ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 小学校で法を語ろう

W.キャシディ& R.イェーツ [編著]
小学校で法を語ろう
同志社大学法教育研究会 [訳]
小学校で法を語ろう
発 行2015年12月1日
税込定価3,240円(本体3,000円)
判 型A5判並製
ページ数236
ISBN978-4-7923-0584-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はじめに ギャップを埋めること――法について語ろう
ワンダ・キャシディ&ルース・イェーツ1
第1章 どうして小学校の授業で法を教えるのか?
ワンダ・キャシディ15
第2章 市民参画のための教育――アメリカ合衆国における法に関わる教育――
マーブル・C・マッキニー−ブラウニング31
第3章 小学校の教室での対立解決
ミシェル・ル・バロン&ヴィクター・ロビンソン43
第4章 クラスのなかで民主制の諸原理を身につけること
ルース・イェーツ59
第5章 物語劇を通して法を見る
ヘザー・ガスコイン83
第6章 同調圧力を、法に関わる文学作品を通じてコントロールする
マーガレット・ファーガソン103
第7章 小学校の教室で法を作ってみよう――単元計画――
ロイス・クラッセン137
第8章 ゲームと模擬実験を通じた法の経験
ルース・イェーツ153
第9章 社会研究における批判的思考による問題対応と決定
シェルビー・L・シェパード175
第10章 法科学を通した法の探究
アラン・マッキンノン&ピーター・ウィリアムス195
訳者あとがき231




プライバシーポリシー | お問い合わせ