ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 不正融資における借手の刑事責任

不正融資における借手の刑事責任
-事実的対向犯説の提唱-
関 哲夫 著
不正融資における借手の刑事責任
発 行2018年2月20日
税込定価4,860円(本体4,500円)
判 型A5判
ページ数194頁
ISBN978-4-7923-5233-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次


はしがき
略 語
初出一覧と本書の構成との関係

序 章 課題設定  1

第1 序 文  1
  1 本書の課題  1
  2 本書の視点  3
  3 本書の構成  4
第1章 判例及び学説の検討  7
第2 判例の考察  7
  1 はじめに  7
   ⑴ 課 題  7
   ⑵ 類 型  8
  2 各類型  9
   ⑴ 非限定類型  9
   ⑵ 実質支配類型  11
   ⑶ 積極的働きかけ類型  22
   ⑷ 内部者類型  26
   ⑸ 利害共通類型  28
   ⑹ 主観重視類型  30
  3 考 察  37
   ⑴ 各類型の考察  37
   ⑵ 小 括  51
第3 学説の検討  58
  1 はじめに  58
   ⑴ 借手への配慮  58
   ⑵ 学説の分類  60
  2 学説の状況  61
   ⑴ 非限定説  61
   ⑵ 形式的否定説  62
   ⑶ 許された危険法理説  68
   ⑷ 正犯性限定説  69
   ⑸ 故意限定説  74
   ⑹ 自律性侵害説  76
   ⑺ 共同正犯要件説  77
   ⑻ 主観限定説  79
  3 検 討  83
   ⑴ 各学説について  83
   ⑵ 総論的・各論的アプローチについて  93

第2章 私見の前提  97
第4 基本的視点  97
  1 対向的利害関係  97
  2 任務違背行為の性格  97
第5 対向犯について  100
  1 意 義  100
  2 種 類  100
   ⑴ 形式的対向犯・実質的対向犯  100
   ⑵ 法律的対向犯・事実的対向犯  101
   ⑶ 片面的対向犯・相面的対向犯  104
   ⑷ 形式的・実質的対向犯と法律的・事実的対向犯の関係  104
  3 片面的対向犯の根拠  105
   ⑴ はじめに  105
   ⑵ 学説の状況  105
   ⑶ 学説の検討  110
   ⑷ 本書の立場  112

第3章 私見の内容  115
第6 私見──事実的対向犯説の提唱──  115
  1 内 容  115
   ⑴ 形式的対向犯から実質的対向犯へ  115
   ⑵ 法律的対向犯と事実的対向犯の併存  116
   ⑶ 片面的対向犯の実質的根拠  117
  2 私見の旧説  118
   ⑴ 事実的対向犯の構造  118
   ⑵ 片面的対向犯の根拠  119
  3 私見の根拠  120
   ⑴ 利害の対立・対向  120
   ⑵ 内部的信任関係  121
   ⑶ 実行行為への加功の困難性  123
   ⑷ 違法性の欠如  125
   ⑸ 期待可能性の低減  126
  4 小 括  127
   ⑴ 事実的対向犯の構成  127
   ⑵ 要 約  128
第7 私見への批判と反論  130
  1 はじめに  130
  2 批判と反論  130
   ⑴ 猥褻物有償頒布罪の場合と同視できない  130
   ⑵ 立法者意思に反する  132
   ⑶ 必要的共犯と解するのは無理である  135
   ⑷ 共犯理論の枠組みから排除される根拠が明確でない  137
   ⑸ 借手は任務違背行為を行うことができる  142
   ⑹ 両者が一体化して集団犯化することを無視している  145
   ⑺ 違法性・有責性の低減・欠如は根拠となりえない  147
   ⑻ 判断規準が十分に機能していない  150
   ⑼ 共犯の成立は認められる  151
  3 小 括  152
   ⑴ 対向犯の有無  152
   ⑵ 実質的対向犯の視座  152
   ⑶ 支配的見解への疑問  153

終 章 要 約  155
第8 結 語  155
  1 前提認識  155
   ⑴ 総論と各論の交錯  155
   ⑵ 前提思考  156
  2 私見の要約  157
   ⑴ 根 拠  157
   ⑵ 要 約  159
  3 残された課題  159

判例一覧  161
評釈文献一覧  164
参考文献一覧  171
事項索引  178




プライバシーポリシー | お問い合わせ