ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 永住市民の人権

永住市民の人権
地球市民としての責任
後藤光男 著
永住市民の人権
発 行2016年3月20日
税込定価6,264円(本体5,800円)
判 型A5判
ページ数294頁
ISBN9784792305949
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

序 章 本書の構図と構成
 1 本書の構図 1
  (1)地球市民権の時代へ 2
  (2)地球民主主義 3
 2 本書の構成 5

第1章 日本国憲法制定史における「日本国民」と「外国人」
―米国の人権政策と日本政府との狭間で―
 1 はじめに 13
 2 米国の人権政策 15
 3 植民地出身者の参政権の停止 21
 4 GHQの外国人の人権保障条項 26
 5 国籍選択権 29
 6 結 び 34

第2章 日本国憲法10条・国籍法と旧植民地出身者
 1 問題の所在 37
  (1)国境の成立と国家主義 37
  (2)憲法学者の旧植民地出身者に対する認識 40
 2 旧植民地出身者の処遇 45
  (1)「外国人」から「帝国臣民」へ
    ―帝国憲法と植民地出身者(1910年日韓併合以降)― 45
  (2)「帝国臣民」から「外国人」へ―日本国憲法と植民地出身者― 47
 3 日本国憲法10条・国籍法 49
  (1)日本国憲法10条の「日本国民」とは誰か 49
  (2)日本国憲法10条の制定過程 52
 4 結 語 60

第3章 外国人の人権享有主体性
 1 外国人の人権享有主体性 63
 2 保障される人権の範囲 67
  (1)参政権(選挙権・被選挙権) 67
  (2)公務就任権 71
  (3)社会権 73
  (4)入国の自由 74
  (5)亡命権 76
 3 公共の福祉のための制約および「合理的な差別」の問題 77
  (1)精神的自由・経済的自由・人身の自由 77
  (2)人格権―指紋押捺を強制されない権利― 78

第4章 外国人の出入国の自由
 1 問題の所在 81
 2 出入国の自由に関する判例 88
  (1)入国の自由 88
  (2)出国の自由 93
 3 出入国の自由に関する学説 97
 4 出入国の自由の本質論 102
 5 結 び 107

第5章 条例による外国人地方選挙権付与の合憲性
 1 はじめに111
 2 外国人への地方選挙権付与の合憲性 114
  (1)外国人の類型 114
  (2)外国人の権利保障 114
  (3)外国人地方選挙権の保障 115
  (4)「地方自治の本旨」と外国人地方選挙権 120
 3 条例による外国人地方選挙権付与の合憲性 121
  (1)憲法上の「法律の留保」との関係 123
  (2)法律と条例との関係 124
 4 残された課題―外国人の被選挙権付与について― 128

第6章 外国人の選挙権・被選挙権
 1 序 説 131
  (1)外国人選挙権否定説 135
  (2)外国人選挙権肯定説とそれを根拠づける実質論 137
 2 外国人の選挙権 138
  (1)外国人の地方選挙権―地方政治の選挙権だけを認める限定承認説― 138
  (2)外国人の地方選挙権付与論の問題点 143
  (3)新しい学説の流れ―外国人の国政選挙権付与の論理― 144
 3 外国人の被選挙権 146
  (1)地方自治体における外国人の被選挙権 147
  (2)国政における外国人の被選挙権 149
 4 結 び 154

第7章 外国人の公務就任権
 1 はじめに 161
 2 外国人の公務就任権をめぐる動向 163
 3 戦後50年と国籍条項 166
 4 外国人の公務就任と憲法上の問題点 174

第8章 外国人の公務就任権をめぐる一般永住者と特別永住者
 1 はじめに183
  (1)永住外国人の東京都管理職選考試験受験訴訟 184
  (2)外国人に保障される人権の範囲 186
 2 国民主権と基本的人権の相克 190
  (1)国民主権の原理と外国人の公務就任 190
  (2)基本的人権の原理と外国人の公務就任 192
 3 一般永住者と特別永住者の相異 194
  (1)藤田宙靖裁判官補足意見と一般永住者 195
  (2)泉徳治裁判官反対意見と特別永住者 199
 4 結 び―判例・通説の問題性― 204

第9章 外国人の社会権と国際人権条約
 1 はじめに 207
  (1)在日外国人の国民年金訴訟 208
  (2)難民条約の批准を契機として 212
 2 外国人の社会権について 215
  (1)外国人の人権と社会権の本質 215
  (2)外国人に対する差別の合憲性 218
 3 外国人の社会権保障の現状 221
  (1)社会保険 221
  (2)公的扶助(生活保護) 227
 4 今後の課題―国際人権条約との関係について― 229

第10章 非正規滞在外国人の人権
 1 問題の所在 241
 2 非正規滞在者と在留特別許可 244
  (1)外国人の人権享有主体性と不法入国者 244
  (2)正規滞在者と在留資格 246
  (3)非正規滞在者と在留特別許可 248
 3 正規化と居住権 253
  (1)正規化とアムネスティ 253
  (2)居住権を中心とする人権 262
 4 結 び 266

初出一覧 269
参考文献一覧 270
あとがき 281




プライバシーポリシー | お問い合わせ