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 「今を伝える」ということ

「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」記念講座2015
「今を伝える」ということ
八巻和彦 編著
「今を伝える」ということ
発 行2015年12月10日
税込定価1,620円(本体1,500円)
判 型A5判並製
ページ数278頁
ISBN978-4-7923-3339-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

 はしがき


第1部 組織・権力と対峙する
−− 事件報道編 −−


1 自衛隊の不正を暴いた現役自衛官を取材して
−−護衛艦たちかぜ いじめ自殺裁判−−
ドキュメンタリーディレクター 大島千佳……3

機,呂犬瓩法帖3
供ー衛隊でいじめ,自殺… 取材は驚きと怒りの連続……6
掘ー衛隊の隠ぺいを内部告発した3佐 −−初めて感じた報道する義務……11
検,わりに −−本気で仕事をするということ……16
コラム 主観? 客観? 報道に求めるもの……18

2 ヒット薬の闇を追って
−−バルサルタン(ディオバン)臨床試験疑惑の取材から−−
毎日新聞科学環境部記者 八田浩輔……19

機,呂犬瓩法 檗盜澎戯浹刃任旅戎沺帖19
供ー荳爐記事になるまで……21
掘”埓気旅戎沺帖25
検”發び上がったさらなる問題……27
后(麁擦砲茲辰得犬犬深匆駟儔修隼弔気譴寝歛蝓帖31
此…敢妻麁擦里△衒……32
コラム 今なお続く余波……34

3 警察と暴力団,癒着の闇に迫る
−−記者がドキュメンタリーをつくるということ−−

名古屋テレビ放送記者 小島佑樹……35

機,呂犬瓩法 檗欸抻,繁塾話弔�x着を追う……35
供 筏刃如匹“ドキュメンタリー”になるまで……39
掘ゝ刃任鯤麁擦靴燭海箸琉婬繊帖44
検.疋ュメンタリーをつくるために必要なこと……46
后,わりに……48
コラム 講義を終えて……50


第2部 弱者に寄り添う
−− ルポルタージュ編 −−


4 子どもの貧困,相対的貧困を掘り起こし
「包摂」への道を探る
下野新聞社編集局社会部デスク 山一洋……53

機,呂犬瓩法 檗檗崘喀」から「包摂」へ……53
供 崋匆馘排除」の中から掘り起こす……54
掘 嵎饑檗廚悗瞭擦鮹気襦帖59
検.襯櫃箸い手法……65
后,わりに −−地方紙として何ができるのか……66
コラム 「平和」の中にひそむ「戦争」……68

5 不都合な史実・満州移民を語り継ぐ
信越放送情報センター制作部ディレクター 手塚孝典……69

機 噺えないもの”への眼差し……69
供/祐崑減澆らの問いかけ……74
掘_坦欧犯鏗押帖79
検ゝ憶の闘い……82
コラム 多様性からの抵抗……84

6 フォトジャーナリストの仕事
−−フリーランスとして見てきた世界の現場から−−
フォトジャーナリスト 林 典子……85

機,呂犬瓩法 檗櫂侫トジャーナリストを志すきっかけ……85
供ー荳狢仂櫃箸隆悗錣蝓 檗櫂僖スタン・アシッドアタックを取材して……89
掘ー命燭播舛┐襦 檗櫂ルギス・アラ・カチューを取材して……92
検.献磧璽淵螢好箸梁減澎婬
−−イラク・ヤジディ教徒難民キャンプを取材して……97
コラム なぜ,そこに行くのか?……100

7 イラク日本人人質事件の報道と,
10年後にその映画をつくるということ
有限会社ホームルームディレクター 伊藤めぐみ……101

機,呂犬瓩法 檗櫂疋ュメンタリー映画製作の経緯……101
供,覆10年後に映画をつくったのか……107
掘ー荳狢仂歇圓噺き合う……109
検,泙箸瓠帖113
コラム 映画の場所のその後……116

8 ノンフィクションを書くために学んできたこと
ノンフィクション作家 与�s原 恵……117

機,呂犬瓩法帖117
供.離鵐侫クションを書くために学んできたこと……118
掘‖元にあったテーマ……125
検ー賞作『首里城への坂道』が生まれるまで……127
后,わりに……132
コラム 20代に旅を……132


第3部 調査し,報道し,記録する
−− 震災・原発事故報道編 −−


9 調査報道はなぜ必要なのか
−−原発事故と向き合った二つのドキュメンタリーから考える−−
NHK編成局コンテンツ開発センター・チーフプロデューサー 日置一太……135

機,呂犬瓩法 檗檗嵎麁擦社会を変える」とは……135
供.献磧璽淵螢坤爐聾業事故をどう伝えたか……136
掘…敢妻麁擦諒法論……140
検,わりに −−ジャーナリズムの役割とは何か……146
コラム ドキュメンタリーの一番よいシーンはどこ?……150

10 感覚を分有,共有するための表現について
−−リアス・アーク美術館「東日本大震災の
記録と津波の災害史」常設展示での試み−−
リアス・アーク美術館学芸員 山内宏泰……151

機,呂犬瓩法 檗欒萋阿量榲と紹介……151
供‥貽本大震災の発生から,記録・調査,常設展示へ……153
掘‐鐇濺玄─崚貽本大震災の記録と津波の災害史」について……155
検 嵌鏈匱圈濕荳犲圈濕荳狢仂歇圈畛筺廚箸いΨ亳海ら……160
后,泙箸瓠帖165
コラム 身体感覚と想像力……166

11 原子力災害をどう伝えるか
−−被災地・福島の取材現場から−−
福島民報社報道部副部長 紺野正人……167

機,呂犬瓩法 檗殃‥腓慮従……167
供仝業事故報道の難しさ……170
掘(‥臾永鵑諒麁算兩……176
検,わりに −−次世代の報道の担い手に向けて……181
コラム 命の重さ……182


第4部 ジャーナリズムの使命と未来
−− ジャーナリズム・総論 −−


12 「王様は裸だ」と君は指摘する(できる)だろうか?
−−ネットメディア・市民ジャーナリズムの可能性,
あるいは耐えがたい認知的不協和について−−
IWJ Independent Web Journal代表 岩上安身……185

機,呂犬瓩法 檗櫂献磧璽淵螢好箸了饉舛箸浪燭……185
供ヾ存メディアの抱える問題点……186
掘.優奪肇瓮妊アの存在意義……194
検〆ジャーナリズムに必要なこと……196
コラム 「認知的不協和」からラクになる方法
−−「ジャーナリスト」であることをやめ,「黒を白と言える」
  ニュースピークの使い手になること−−……200


13 紙媒体,ネットメディアの現状と将来
−−新聞記者,ネットメディアの編集者兼記者の経験を通じて−−
 ハフィントン・ポスト日本版編集企画統括ディレクター兼ニュースエディター 吉野太一郎……201

機,呂犬瓩法 檗欸稱僂垢襯瓮妊ア環境の中で……201
供/景控者としての取材体験……201
掘.魯侫ントン・ポストの現状と課題……205
検.優奪肇瓮妊アの現状と紙媒体の将来……208
后,わりに……214
コラム メディアとワーク・ライフ・バランス……216

14 15年目にして視えてきた
「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」
−−それぞれの〈ジャーナリズム〉−−
「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」前事務局長 小玉 武……217

機,呂犬瓩法 檗飮れなかった1枚の写真……217
供.献磧璽淵螢坤爐猟蟲舛噺什漾帖219
掘 崟亢驚校概念 早稲田ジャーナリズム大賞」創設の経緯と目的……222
検/瓦忙弔詢鯊綣賞作……225
后.献磧璽淵螢坤爐卜拈椶垢襪發痢帖227
此〇篌身のジャーナリズム体験とジャーナリズム論……229
コラム “知的職業”の基本と鉄則……232

15 現今の日本におけるジャーナリズムの使命
早稲田大学商学学術院教授 八巻和彦……233

機VERITAS NIHIL VERETUR NISI ABSCONDI……233
供The Fourth Estateとしてのジャーナリズムの社会的存在意義……234
掘‘本における組織ジャーナリズムの肥大化とその危機……236
検.泪好瓮妊アという会社の危機は民主主義社会の危機でもある……242
后.献磧璽淵螢好箸里△襪戮姿……244
コラム 日本の新聞のガラパゴス化は困る……248

 あとがき……249
 「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」受賞者……253
 執筆者紹介……261




プライバシーポリシー | お問い合わせ