ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > カール・シュミットと五人のユダヤ人法学者

カール・シュミットと五人のユダヤ人法学者
初宿正典 著
カール・シュミットと五人のユダヤ人法学者
発 行2016年10月1日
税込定価9,720円(本体9,000円)
判 型A5判上製
ページ数590頁
ISBN978-4-7923-0600-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次
まえがき  iii
目 次  vii
凡 例  xv
略語および主な引用文献略称一覧  xvi

機.ール・シュミット
1 ケルン時代のシュミット
―ケルゼンの罷免問題にも触れながら―
はじめに3
第1節 シュミットのケルン大学への招聘問題5
1 シュミットのこの時期の経歴  5
2 ケルン大学の人事  6
3 シュミットのケルン大学教授就任  9
第2節 ケルン大学教授ケルゼン罷免問題とシュミット11
1 ケルゼン罷免の報  11
2 助命嘆願書  13
3 シュミットの反応  18
第3節 シュミットのケルン時代の活動と著作21
おわりに39
2 シュミットの憤激の書簡
―シュミット vs. カース―
1 はじめに―背 景  44
2 ルートヴィヒ・カースのシュライヒャー宛の書簡(公開状)  46
3 シュミットからカースに宛てた反論(私信)  48
4 戦後におけるこの論争の回想  50
3 シュミットとの対話
―シュミットにおける《学問と政治》あるいは《理論と実践》―
解 題  52
ロスコップフとの対話  53
4 シュミットのマキァヴェッリ論
解 題  62
「マキァヴェッリ―1927年6月22日に寄せて」  63
5 ニュルンベルクにおけるシュミットの尋問
はじめに  70
第1回尋問(1947年4月3日)  72
第2回尋問(1947年4月21日)  79
第3回尋問(1947年4月29日)  87
6 シュミットの《陸と海》概念の起源
―彼の思想形成に占める《故郷》の重要性の一断面―
1 はじめに  94
2 娘アーニマ  95
3 故郷ザウアーラント  96
4 おわりに  100
7 シュミットとの対話
―シュミット,彼自身を語る―
解 題  102
シュミットとの対話―シュミット,彼自身を語る  104
出自と学業  107
法学への決断  111
ローマ・カトリシズムと政治形態  112
ヒンデンブルクの宣誓トラウマと訴訟アレルギー  114
権力掌握と全権委任法  118
問題の核心―選挙期間中には誰が統治するのか  120
国会議事堂放火事件  126
法学的実証主義  126
第三帝国を初めて目にした時  131
8 シュミットの《合法的世界革命》論
1 はじめに  135
2 合法性,正統性および超合法性  137
3 《進歩のイデオロギー》  141
4 ファシズム前の超合法性の2つのモデル
  ―1871年以降のフランスと1919年以降のドイツ  143
5 先例としてのヒトラーの合法的革命  145
6 政治の主体,また憲法制定権力の担い手としての人類  148
9 シュミットの死
1 シュミットとの会見  151
2 シュミットの死  155
⓾ シュミットの『レヴィアータン論』新装版
1 はじめに―1980年代のシュミット研究  161
2 『レヴィアータン論』の新装版  164
3 編者マシュケの「解説」概観  167
【資料】シェルスキーの『ホッブズ論』の運命172
解 題  172
シェルスキー『ホッブズ論』序文  174

供.─璽螢辧Εウフマン
1 シュミットとカウフマン
はじめに―問題の所在189
第1節 『政治神学』初版におけるカウフマンへの言及194
1 例外状態の考え方(『政治神学』第1章での言及)  195
2 学問方法論(『政治神学』第2章での言及)  198
3 政治神学(第3章における言及)  205
第2節 ヴァイマル期のシュミットのその他の著作における
    カウフマンへの言及208
第3節 カウフマンにおけるシュミットへの論及215
1 検討対象の限定  215
2 『批判』におけるシュミットへの言及  216
3 平等論に関するカウフマンとシュミットの理解  219
4 カウフマンのシュミット批判  223
5 小 結  229
第4節 カウフマンのシュミット観229
1 カウフマンとシュミットの略歴  229
2 カウフマンのシュミット観  231
おわりに239
《補論》「真理ではなく権威が法をつくる」という命題の引用について243
【資料機曠┘襯鵐好函Ε侫ルストホフ「内乱の中の国法学者」247
【資料供曠ール・シュミットとその学派
    ―フォルストホフへの公開状―251
解 題  251
エーリヒ・カウフマン「カール・シュミットとその学派―
エルンスト・フォルストホフに対する公開状」  255
2 カウフマンの《ニコラスゼー・ゼミナール》
はじめに259
第1節 《ニコラスゼー・ゼミナール》の内容262
第2節 カウフマン記念集会に集った人々とその発言内容の概観270
第3節 カウフマンの挨拶284

掘.殴襯魯襯函Ε薀ぅ廛曠襯
1 ライプホルツにおける亡命と抵抗
序―問題の限定289
第1節 ライプホルツのイギリス亡命までの前半生294
第2節 ロンドン時代301
1 ベルとの出会い  301
2 ナチズムと教会  305
第3節 オックスフォード時代307
1 『キリスト教・政治および権力』  307
2 正義と法  319
3 ドイツ抵抗運動と《7月20日事件》  321
第4節 戦後のライプホルツとその抵抗論327
《補論》ベルとライプホルツの往復書簡集331
【資料】ライプホルツ「政治と自然法」334
解 題  334
政 治  334
2 シュミットとライプホルツ
―その関わりに関する覚え書き―
はじめに  340
1 シュミットとライプホルツの略歴  344
2 学会における両者の関わりの概観  346
3 シュミットによるライプホルツの引用  350
4 ライプホルツによるシュミットの引用  352
5 裁判所の審査権  357
⑴ ライプホルツの平等論  357
⑵ シュミットの憲法裁判論  358
⑶ シュミットの司法国家論  361
6 ライプホルツの1933年論文  363
おわりに  367
【資料】「カール・シュミットの態度」
   ―ライプホルツのシュミット批判―370
解 題  370
ライプホルツ 「カール・シュミットの態度」  370
3 ライプホルツの死をめぐるドイツの反応
はじめに  374
1 ライプホルツの死に関する文献リスト  375
機”者名の記載のあるもの,または判明したもの  375
供”者名の記載のないもの  376
掘,修梁召凌景后雑誌等の訃報  376
2 若干のコメント  377
《補論》ライプホルツ追想383

検.奸璽粥Ε廛蹈ぅ
プロイスのヴァイマル憲法構想
はじめに―問題の限定389
第1節 プロイスの生涯概観391
第2節 内務国務次官プロイス399
第3節 プロイスの草案とその特質404
1 《主権》概念の回避  405
2 新しい自由邦の形成可能性  408
3 議会制構想  411
4 基本権規定に関する特徴  413
5 大統領制  416
第4節 プロイス草案の審議421
1 閣議での審議  421
2 諸邦委員会とプロイス構想の変質  424
3 国民議会での審議と基本権規定の拡充  425
おわりに428
【資料機曄嵶∧屬靴隆鰻国家?」
    ―ヴァイマル憲法草案起草者プロイスの誕生―430
解 題  430
プロイス「民族国家か,それとも裏返しの官憲国家か?」  433
【資料供曠廛蹈ぅ垢離凜.ぅ泪觀法草案438
解 題  438
プロイス草案比較対照表  439
ヴァイマル憲法草案  440
【資料掘曠廛蹈ぅ垢砲茲襯咼好泪襯憲法とプロイセン憲法の改正提案
      467
解 題  467
1 ビスマルク憲法改正提案  471
2 プロイセン憲法改正提案  494

后.侫螢奪帖Ε轡絅謄ーア=ゾムロ
シュティーア=ゾムロとヴァイマル憲法構想
はじめに―問題の限定507
第1節 フリッツ・シュティーア=ゾムロの生涯概観508
⑴ 出生から学生時代  508
⑵ 学者としての出発  509
⑶ ケルン大学創設と学部長時代  510
⑷ ナチスの反ユダヤ主義政策の中のシュティーア=ゾムロ  512
第2節 シュティーア=ゾムロの業績概観514
第3節 シュティーア=ゾムロのヴァイマル憲法構想517
1 総 説  517
2 シュティーア=ゾムロの憲法草案の構成  522
⑴ 目 次  522
⑵ 全体的特徴  523
⑶ 基本権規定  523
3 シュティーア=ゾムロにおける新憲法の統治構造  525
⑴ 概 観  525
⑵ 連邦議会  526
⑶ 法案提出権  529
⑷ 国家元首(大統領)の地位  530
⑸ 連邦とラントの関係  531
⑹ 裁判制度  534
おわりに代えて535

関連年譜  538
初出誌一覧  544
独訳目次  548
人名索引  554




プライバシーポリシー | お問い合わせ