ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 共犯者の自白と証人対面権

証拠法研究第三巻
共犯者の自白と証人対面権
小早川義則 著
共犯者の自白と証人対面権
発 行2016年8月15日
税込定価8,640円(本体8,000円)
判 型A5判上製
ページ数424
ISBN978-4-7923-5186-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

目  次

はしがき…………i
既発表主要関連論文等一覧…………xiv

序 章…………1

第一章 わが国の問題状況…………4
第一節 証拠法関連規定の成立過程………… 4
第二節 憲法とのかかわり…………18
第三節 問題点…………27

第二章 英米法の概観…………29
第一節 伝聞法則と憲法…………29
第二節 一九七五年米連邦証拠規則…………31
第三節 問題点…………36

第三章 証人対面権と伝聞法則…………41
第一節 概  要…………41
第二節 主要関連判例の検討…………48
第三節 判例のまとめ…………141

第四章 フリードマン教授の最高裁批判…………166
第一節 対面と鉄面皮の定義(一九九七年)…………166
第二節 対面─基本原理の探求(一九九八年)…………190
第三節 結  論…………228

第五章 クロフォード判決(二〇〇四年三月八日)…………230
第一節 事実の経緯…………230
第二節 法廷意見…………232

第六章 クロフォード判決のDVへの影響…………250
序…………251
第一節 最高裁による対面条項の再発見…………255
第二節 法廷での対面と家庭内での対面の意味…………266
第三節 クロフォード判決後の立法改革…………274
結 論…………283

第七章 共犯者の自白と共謀者の供述…………285
第一節 コモンロー…………286
第二節 最高裁クルールウィッチ判決(一九四九年)…………290
第三節 連邦証拠規則第八〇一条⒟(E)…………297

第八章 共犯者の自白と不一致供述…………303
第一節 コモンロー…………303
第二節 学説の批判…………308
第三節 法改正の動き…………313
第四節 判 例(正統説)…………317
第五節 米連邦証拠規則第八〇一条⒟(A)…………325

第九章 共犯者の自白と刑事上の利益に反する供述…………341
第一節 コモンロー…………342
第二節 サセックス判決批判…………348
第三節 米連邦証拠規則第八〇四条⒝…………355
第四節 連邦控訴審の動向…………365
第五節 合衆国最高裁二判決…………371

第一〇章 問題点の検討…………377
第一節 問題の所在…………378
第二節 アメリカ法との対比…………395

終 章…………402
Table of Cases…………⑴




プライバシーポリシー | お問い合わせ