ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法学

法学
法の世界に学ぶ
中山政義/土屋茂/長谷川日出世/高岸直樹 著
法学
発 行2017年3月30日
税込定価2,160円(本体2,000円)
判 型A5判並製
ページ数202頁
ISBN978-4-7923-0608-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はしがき

第1章 法の世界1
第1節 法とは(法の意味)1
1 法の定義  1  2 法と道徳  2
3 法と習俗・慣習  5  4 法と法律  6
第2節 法の形式7
1 成文法  7  2 不文法  11
3 成文法主義と判例法主義  15
第3節 法の分類16
1 公法と私法と社会法  16
2 強行法と任意法  17
3 一般法(普通法)と特別法  18  4 実体法と手続法  18
5 国内法と国際法  19
第4節 法の目的19
1 正義の実現  19  2 法的安定性  20
第5節 法の効力20
1 時間的効力  20  2 空間的効力  21
第6節 法と政治21
1 立法と政治  21  2 法治主義  22
第7節 法の適用と解釈22
1 法の適用  22  2 法の解釈  24
第8節 法学の歴史25
1 古代の法学  26  2 中世の法学  26
3 近世および現代の法学  26
第9節 法の分科27
1 法の分科  27  2 法学の学科  28

第2章 憲法の世界31
第1節 憲法とは何か31
1 憲法という用語  31  2 憲法と国家  32
第2節 憲法の意味と立憲意義33
1 憲法の意味  33  2 憲法と立憲主義  34
3 憲法の分類  38
第3節 日本国憲法41
1 日本国憲法の基本原理  41  2 国民主権の原理  43
3 平和主義の原理と戦争放棄  47
4 基本的人権の原理  54  5 自由権  65
6 社会権  74  7 国 会  79  8 内 閣  84
9 裁判所  88  10 財 政  94  11 地方自治  99
12 憲法改正  104

第3章 民法の世界111
第1節 基本ルール111
1 民法の意味  111  2 民法の基本原則  111
3 日本の民法  112
第2節 総  則113
1 総則の内容  113  2 権利能力者――人(権利の主体)  113
3 物――権利の客体  114  4 法律行為――権利の変動  115
5 時効――権利の変動  116
第3節 物  権117
1 物権の特色  117  2 物権の種類  118
第4節 債  権120
1 債権の特色  120  2 債権の効力  120
3 多数当事者の債権  121  4 債権の譲渡と消滅  121
5 債権の発生原因  122
第5節 親族⑴――婚姻123
1 家族の基本構造  123  2 婚姻の成立要件  124
3 婚姻の効果  126  4 婚姻の解消  127
5 内縁  129
第6節 親族⑵――親子129
1 親子関係  129  2 実親子関係  129
3 法定親子関係――養親子関係  131
第7節 相  続133
1 相続の意義  133  2 相続人  133
3 相続の効力  135  4 遺 言  136
5 遺留分  137

第4章 刑法の世界139
第1節 刑法とは(刑法の目的・機能)139
第2節 刑法の法源140
1 刑法の範囲  140  2 刑法の改正  140
3 慣習刑法の禁止  141
第3節 刑法の適用範囲141
1 時間的適用範囲  141  2 場所的適用範囲  142
第4節 刑法の基本原理(罪刑法定主義)142
1 罪刑法定主義とは  142  2 明文上の根拠  142
3 刑法の原則  143
第5節 犯罪の成立要件144
1 犯罪とは  144  2 構成要件  144
3 違法性  145  4 有責性  145
第6節 刑  罰146
1 刑罰の種類  146  2 刑の加重と減軽  147

第5章 ビジネスと法の世界149
第1節 経済社会と法149
第2節 商人の規律をみる149
1 商法と民法の関係  149  2 商法の適用  150
3 企業組織に関する規律  150  4 企業取引に関する規律  152
第3節 会社の規律をみる152
1 会社とはなにか  152  2 株式会社の資金調達  155
3 株式会社の経営機構  157
第4節 会社と証券取引をみる162
1 金融商品取引での情報の重要性  162  2 資本市場  162
3 情報開示  163  4 不公正取引の禁止  164
第5節 会社と税をみる165
1 租税とは  165  2 事業体の納税義務  166
3 エンティティ課税とパススルー課税  167  4 租税回避  167
5 タックス・ヘイブン  168  6 移転価格  168

第6章 消費者保護と法の世界(欠陥商品に対する法)171
第1節 製造物に対する責任の法理171
1 契約責任に基づく製造物責任  171  2 不法行為責任  172
第2節 製造物責任法(PL法)173
1 厳格責任  173  2 欠陥  175

第7章 知的財産と法の世界177
第1節 国際化時代の知的所有権177
第2節 主要国の知的所有権制度の変遷178
1 アメリカの知的所有権制度と保護強化の動き  178
2 ヨーロッパの知的所有権保護の動き  181
第3節 知的所有権の国際的調整と問題点182
1 パリ条約  183  2 国別格差と問題点  184
第4節 国際知的所有権の将来への展望185

参考文献  187




プライバシーポリシー | お問い合わせ