ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ドイツ刑事訴訟法演習

ロクシン=アッヘンバッハ
ドイツ刑事訴訟法演習
君の知識を試そう
光藤景皎/吉田宣之 編訳
ドイツ刑事訴訟法演習
発 行2017年3月20日
税込定価5,400円(本体5,000円)
判 型46判
ページ数424頁
ISBN978-4-7923-5204-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

訳者一覧

秋山栄一(ノースアジア大学准教授)
斎藤 司(龍谷大学教授)
谷脇真渡(桐蔭横浜大学准教授)
田淵浩二(九州大学教授)
辻本典央(近畿大学教授)
松倉治代(大阪市立大学准教授)
光藤景皎(大阪市立大学名誉教授)
山名京子(関西大学教授)
吉田宣之(弁護士・前桐蔭横浜大学教授)
四條北斗(大阪経済大学専任講師)


目  次

 訳者はしがき (i)
 序 文 (v)
 凡 例 (vii)
導入問題1
第1章 準備手続(捜査手続)5
1 準備手続の基礎(5)
2 捜査手続の開始(7)
3 刑事訴追における検察官の地位と任務(10)
4 起訴前手続における警察と捜査補助官(17)
5 起訴前手続における捜査判事(21)
6 弁護人及び補佐人(24)
7 被疑者・被告人とその尋問(40)
8 勾留、仮収容、仮逮捕(56)
9 物品の押収(76)
10 捜索、検査、DNA型検査(85)
11 その他の基本権侵害を伴う捜査処分(99)
12 手続打切りと起訴強制(113)
13 捜査の終結と公訴提起(122)
第2章 中間手続135
第3章 公判手続143
1 公判の準備と構成(143)
2 職業裁判官と素人裁判官、除斥と忌避(148)
3 職権主義と訴訟指揮(160)
4 手続関与者の出廷・在廷(178)
5 公判の公開性(193)
6 公判の口頭性及び直接性(205)
7 訴訟条件及びその証明(217)
8 証拠法の一般的基礎(223)
9 証 人(251)
10 鑑定、検証、書証(278)
11 調 書(296)
12 評議、評決、判決(303)
第4章 通常の法的救済手続(上訴)317
1 上訴総論(317)
2 個別の法的救済(331)
第5章 確定力、執行、再審357
第6章 特別の手続形式377


 事項索引(397)
 条文索引(409)




プライバシーポリシー | お問い合わせ