ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 持続可能な地下水利用に向けた挑戦

熊本大学政創研叢書9
持続可能な地下水利用に向けた挑戦
地下水先進地域熊本からの発信
嶋田 純/上野眞也 編
持続可能な地下水利用に向けた挑戦
発 行2016年2月26日
税込定価2,700円(本体2,500円)
判 型A5判上製
ページ数
ISBN978-4-7923-9257-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はじめにi
第 1 章 モンスーンアジア地域での地下水循環特性1
機,呂犬瓩1
供.皀鵐后璽鵐▲献地域の水文特性2
掘〕反綉制に伴う地下水位低下とその後の急速な回復4
検|浪漆綮餮擦了続的利用の可能性6
第 2 章 熊本地域の水理地質構成とその地史的背景9
機,呂犬瓩9
供〃本地域の水理地質構成とその分布10
掘|浪漆緝蠡犬よび流動についての把握28
検/緲地質の地史的背景─地質および地形の成立過程(地史)30
后,わりに31
第 3 章 熊本地域の水文気象環境とその長期変化33
機〃本地域の気候33
供_論醂量41
掘々渉展个陵水量46
第 4 章 地下水中の環境トレーサーからみた地下水流動状況
53
機〃本の地下水流動の概要53
供|浪漆緡動の評価・推定方法54
掘/靴靴っ浪漆緡動の推定方法61
第 5 章 地下水硝酸汚染の現状と自然浄化の実態77
機,呂犬瓩77
供‐忙星染の現状79
掘‐忙星染の起源83
検ー然浄化の実態86
后“生物の世界89
此‖从に向けて95
察,わりに98
第 6 章 統合型流域モデリングによる地下水流動の
数値シミュレーション101
機,呂犬瓩101
供‥合型流域モデリング102
掘〃本流域圏モデルの開発110
検.丱奪グラウンドを如何に求めるか?116
后〃仍的変化を再現するヒストリーマッチング118
此[域モデルをどのように活用するか?121
察.侫ールド調査との協働124
次,泙箸124
第 7 章 白川中流域低地の水理地質学的特殊性と
水田涵養量の定量的評価129
機〃本地域の水理地質と地下水流動系129
供’鮴鄰耄域低地における転作田水張り事業
(Trans-boundary groundwater management)131
掘‥效詫用の改変に伴う地下水流動の変化134
検‥昇酖朕緜セ業の効果の定量的検討137
第 8 章 地下水涵養量の定量的評価と土地利用との対応141
機,呂犬瓩141
供|浪漆繃祥槊未猟衫姪評価法142
掘〃本地域の地下水涵養量の実態144
第 9 章 コモンズとしての地下水保全政策153
機,呂犬瓩153
供ー匆駝簑蠅魏魴茲垢觴衙155
掘〃本モデルの成功と課題162
検,気蕕覆襯汽好謄ぅ淵屮襪鯡椹悗靴171
検,わりに175
第 10 章 地下水管理のための法制度の整備179
機,呂犬瓩179
供|浪漆緤歔瓦亡悗垢詼\鞍の取組みの背景と経緯180
掘‐鯲祺正の内容186
検‐鯲磴了楾圓坊犬覯歛蠅蛤8紊療庫194
第 11 章 地域住民意識啓発のための
生物モニタリング法の提案199
機,呂犬瓩199
供.璽屮薀侫ッシュを用いた水質モニタリング法の開発200
掘.瓮瀬を用いた水質モニタリング法の開発209
検,わりに217
第 12 章 硝酸イオン選択性陰イオン交換繊維の開発と
その背景221
機|浪漆絮染問題の顕在化221
供‐忙誓窒素濃度の減少メカニズム223
掘.ぅン交換反応を用いた硝酸性窒素除去225
第 13 章 地下水中の天然由来ヒ素汚染の実態と
その対応策の提案235
機,呂犬瓩235
供‖喊總愧罎離卅琶布237
掘.卅任陵禄丱廛蹈札242
検〇晴重簡緩および水酸化鉄粉末による水溶液中のヒ素の除去245
后〇晴重款瞳訛里砲茲訖緲榔嫦罎離卅任僚去247
此‖森質酸化鉄による水溶液中のヒ素の除去250
第 14 章 地下水の水量・水質の持続的利用を目指した
システム構築の展望255
機,呂犬瓩255
供|浪漆紊凌緡未亡悗垢觧続的利用システム256
掘|浪漆紊凌綣舛亡悗垢觧続的利用システム259

資 料
熊本県地下水保全条例263
熊本県地下水と土を育む農業推進条例287
熊本市地下水保全条例293

おわりに303
事項索引305




プライバシーポリシー | お問い合わせ