ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 刑事弁護の理論

刑事弁護の理論
辻本典央 著
刑事弁護の理論
発 行2017年3月3日
税込定価6,480円(本体6,000円)
判 型A5判
ページ数314頁
ISBN978-4-7923-5212-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はしがき  (i)
凡  例  (xi)
既出論文  (xiii)

序 章 本書の目的と検討対象
…1

第1編 刑事弁護人の法的地位
第1章 問題の所在
…5

第2章 ドイツにおける刑事弁護人の法的地位論
機ノ鮖望紊瞭鵑弔諒杆鄂優皀妊襦9
1 私的代理人としての弁護人  (9)
2 公的利益に拘束される弁護人  (10)
3 小  括  (12)
供サ 関 説…12
1 機関説の概要  (12)
2 弁護人の二重的地位  (16)
3 機関説の問題点  (19)
掘ヂ緲人説…20
1 代理人説の概要  (20)
2 代理人説の新たな展開  (21)
3 代理人説の問題点  (24)

検サヾ慇發凌靴燭陛験…25
1 限定的機関説  (25)
2 包括的機関説  (31)
后ゾ  括…33
1 ドイツにおける議論のまとめと近時の動向  (33)
2 若干の検討  (34)

第3章 日本法下での刑事弁護人の法的地位
機テ本国憲法…36
供シ沙訴訟法…37
1 弁護人の選任  (37)
2 弁護人の諸権限  (38)
掘ナ杆郢遼 ∧杆郢凌μ慨靄楜程…40
検ゾ  括…41

第4章 小  括
…43

第2編 刑事弁護人の義務
第5章 誠実義務
機チ蹇 ]澄47
供ズ嚢盧枴神17年決定…47
1 事件の概要  (47)
2 最高裁決定要旨  (49)
3 後継裁判例  (51)
掘ジ  ‘ぁ52
1 問題の所在  (52)
2 弁護人と被疑者・被告人との関係  (54)
3 誠実義務に基づく具体的活動  (55)
検ゾ  括…60

第6章 真実義務
機チ蹇 ]澄61
供タ深袖遡海梁仂檗62
掘ゥ疋ぅ弔砲ける真実義務論…63
1 真実義務と弁護人の法的地位との関係  (63)
2 真実義務の内容  (64)
検ジ  ‘ぁ66
1 真実義務の肯否  (66)
2 真実義務の程度  (69)
3 真実義務の根拠  (70)
4 具体的状況ごとの検討  (75)
后ゾ  括…79

第7章 刑事弁護人の公判在廷義務
機チ蹇 ]澄81
供2004年改正…82
1 従来の法状況  (82)
2 2004年改正法の意義、内容  (86)
3 最高裁平成27年決定  (88)
掘ゥ疋ぅ弔遼‐況…90
1 弁護人の訴訟遂行協力義務  (90)
2 国選弁護人の解任  (94)
3 保全弁護人  (96)
4 小  括  (97)
検ゼ禊海旅融 97
1 刑事訴訟法278条の2に関する理論的基礎付け  (98)
2 被告人との信頼関係の保護  (99)
后ゾ  括…101

第8章 弁護活動と刑事制裁
機チ蹇 ]澄102
1 問題の所在  (102)
2 日本の状況  (103)
供ゥ疋ぅ弔両況…107
1 総  説  (107)
2 体系的位置付け  (108)
3 実質的限界付け  (110)
4 近時の動向  (122)
5 可罰的行為の手続法上の効果  (131)
6 量刑論  (141)
掘ゼ禊海慮‘ぁ142
1 「正当な弁護活動」の不可罰性  (142)
2 体系的位置付け  (143)
3 実質的可罰性基準  (144)
4 具体例の検討  (148)
検ゾ  括…150

第3編 弁護権の実質的保障
第9章 被疑者・被告人の弁護権
機チ蹇 \癲153
供テ本の状況…154
1 法的状況の概観  (154)
2 弁護権の内容  (156)
3 弁護権に関する検討課題  (158)
掘ゥ疋ぅ弔両況…158
1 法的状況の概観  (158)
2 具体的問題  (160)
検ゼ禊海慮‘ぁ170
1 法状況の比較  (170)
2 日本の議論への示唆  (172)
后ゾ  括…174

第10章 捜査手続における弁護人の関与
機チ蹇 \癲175
供チ楮瑳蠡海砲ける刑事弁護の意義…176
1 弁護人の法的地位  (176)
2 弁護人の法的義務  (177)
3 捜査手続における弁護人関与の重要性  (179)
掘チ楮瑳蠡海砲ける弁護人関与の必要性…180
1 国選弁護  (180)
2 取調べにおける弁護人立会い  (183)
3 検察官の訴追裁量  (186)
4 司法取引  (187)
検ゾ  括…189

第11章 接見交通権の課題と展望
機チ蹇 \癲190
供ダ楔交通権の意義…190
掘ダ楔指定制度の問題点…193
1 接見指定制度の合憲性  (193)
2 指定方式  (197)
3 指定要件  (208)
4 複数の犯罪が追及される場合の問題  (219)
検ゲ護及び施設管理上の理由による接見制限…221
1 面会接見  (221)
2 書類及び信書等の検閲  (224)
3 執務時間外の接見  (227)
4 食事時間中の接見  (228)
后ゾ  括…229

第12章 国選弁護制度の現状と課題
機チ蹇 \癲230
供テ本の国選弁護…230
1 総  説  (230)
2 被疑者国選弁護拡張論  (232)
掘ゥ疋ぅ弔旅饒弁護…233
1 国選弁護の基本的理念  (233)
2 近時の改正  (236)
3 残された課題  (239)
検ゼ禊海慮‘ぁ240
1 私選弁護の原則  (240)
2 国選弁護人選任の始期  (242)
3 国選弁護人の解任  (243)
后ゾ  括…245

第13章 弁護活動における瑕疵の被疑者・被告人への帰属
機チ蹇 \癲246
供ヂ亞暗弁護活動における瑕疵…246
1 対外的弁護活動における瑕疵の被疑者・被告人への帰属  (246)
2 具体的事例の検討  (248)
掘ヂ估眦弁護活動における瑕疵…253
1 対内的弁護活動における瑕疵の被疑者・被告人への帰属  (253)
2 具体的事例の検討  (254)
検ゾ  括…261

第14章 弁護人数の制限
機セ件の概要…262
1 事  実  (262)
2 最高裁決定要旨  (263)
供ゼ禊海慮‘ぁ264
1 刑事訴訟規則27条の合法性(合憲性)  (264)
2 刑事訴訟規則27条の要件論  (266)
3 超過弁護人数許可請求・決定の方式  (268)

第4編 ドイツの刑事弁護
第15章 ドイツの刑事弁護の沿革と実態
機チ蹇 \癲273
供ゥ疋ぅ弔侶沙弁護の沿革…274
1 歴史的概観  (274)
2 現在の法律状況  (275)
3 弁護人の法的地位  (282)
掘ゥ疋ぅ弔侶沙弁護の実態…283
1 未決拘禁法改正  (283)
2 合意手続の導入  (285)
3 弁護活動と可罰性  (288)
検ゾ  括…292

第16章 参審裁判における弁護人の最終弁論
機チ蹇 \癲293
供ゥ疋ぅ鳥何垣度の概観…294
掘ゥ疋ぅ弔砲ける最終弁論…295
1 最終弁論の概観  (295)
2 参審裁判における最終弁論  (296)
検ゾ  括…300




プライバシーポリシー | お問い合わせ