ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 実践!弁護側立証

実践!弁護側立証
大阪弁護側立証研究会 編
実践!弁護側立証
発 行2017年6月10日
税込定価3,024円(本体2,800円)
判 型B5判
ページ数244頁
ISBN978-4-7923-5198-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
第1章 総  論
〔1〕 弁護側立証の意義 3
機,呂犬瓩 3
供)[畩紊琉銘屬鼎 3
掘‐攀鮗集の視点 3
検(杆鄲ξ証の破壊力 4
〔2〕 調査活動の記録の取り方 5
機ゝ録の作成及び証拠化について 5
1 記録の3段階 (5)  2 文書化・証拠化の目安 (6)
供ゝ録作成の一般的注意点 7
掘‐賁綿未竜録作成方法 7
1 事情聴取の場合 (7)  2 現場調査の場合 (8)  3 証拠物を入手した場合 (8)
〔参考〕捜査機関の場合 (9)
検ゝ録と証拠の保管方法 10
1 基本原則 (10)  2 文書の保管方法 (10)  3 物の保管方法 (10)
4 電子データの保管方法 (11)  〔コラム〕保管の連鎖 (11)
〔3〕 捜査段階での注意点 12
機/粥々宗, 12
供〜楮挫奮で常に留意すべきポイント 12
1 防犯カメラと携帯電話に特に注意する (12)
2 違法な取調べ等に対処した痕跡を残すこと、証拠作りをすること (13)
掘〇案によって選択肢に入る活動 13
1 各種の情報収集 (13)  2 現場に行く (13)  3 陳述書・供述録取書の作成 (13)
4 捜査機関への証拠収集要請 (13)
検〇例紹介 14
〔4〕 公判段階での注意点 15
機仝〇ヾ韻らの証拠開示 15
供‖茖格類の閲覧謄写 15
掘ヽ猟蟲録の閲覧謄写 15
検(杆鄂佑瞭伴調査 15
后(杆鄂佑砲茲詢証活動 16
第2章 弁護人による調査と証拠化
〔1〕 事情聴取と証拠化 19
機〇情聴取にはどういう意味があるか 19
1 調書が開示されていても、その人物に直接会う意義は非常に大きい (19)
2 調書の無い証人は弁護人が発掘する (20)
供 崚╂証人」は「敵」だという誤解 20
掘]⇒軅茲鮹里 21
1 基本編 (21)  2 マスキング等への対処(仕組み編) (21)
3 マスキング等への対処(実践編) (22)
検…絢茲魄様蠅垢 23
1 聴取を依頼する (23)  2 説明の仕方 (23)
后ー尊櫃帽腓 23
1 場 所 (23)  2 聞き方 (24)  3 証拠の収集 (24)
此/搬旅澗中の共犯者等からの事情聴取 24
1 一般面会で会いにいく (25)  2 特別面会の申入れを行う (25)  
3 立会の実情と対処法 (25)  4 面会時の注意−誘導を避けて質問する(25)
〔2〕 示談交渉 28
機^奸 ゝ 28
供“鏗下圓墨⇒蹐鬚箸 28
1 被害者の連絡先を知る (28)  2 連絡の方法 (28)  
3 依頼者の資力を検討しておく (29)
掘“鏗下圓箸慮鮠 29
検ー談書・嘆願書等の作成 29
1 示談書・合意書 (29)
2 被疑者・被告人の処分についての意見書(いわゆる「嘆願書」を含む) (30)
3 告訴取消書 (31)  4 刑事和解 (31)
后仝〇ヾ韻悗猟鷭弌柄楮挫奮)・証拠調べ請求(公判段階) 31
此ゞ眩の受領が拒否された場合の対応 32
1 供 託 (32)  2 弁護人が預かる (32)  3 贖罪寄付 (33)
察々義平鈎奮 33
〔コラム〕被害者の食事代はどうする? (33)
〔3〕 陳述書・供述書、供述録取書 35
機…捗匳顱Χ―匳顱供述録取書の活用場面 35
供…捗匳颪閥―厦深莉颪琉磴ぁ使い分け 35
1 陳述書と供述録取書の違い (36)  2 実態に合わせて使い分ける (36)
掘〆鄒上の注意点 37
1 作成目的を意識する (37)  2 事実関係のまとめ方の注意点 (37)
3 内容を確認してもらう (38)  4 体 裁(38)
〔4〕 現場調査と証拠化 40
機仝従貭敢困琉婬 40
1 現場は気付きを生む (40)  2 どんなときに現場に行くか (40)
供仝従譴帽圓ときには 41
〔実例〕現場再現で暗さを体験─絶対に目撃できない! (42)
掘ー命拭ε纏劵如璽燭隆浜 43
検仝従貭敢困侶覯未鮠攀魏修垢襦兵命浸1栃鷙霆顱 43
后‐攀鯒塾賂;仝〇ヾ韻良堝碓佞悗梁弍── 45
〔5〕 接見の記録と証拠化 46
機.瓮發亮茲衒 46
供\楔メモ以外の情報の残し方 47
〔コラム〕面会室内における写真撮影や録画録音 (47)
掘\楔状況・内容の、証拠化・立証 48
〔6〕 被疑者ノート 49
機“鏥深團痢璽箸琉婬 49
供(杆鄂佑差し入れする際の注意点、被疑者が利用する際の注意点 49
1 入手方法 (49)   2 被疑者に使い方を説明する (50)
掘“鏥深團痢璽箸瞭睛討鯤歔瓦垢 50
検‐攀髻α駄聖駑租としての利用 51
1 公判での利用 (51)  2 疎明資料等としての利用 (51)
〔7〕 内容証明郵便・抗議文 53
機‘睛鴇斂斥絞愴送の注意点 53
1 内容証明郵便の使い道 (53)  2 発送準備 (53)  3 郵便局へ (53)
4 電子内容証明郵便(電子郵便約款34条以下) (54)
供‘睛鴇斂斥絞悗肇侫.奪ス等との使い分け 54
掘〜楮叉ヾ悗琉稻 ι堙捜査に対する抗議文 54
1 何を書くか (54)  2 送付先 (56)  3 公判での活用法 (56)
検 嵌鏥深埃萃瓦拇正化のための監督に関する規則」
  (平成20年4月3日、国家公安委員会規則第4号)(抜粋) 56
后 崋萃瓦戮亡悗垢詆塰等の把握とこれに対する対応について(依命通達)」
  (平成20年5月1日、最高検刑第125号)(抜粋) 57
〔8〕 確定日付 59
機ヽ猟蠧付をとろう 59
供ヽ猟蠧付の取得方法 59
掘ヽ猟蠧付の代用品 60
検ヽ猟蠧付取得の実践例 61
〔9〕 23条照会 62
機23条照会の基礎知識 62
供‐伐饑茲両霾鶸浜方法を把握する 62
掘 崋未靴料付」を求めることが有効 63
検仝務所等照会よりも優先する 63
后23条照会に対する回答書の証拠能力 64
此‥計情報の照会 64
〔コラム〕司法統計 (64)
察ヽ萢冦 65
〔10〕 刑事確定訴訟記録(保管記録)の閲覧謄写 67
機ヽ猟蟲録の保管の仕組み 67
供ヽ猟蠢宛紊亮蠡海了箸なけ 68
掘 ̄寨請求・謄写申出の要件と手続 68
1 閲覧及び謄写の要件 (68)  2 閲覧請求・謄写申出の手続 (69)
検 ̄寨・謄写不許可への対応 69
〔11〕 医療機関への照会(カルテ開示) 72
機^緡典ヾ悗保有している情報と、その開示義務 72
供^緡典録の開示請求手続 73
1 患者本人の医療記録 (73)  2 開示拒否への対応 (75)
3 第三者の医療記録 (75)
掘‘手した医療記録の活用 75
1 医療記録の読み取りと活用 (75)  2 医療記録の証拠能力 (76)
〔12〕 刑事施設に対する照会 77
機ヾ霑鍛亮韻稜聴 77
1 刑事施設の種類 (77)  2 情報管理は訓令等が定めている (77)
供〃沙施設(拘置所・刑務所)の情報管理とは 78
1 訓令等の概要 (78)  2 身分帳簿の保存・引継ぎ (78)
掘[叡峪楡漾雰抻―陝砲両霾鶸浜とは 79
1 訓令等の概要 (79)  2 簿冊の引継ぎ (79)
検‐伐饉蠡海亮尊 80
1 基本は23条照会 (80)  2 記載例 (80)  
〔コラム〕懲罰中は手紙が読めない! (82)  
○ 大阪府警察留置業務取扱規程(平成19年6月1日本部訓令第22号)(抄) (83)
〔13〕 行政文書開示請求・個人情報開示請求 89
機々埓文書開示請求(情報公開請求) 89
供仝朕余霾鶻示請求 89
第3章 裁判所の活用
〔1〕 逮捕状・勾留状等(第3分類) 93
機‖茖格類の取扱い 93
供‖疂畩・逮捕状請求書 93
掘仝留状 94
検ヾ嫩衫叡崗 94
后 峺留に関する処分の書類」 94
〔2〕 勾留理由開示を利用した初期供述の保全 96
機仝留理由開示の手続 96
供,い沈禅瓩垢襪 96
掘“鏥深圓琉娶陳述 97
1 何を言うか (97)  2 どう言うか (97)  3 証拠としての利用方法 (98)  
4 他の方法との使い分け (98)
検仝留理由開示の活用例 99
〔3〕 証拠保全 100
機^奸ゝ 100
供‐攀鯤歔瓦寮禅畆蠡 100
1 請求の時期 (100)  2 請求先 (100)  3 請求書の記載事項 (100)
4 裁判官の判断 (103)
掘‐攀鯤歔瓦亮損 104
検‐攀魏宗Ω判での活用 105
后〔荏碧‐紊両攀鯤歔瓦箸梁佝 105
此.院璽江匆 106
1 被疑者の負傷状況の検証 (106)  〔コラム〕裁判官の指示? (106)  
2 防犯カメラ映像の検証 (107)  3 携帯電話データの差押え等(107)
〔4〕 公務所等に対する照会 108
機ヽ機\ 108
供仝務所等照会の時期 108
掘仝務所等照会の請求の方法 109
1 事前問合せ (109)  2 請求書の作成・提出 (109)
検‐攀魏修諒法 109
后23条照会が優先 109
〔5〕 裁判記録の取寄せ請求 111
機)‥根拠 111
供ー茣鵑擦梁仂 111
掘ー茣鵑擦了期 111
検ー茲蟯鵑擦慎録の取扱い 111
后ヽ萢冦 111
〔6〕 差押え・提出命令 113
機〆慌,─δ鷭侈仁瓩箸浪燭 113
1 差押え (113)  2 提出命令 (113)
供ヽ萢冦 113
〔7〕 検 証 115
機ヽ機 〕 115
供仝‐擇亮損 115
掘仝‐攘覯未慮判での利用 115
1 第1回公判期日前の検証(証拠保全)の場合 (115)
2 第1回公判期日後の公判廷外の検証の場合 (116)
3 第1回公判期日後の公判廷における検証の場合 (116)
検ゞ饌領 116
〔8〕 鑑 定 118
機ヽ機 〕 118
供〆枷十蠅砲茲覺嫩蠅氾事者鑑定(私的鑑定)の使い分け 118
掘ヾ嫩蠅亮損棔丙枷十蠅砲茲覺嫩蠅両豺隋 119
1 鑑定決定 (119)  2 鑑定人の決定 (119)  3 鑑定人尋問とその後の手続 (119)
4 鑑定人・当事者の権限等 (119)  5 鑑定結果の評価 (121)
6 裁判員法に基づく鑑定手続実施決定(「50条鑑定」) (121)
検ヾ嫩蠅亮損棔陛事者鑑定の場合) 121
〔9〕 訴訟記録の閲覧・謄写 123
機〜幣抖録の編綴方法 123
供〜幣抖録の閲覧・謄写の基礎知識 123
1 弁護人の閲覧・謄写権の内容 (123)  2 閲覧・謄写の手続 (123)
掘仝判調書の閲覧謄写と調書異議 124
〔コラム〕閲覧のすすめ (124)
検(神12年10月20日付け最高裁総三第128号事務総長通達
  「刑事訴訟記録の編成等について」 126
第4章 捜査機関の活用
〔1〕 証拠開示総論 133
機‐攀魍示の重要性 133
供‐攀魍示の法的根拠 133
掘〜楮叉ヾ悗証拠を収集し、弁護人が開示を受けるまでの流れ 134
1 捜査と証拠化 (134)  2 捜査対象と証拠の種別 (134)  3 検察官送致 (135)
4 検察官による証拠開示の実施 (135)  
〔コラム〕証拠開示に関する2016年刑訴法改正 (136)
〔2〕 類型証拠開示請求 137
機ヽ機〕 137
1 基礎知識 (137)
2 考え方──網羅的な証拠開示を実現する技術が必要である──  (137)
3 手 順 (138)
供‐攀鬚鮓つける 138
1 証拠の作られ方についての知識を持つこと (138)
2 「人・場所・物」から証拠を見つける (139)  3 防御に必要な証拠を探す (141)
4 証拠の見つけ方10選 (142)  5 よくある失敗(143)
掘ー永婿項の書き方 144
1 考え方 (144)  2 ルール集 (144)
検[犒燭猟蠅疂、理由の書き方 146
1 類型の選択 (146)  2 理由の記載方法 (146)  
3 不開示とされやすい類型 (147)
后ヽ示漏れの防止 147
1 開示漏れのパターン (147)  2 開示漏れへの対策 (147)
此 崘ぐ娚示」の危険性と対処法 148
1 任意開示の実情 (148)  2 対処法 (149)
察[犒疹攀魍示請求書の記載例 149
〔コラム〕2016年改正法に関する補足 (153)
〔3〕 主張関連証拠開示請求 154
〔4〕 開示証拠の閲覧・謄写・管理 156
機)[瓩竜定 156
1 閲覧・謄写権 (156)  2 管理義務 (156)
供 ̄寨謄写の方法 156
1 原本の閲覧が原則であること (156)  2 閲覧・謄写の工夫 (157)
3 各論(証拠類型) (157)  4 開示証拠が既に複写物である場合の対応 (158)
掘‐攀鬚鬚匹里茲Δ棒依しておくか 159
〔コラム〕ファイリングの道具 (161)
検ヽ示証拠の第三者への提示・交付 162
1 弁護人から被告人への、複製等の交付 (162)
2 弁護人から第三者への提示・交付 (163)
3 被告人から第三者への提示・交付 (164)
〔5〕 還付請求・押収に対する準抗告 166
〔6〕 検察官に対する証拠収集要請 167
第5章 公判での立証
〔1〕 証拠調べ請求 171
機‐攀鯆瓦拈禅瓩亡悗垢覽定 171
供\禅畩攀鬚僚猗 171
1 証拠書類・証拠物の準備 (171)  2 人証の準備 (172)
掘‐攀鯆瓦拈禅畚颪虜鄒・提出 172
〔コラム〕証拠等関係カード (174)
検仝〇ヾ韻悗両攀魍示 175
1 書 証 (175)  2 人証(証言予定事項) (175)  
〔コラム〕弁護人が検察官に証拠開示を行う方法は? (175)
后‐攀魴萃 176
此 嵎鷙霆顱廚粒萢 176
〔2〕 証拠採用のための工夫(必要性) 178
機〔簑蠅僚蟶漾福嵒要性」) 178
1 証拠調べ請求は裁判所の必要性判断によって却下されること (178)
2 証拠却下の是正の困難性 (178)
供‐攀鮑陵僂妨けた弁護活動 179
1 裁判所の考え方を理解する (179)  2 必要性を裁判所に伝える (179)
3 各論──必要性に影響する事情と、それへの対処── (180)  
〔コラム〕裁判所は予め証拠の価値を予測できるのか──「証拠予断」禁止の原則── (182)
〔3〕 証拠書類・証拠物の証拠調べ 184
機‐攀鮟駑爐亮萃瓦 184
1 作成段階での注意点 (184)  2 証拠調べ段階での注意点 (185)
3 証人尋問での提示を活用する (185)
4 審理計画のどの時点で証拠調べをするか (185)
5 リハーサルをする (185)
供]読の実践例 186
掘‐攀鯤の取調べ 187
検ヾ憤廚幣攀鯆瓦戮砲弔い 187
〔4〕 弁護側証人の主尋問・被告人質問 188
機ー膺厂笋量槁犬抜靄楔饗 188
1 主尋問の目標 (188)  2 主尋問の尋問技術 (188)
供‐攷与厂笋僚猗 189
1 証人候補者に事前接触する (189)  2 証人との打合せを行う (189)
3 視覚資料・証拠の利用を検討する (190)  4 尋問事項書 (191)
5 反対尋問・補充尋問への対応を説明する (191)
掘“鏐霓夕遡 191
〔コラム〕どの程度誘導してよいか (192)
〔5〕 反対尋問での立証 193
機^奸ゝ 193
供“紳仗厂笋砲茲詢証の利点 193
掘“紳仗厂笋糧楼呂砲弔い 193
1 反対尋問の範囲に関する規定 (193)  2 双方申請について (195)
3 反対尋問の機会における新たな事項の尋問 (195)
〔6〕 証拠書類・証拠物の提出と、人証調べの調書化 196
機‐攀鮟駑燹証拠物の提出 196
1 裁判所への提出と、その後の手続 (196)  2 弁護活動 (196)
供/余敖瓦戮猟棺餡修畔杆邀萋 196
1 裁判所書記官による調書 (197)  2 要旨調書 (197)
3 速 記 (197)  4 録 音 (197)  5 裁判員裁判の場合 (197)
6 証人尋問で用いた書面等の取扱い (198)  
〔コラム〕弁護人は裁判所の録音を聞けないのか? (198)
〔7〕 上訴審での立証 200
機々義平海領れ 200
供〇実取調べ請求に関する規定と実情 201
1 事実取調べ請求 (201)  2 「やむを得ない事由」の特則 (201)
3 原判決後の情状の特則 (201)  4 被告人質問について (201)
掘〇実取調べ請求の採用を目指す弁護活動 202
1 控訴趣意書と一体のものとして考える (202)
2 一審段階で証拠調べ請求しなかったやむを得ない事由を主張する (202)
3 疎明資料を添付する (202)
付録:防犯カメラの解説 205
機)蛭肇メラの基礎知識 205
1 どこにあるか (205)  2 誰が管理しているか (205)
3 防犯カメラ映像の保存期間はどの程度か (205)
供)蛭肇メラの映像をどうやって見るか 206
1 起訴前 (206)  2 起訴後 (206)
掘)蛭肇メラ映像の証拠保全 206
1 刑訴法に基づく証拠保全 (207)  2 民訴法に基づく証拠保全 (208)
付録:携帯電話の解説 209
機.如璽進歛犬了伝箸 209




プライバシーポリシー | お問い合わせ